カテゴリ:国内( 128 )

三島の清流に咲く花を見ながら散歩♪ 孝行犬に会ってきた♪ 熱海家族旅

2018.7.15-16

(2日目)

清流の中に愛らしい白い花がいっぱい♪

三島梅花藻(ミシマバイカモ)というらしい。

三島の湧水川は遊んで良し、眺めて良し♪

b0287088_17004162.jpg
さて源兵衛川で遊んだ後はそぞろ歩き。

************

下記の記事の続きです。↓


************

マップに孝行犬とあるから行ってみる?

b0287088_17051247.jpg
御殿川にかかる赤橋

2009年以来三島を時折訪ねていますが、ここにも小さな川があることに気づきませんでした。

この御殿川で最近(何時なのかわからない)大うなぎが採れたそうですよ。

b0287088_17075936.jpg
三島の梅花藻(ばいかも)

ミシマバイカモはキンポウゲ科の多年草。5月~9月が見頃らしいですよ。

b0287088_17255400.jpg
清流の中に小さな愛らしい花がいっぱい♪
b0287088_17263461.jpg

b0287088_17272491.jpg
家のすぐ横にもきれいな水が流れる。
b0287088_17494549.jpg
日蓮宗の古刹 圓明寺(えんめいじ)

この山門は鎌倉時代から室町時代にできた薬医門という建築様式で

江戸時代の本陣の表門を移築したもので三島の文化財。

ここには三島女郎衆の墓永代供養塔もあったみたいです。

富士の白雪朝日でとける、とけて流れて三島女郎衆の化粧の水」とも

歌われているような三島宿の女郎衆の華やかで哀れな時代があったんですね。

b0287088_17284971.jpg
孝行犬の像見つけ!

丸い球は子犬だそうです。

b0287088_17293948.jpg
円明寺の床下に暮らしていた母子の犬5匹。

病に伏す母犬に子犬たちは町の人からもらった食べ物を持ち寄って

食べさせ寄り添った。

孝行犬は1860年ごろに実在し、

感銘を受けた当時の住職が建立した石碑も。
b0287088_17472547.jpg
寺の53代住職の川村歓亮さんが孝行犬の絵本も作られたそうですよ。

次に歩くのは搗屋(つきや)の道

b0287088_20001000.jpg
搗屋(つきや)とは現代で言えば精米所。

三島の湧水をエネルギーとしてこの辺りには10軒の水車があったそうです。

三島生まれの児童文学者の小出正吾氏の「ジンタと三島」には

その付近には十個ばかりの水車があって、朝から晩までコットン、コットン...米を

ついていた。」とあります。


あまりに暑いので芝本町のファミマで休憩!

私は練乳あずき氷108円を食べたけど 小豆は少ないわ、甘くないわ、練乳少ないわ...

ファミマの氷美味しくない!

三島はいつも通りや川沿いにお花がいっぱい♪
b0287088_20171118.jpg
突き当りが白滝公園。
b0287088_20211575.jpg
涼し気!

若い女性が水の中で遊んでるっていいですね♪
b0287088_20220374.jpg
水の上の白滝観音
b0287088_20231529.jpg
b0287088_20262472.jpg
b0287088_20265257.jpg
b0287088_20272002.jpg
b0287088_20281893.jpg
ホントに水がきれいで透き通ってる♪

b0287088_20284489.jpg
b0287088_20300529.jpg
三島の駅前広場にはこんな水琴窟発見!
b0287088_20305270.jpg

三島は水の郷♪

いつ訪ねてもきれいな水辺が出迎えてくれる♪


*******

三島~熱海~小田原から湘南新宿ラインで帰京。

家族旅は近いのが一番ですね!


シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中
↓ クリックしてもらえたら嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです
b0287088_1432468.png




by slow33jp | 2018-08-09 17:32 | 国内 | Comments(2)

源兵衛川に誘われて♪ 熱海家族旅の2日目はやっぱり三島へ♪

2018.7.15-16
(2日目)

熱海から電車で12分。

三島は近い!!

なので熱海に行くとやっぱり三島に行ってしまう♪

源兵衛川に誘われるから♪

b0287088_15410045.jpg

************

今朝も暑そうだ!

部屋の中は涼しいけど。

b0287088_15460169.jpg
b0287088_15461971.jpg
朝、貸し切り風呂で海を眺めて♪

b0287088_15464040.jpg
朝食は8:30にお願いしておいた。

食べきれないほどの料理が並ぶ♪

b0287088_15470494.jpg
松の実の入ったモズク粥がいつもお気に入り♪

大きなアサリのみそ汁も。
b0287088_15472611.jpg
10:00のシャトルバスで熱海駅へ。

きっぷを買う時間が無いのでスイカで入場して三島駅で清算。

三島はJR東海なので清算が必要。

熱海10:16 三島10:28 320円。

駅前のローソンで買い物して源兵衛川へ。

途中の楽寿園は素通りするけど三島が初めての人にはお勧め。

楽寿館などあっていい所ですよ。

 楽寿園てどんなところ?

b0287088_15480342.jpg
着きました!
b0287088_15483173.jpg
水量が増えてる!

4.30にも行ってるんだけどこんなに水量は無かったんだよね。↓

★ 三島の源兵衛川でカニ見~つけ♪ 熱海家族旅は三島で川遊び♪

b0287088_15485906.jpg
源兵衛川に着いたら用意していたビーサンに履き替えて

水の中を歩いて行く。

b0287088_15492543.jpg

b0287088_15495103.jpg

b0287088_15502743.jpg

b0287088_15515601.jpg
飛び石がもう水の下になってます!

ここまで飛び石を歩いてきたスニーカーの人などは濡れながら渡っていた。
b0287088_15530798.jpg
b0287088_15523197.jpg
***********

4.30に行った時の水量はこんな感じ。


b0287088_16495370.jpg
ほーら、こんなに水が少ないんだけど。
b0287088_16540879.jpg
************

シャボン玉が流れてきた♪

b0287088_15550388.jpg
子供たちは浮き輪で流れていく。
b0287088_15535875.jpg

b0287088_15564237.jpg
シャボン玉が水の上を滑っていく♪
b0287088_15555232.jpg
水辺っていいよね♪

子供たちにも危なくなくて

大人も楽しめるきれいな源兵衛川 大好き♪

次は川沿い散歩から白滝公園へ続きます。




by slow33jp | 2018-08-07 17:08 | 国内 | Comments(0)

伊豆山神社で恋愛パワーをもらう? 家族旅はいつも熱海♪モノポリーやらピンポンやら

2018.7.15-16

(1日目)

熱海は東京から普通電車でも近い。

交通費が安いのは助かる。

いつものニューさがみやの夕飯は美味しい♪


b0287088_16352655.jpg
湘南新宿ラインで横浜を過ぎると

だいたいボックス席に座れるのでお弁当タイム。

シューマイ弁当やらお寿司やら万世のカツサンドやら。

小田原乗り換えで熱海へ。

早川の観音様。
b0287088_20384711.jpg
熱海到着13:57 シャトルバスの予約は2時になってるので

早川過ぎたら階段近くの車両に移ります。

ニューさがみやはリフォーム工事も終わりきれいになっています。
b0287088_16365159.jpg
自宅ではベッド使用なのでやはりベッドが楽♪

和洋室は便利。


b0287088_16373353.jpg

お茶をいただいた後は

8階の貸し切り風呂へ。
b0287088_16381956.jpg
ロビーで雑誌を読んでのんびりしたらピンポン!
家族Bたちは伊豆山神社へ。

伊豆山神社へは837段。

途中で猫ちゃん お尻でお出迎え♪

b0287088_16411562.jpg
昆虫はキマワリ?

b0287088_19394642.jpg
ヘビにも遭遇!

おとなしくじっとしてる。
b0287088_19401883.jpg
いつもの猫ちゃん♪
b0287088_16424082.jpg
ようやく伊豆山神社

階段上るのが大変だったら「伊豆山神社前」のバス停から。

おみくじが星の形に。

b0287088_16431125.jpg
こちらはハート型

b0287088_16433935.jpg
茅の輪をくぐって♪

くぐる時の唱え言葉は

「水無月(みなづき)の夏越(なごし)の祓(はらえ)する人は

千歳(ちとせ)の命 延ぶと云うなり

蘇民将来子孫也(そみんしょうらいしそんなり)」

長い言葉だけど覚えられるかな?

b0287088_16441801.jpg
b0287088_16443713.jpg
伊豆山神社は源頼朝が北条政子と忍びあったとされる神社。

縁結び、恋愛成就の御利益♪
b0287088_16452210.jpg
ここには資料館もあり有名な宮彫師の波の伊八の作品もあるようですよ。

これは波の伊八の作品かどうかわかりません。
波も描かれているんだけど宮司さんに確認してない。

波の伊八の作品は外房の社寺にいくつかあるけれど最寄駅から車に

乗らないといけないのでまだ見たことはありません。
b0287088_16461067.jpg

b0287088_16463279.jpg
b0287088_16465670.jpg

b0287088_16471705.jpg

b0287088_16473352.jpg
梛(なぎ)の木

梛の葉っぱは横に割けないので

縁起がいいとされてますよ。
b0287088_16483075.jpg
お楽しみの夕飯♪

いつも味良し 盛り付け良しで

ひとつずつ運ばれてくるので楽しみ

b0287088_16522919.jpg


b0287088_16562853.jpg


b0287088_16530707.jpg

b0287088_16540967.jpg

b0287088_16543853.jpg
お料理に盛られていたきゅうりのカエルを

みんなの分勢ぞろいさせてみた!
b0287088_09090897.jpg
卓球というよりピンポ~ン!

勝ち抜きをやるんだけど 下手なので球拾いが半端ない!!
b0287088_09094164.jpg
卓球でくたびれた後はモノポリーで勝負!

人生ゲームのような資産形成のゲームなのです。

我が家で一番古いゲームになるかも?
b0287088_09102548.jpg
共同募金や

b0287088_09110668.jpg
チャンスカードがあったりして
b0287088_09113141.jpg
いつも家族Aが銀行業務をやるんだけど、

お金の分配から罰金の取り立てやら

資産の売却など結構忙しい仕事。

b0287088_09115535.jpg
お菓子をあれこれ食べながら
b0287088_09122713.jpg

b0287088_09130163.jpg
いつの間にか家が立ち並び、アッと思ったら

高級なお屋敷にお泊りしてしまい 最初に破産!

キャッシュを没収され資産は抵当に入れたけれども 追っつかなく...
b0287088_09134556.jpg
モノポリーで脱力感味わった後は

また家族風呂で女4人♪

星を眺めながら♪




by slow33jp | 2018-08-05 20:25 | 国内 | Comments(1)

香川ノープラン旅→うどんだけじゃない見所多い旅だったよ♪2泊3日旅まとめ♪

2018.5.9-11

香川うどん県の旅 まとめ♪

佐柳島という猫島に行く以外は全くノープラン旅だったけど。

結構充実した旅だった!

出会いもあったし、かわいい猫ちゃんにも会えたよ♪
b0287088_20113230.jpg
1日目

ジェットスターの予約は前日夜8時半 夜9時丸亀ゲストハウスウェルかめに予約の電話

成田発 8:50 高松 10:15

高松空港ー丸亀駅 1200円

丸亀駅到着 11:45

 丸亀ゲストハウスウェルかめ到着

b0287088_16364834.jpg
ドミトリールーム 2500円


讃岐うどん
b0287088_16051614.jpg

丸亀城見学

日本一高い石垣!

丸亀城は現存する木造天守12城のうちの1つ。

b0287088_16071370.jpg

旅っていいなあ♪


b0287088_17460703.jpg

丸亀ゲストハウスウェルかめの中島さんがお勧めしてくれたのが本島だ。

b0287088_19551473.jpg
丸亀港から35分の船旅だ。

塩飽(しわく)水軍の拠点として栄えた笠島地区。

なんと香川県で唯一の重要伝統的建造物保存地区♪

なまこ壁や格子窓、漆喰の壁が続く古い町を歩いた!

b0287088_22004447.jpg
17:10 本島 17:40 丸亀港

宿泊 丸亀ゲストハウスウェルかめ


2018.5.10

猫島(佐柳島)に猫ちゃんに会いに♪

次に善通寺、旧陸軍赤レンガ倉庫、乃木館、偕行社&偕行社カフェ

夜は一徳で食事

b0287088_22044766.jpg
丸亀発 5:27 多度津 5:33 JR 210円

フェリー(行き) 多度津港 6:55 本浦到着8:05。

     (帰り)佐柳本浦 10:00 多度津港 10:50

佐柳本浦まで、片道切符680円。

b0287088_21240082.jpg

b0287088_21295797.jpg
飛んでる猫ちゃん♪

b0287088_20073928.jpg
多度津 11:16 善通寺 11:26 210円

善通寺駅~偕行社&偕行社カフェ(ランチ)~四国学院大学~善通寺~赤レンガ兵器庫~乃木館~善通寺駅

善通寺
b0287088_17095355.jpg

戒壇巡り拝観料500円(宝物館込み)


真っ暗な中を手探りで歩いて神秘体験!

b0287088_17083338.jpg
旧陸軍の近代化遺産の建物を訪ねて善通寺を歩く

3棟残る赤レンガの旧兵器庫
b0287088_17103712.jpg
陸上自衛隊の近代化遺産から少し歩くと旧陸軍11師団司令部(乃木館)

見学無料
b0287088_17111156.jpg
旧善通寺偕行社(かいこうしゃ)

見学無料
b0287088_17120789.jpg
偕行社カフェでランチ


b0287088_17132126.jpg
b0287088_17140018.jpg
四国学院大学
b0287088_17151583.jpg
夕飯は豪華で安い一徳

大きな生け簀の前の席!

b0287088_17164770.jpg

3日目

丸亀~高松~女木島~高松築港駅~志度駅~志度寺~仏生山~高松空港

丸亀 6:28 高松7:13 JR 550円

高松港 8:00 女木島 8:20

女木島 9:20 高松港 9:40


女木島の鬼ヶ島大洞窟
b0287088_17221457.jpg

琴電 高松築港駅から瓦町乗り換え志度駅

ちょこっと海の見える志度線に乗りたかった!
b0287088_17245490.jpg

第86番札所 志度寺

b0287088_17234208.jpg

志度線 志度駅~瓦町~仏生山駅

仏生山駅から歩いてすぐのうどんの有名店 宮武うどん♪
b0287088_17271144.jpg


法然寺

b0287088_17281598.jpg
b0287088_17284689.jpg

仏生山温泉 天平湯

入館料 600円

香川ノープラン旅の最後は仏生山温泉で♪ 2泊3日ひとり旅満喫♪


b0287088_17293024.jpg

カフェで初かき氷
b0287088_17301583.jpg

東京への帰路

琴電 仏生山駅~空港通り駅 リムジンバスバス停まで400m

ANA 高松 19:30 羽田 20:50

2泊3日旅の詳細ブログはカテゴリーの国内旅をクリックしてみてくださいね。

香川はもう一度行ってみたい!
志々島という小さな島にも行ってみたいけどなあ♪


シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中
↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです
b0287088_1432468.png









by slow33jp | 2018-07-07 17:53 | 国内 | Comments(2)

香川ノープラン旅の最後は仏生山温泉で♪ 2泊3日ひとり旅満喫♪

2018.5.11 (3日目)

高松最終日、今年の初かき氷♪

仏生山温泉のカフェで宇治金時♪

ルンルン♪♪

なんか今回の旅はグルメ旅だなあ。

b0287088_20341877.jpg

法然寺から仏生山温泉へ歩くのだがもうへとへと。↓


前山坂道

ここを通って法然寺の総門に参詣できるのは

身分の高い侍や町年寄で一般の人は裏門から入っていたらしい!

維新以後はすべての人に開放されてにぎわった。
b0287088_20345875.jpg
レトロな建物が多い!

b0287088_20352690.jpg
b0287088_20354954.jpg
カフェ アジール cafe asile

善通寺の偕行社カフェで見た雑誌に載っていた古民家カフェだ。

温泉が先か悩む...

先にまったりしてると時間が読めないし。

温泉から行くことにしたけど後悔した。

美味しそうなスイーツ食べればよかった!

b0287088_20361137.jpg

b0287088_20363366.jpg

b0287088_20370291.jpg
りっぱな呉服店

b0287088_20372799.jpg
これも」「うだつ」かな?

漆喰でできていて模様もすてきだ♪

初めて見たなあ。

b0287088_17154854.jpg
この大通りから行けば池のある参道から入っていけたんだよね!

法然寺まで1kmの標識

b0287088_20382328.jpg
あ、ここにも先ほどの呉服店と同じうだつ

b0287088_20385013.jpg
仏生山温泉 天平湯

入館料 600円
b0287088_20391586.jpg
中はすごくスタイリッシュな空間!

売店と休憩できる広間と。

温泉も露天風呂など数種類あってのんびりできる♪

地元の食材や雑貨も買うことが出来ますよ。

b0287088_20394268.jpg
b0287088_20400983.jpg
仏生山小書店という書店の本が平置きされています。

b0287088_20403009.jpg
温泉の写真は
仏生山温泉のFacebookからお借りしました。


      画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、テーブル、屋外、水、自然 画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、テーブル、屋外 自動代替テキストはありません。

お湯はなんかつるつるというのか、しっとりしていましたよ。

お風呂もモダンな造りで平日だったせいかのんびりできました。



仏生山温泉のカフェ

宇治金時 550円

b0287088_20405946.jpg
1人で食べられるかなと思ったけど

ペロリだった♪

今年の初かき氷♪

b0287088_20412118.jpg
仏生山温泉から歩いて仏生山駅へ。

こんな大衆劇場もあったよ。
b0287088_20414373.jpg
仏生山駅前のくさか精肉店

コロッケ類が見えるので入ってみた。


b0287088_20421259.jpg
オーダーしたのは里芋コロッケとハムコロッケ 合計194円

お客さんが多いのは美味しい証拠!

みんな結構買っている。

番号札をもらってコロッケが揚がるのを待つ人5,6人。

揚げたてのコロッケが仏生山駅から空港通り駅まで琴電一駅だけど匂ってた。
b0287088_20423295.jpg
仏生山駅には琴電車両が展示してある。


琴電300号
b0287088_20430485.jpg

丸窓がかわいい♪

チョコレート色もすてき♪
b0287088_20433611.jpg
いろんなデザインのラッピング電車
b0287088_20440247.jpg
b0287088_20442788.jpg

b0287088_20445658.jpg

b0287088_20452595.jpg
さあ、もう最後の琴電乗車、仏生山駅から一駅乗って空港通り駅で下車。

ここから高松空港行のバス停までは400m。

ただのつまらない道路だから早く行っても時間の無駄と

丸亀ゲストハウスウェルかめの中島さんからアドバイス通りに殺風景な広い道路だ。

でも右側におむすび型の山と夕焼け♪

b0287088_20454916.jpg
空港行のリムジンバスはずいぶん遅れてやってきた。

私を入れて3人待っていたからよかったものの1人だったら不安になるところだった。

乗客が多かったのかバスは2台来て補助席に座るほど。



羽田行のANAの空席があるか、今になって確認、あった!

無ければあと30分遅いJAL便もあるし、

空席がどちらも無ければ高松市内のゲストハウスに泊まればいいからと思ってた。

幸い空席が見つかりシニア割引で発券。

搭乗待合室にいるときに丸亀ゲストハウスウェルかめの中島さんから電話。

蛇口からうどんスープが出るの気が付きましたか?と。

あ~っ、忘れてた!

もうセキリュリティ通ってるから戻れない!

b0287088_20461388.jpg
搭乗前にコンビニで買ったお茶とおにぎりと

くさか精肉店の里芋コロッケ&ハムカツで夕食。

どちらも美味しかったけど里芋コロッケは珍しかった♪


高松 19:30 羽田 20:50

高松空港で家族Gに頼まれたうどんのモケケ人形を探した。

「あの~うどんのモモケはありませんか?」

売店の人が首をひねってる。

あるわけないよな!

モモケじゃなくてモケケだった...

b0287088_20504943.jpg
うどん モケケ 微妙...

ごめ~んと電話したらもうもけけは卒業するんだって!


香川旅、2泊3日で来たけれど 面白かったらもう1泊と

思っていたけど体力がついて行かなかった...




シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中
↓ クリックしてもらえたら嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです
b0287088_1432468.png



by slow33jp | 2018-06-27 19:53 | 国内 | Comments(4)

仏生山法然寺の寝釈迦を見てミャンマーを思い出した♪ 香川ノープラン旅♪

2018.5.11 (3日目)

仏生山法然寺の寝釈迦様

アジアでたくさんの寝釈迦を見てきたけど

日本の寝釈迦は穏やかで上品♪
b0287088_17285671.jpg
琴電志度線から瓦町で乗り換えて仏生山へ。500円
b0287088_21394975.jpg

仏生山駅から歩いてすぐのうどんの有名店 宮武うどん♪

お昼をとっくに過ぎているので客も少なくて

ついでに売り切れも多かったけど。


b0287088_21400534.jpg

b0287088_21402846.jpg
てんぷら100円トッピングのぶっかけ 合計270円でランチ♪

美味しいです。

天ぷらも素朴な味。
b0287088_21404671.jpg
ここから法然寺へという道標を見て歩いてるけど
b0287088_21411170.jpg
う~んと遠そうだ!

いろんな畑を見ながら
b0287088_21413254.jpg
道端のお地蔵様を拝んだり
b0287088_21415555.jpg
シルクハットのような帽子をかぶっておいでの仏様だ~!

なんとこれは帽子ではなくて素焼きの平たい鍋

この鍋のことをほうろくといいほうろく地蔵と呼ばれてるんだって♪
b0287088_21422031.jpg
着いたのは法然寺のお墓だったので

なんだかどこが入り口なのか?

門が3つだったか並んでいるので大きな門から入ることにしました。
b0287088_21424672.jpg
こちらが総門かな?

総門の前には園芸ショップがあってたくさん鉢植えが並んでる。

わからなかったけどここにはうどんやさんもあるそうですよ。


法然寺は浄土宗の寺院

法然と言えば南無阿弥陀仏と唱えれば人はみな平等に極楽浄土に行けるという

教えを広めた人ですよね。

法然上人は讃岐に流され、立ち寄った地に生福寺が建立され

江戸時代に高松藩藩主の松平頼重が戦乱で荒れていた生福寺を法然寺と改名して

現在の地に移転建立したらしいです。

b0287088_21434208.jpg



b0287088_21440762.jpg

b0287088_21443461.jpg

b0287088_21450232.jpg

b0287088_21453380.jpg
書院・本堂・三仏堂内部(拝観料 350円)が見られたようで

こちらには骨仏様もあったとか。

知らないでスルーしてしまった。
b0287088_21460046.jpg

b0287088_21462874.jpg
穏やかなお顔のお釈迦様

b0287088_21465290.jpg
**********************

寝釈迦と言えば、

ミャンマーではいろんな寝釈迦を見たんだけど

こんなでっかい長さ111mの寝釈迦や↓

 大きいことはいいことだ♪モンユアの佐藤健寿さんの奇界遺産の仏様たち♪
b0287088_18135252.jpg
洞窟の中に眠る寝釈迦も↓


b0287088_18145318.jpg
それぞれに面白い。

国によってお釈迦様の雰囲気が変わるよね。


**********************

法然寺は広い!

子育て地蔵尊
b0287088_21471527.jpg
b0287088_21473741.jpg

b0287088_21480311.jpg
金箔を貼り付けた出世大黒天
b0287088_21482657.jpg
法然寺の参道横には大きな池が♪

おむすびのような山と池と。


b0287088_20074798.jpg


b0287088_21485102.jpg

ここがホントの法然寺の入り口だったのかあ!

ここを入って左側に池を見て

ゆったりした気持ちになって総門から入って...


全てが後から思うこと!
b0287088_21492074.jpg
行き当たりばったりなので下調べが足りない!

もう疲れて足が悲鳴を上げてる。

早く仏生山温泉に行ってのんびりお湯につかりたい♪



シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中
↓ クリックしてもらえたら嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです
b0287088_1432468.png


by slow33jp | 2018-06-25 20:08 | 国内 | Comments(3)

源内さんやら志度寺やら志度のレトロな街並み♪ 香川ノープラン旅  

2018.5.11 (3日目)

志度寺の山門の先に広がる緑に

思わずうわ~っとなった♪

古い山門を運慶作の仁王像がにらむように守り

その先には5月のきらめく緑が広がっている♪


b0287088_15431216.jpg
志度線で海を楽しんだら↓


琴電志度駅から「CHOCOLAT CHOCOLAT COFFEE」というカフェを目指す。

偕行社カフェで見た瀬戸内のカフェの本の情報だ。

志度駅から18分くらいとGOOGLE MAPSが教えてくれたが...

b0287088_15515416.jpg
なんか合ってるのか何なのか、ずっと歩いてたんだけれど

もし反対方向を歩いてたら永遠にたどり着かないなあ?

車社会なので歩いてる人が見当たらず...


b0287088_17581679.jpg
暑いし...足もへばってる!!

じゃあ、ネットで見た「cafe茶蔵」に行こうと思い立つも見つけられず...

どうもGOOGLE MAPSを使いこなせず。

ギブアップして志度寺を目指すことにした。

途中お会いしたのはこの方、平賀源内先生!!

最近テレビで見ていた「鳴門秘帖」にも出ておられたなあ。

先生の足元にはエレキテル(静電気発生装置?)
b0287088_17590756.jpg
こちらが平賀源内旧宅

といっても生家跡に源内没後に建てられた。
b0287088_17594166.jpg
平賀源内記念館 入館料500円

ここはパスいたしました...
b0287088_16041770.jpg
源内通りにある文化財の大燈篭
b0287088_18002756.jpg
源内通りには古い建物が多い!

志度寺の門前道なのかしら?

b0287088_18005687.jpg
元屋醤油館
b0287088_18013347.jpg
内部には立派な梁が残っています。


b0287088_18022205.jpg
小瓶の醤油を買いたかったけど、重いのであきらめ。
b0287088_18025085.jpg


b0287088_18031625.jpg
地蔵尊

b0287088_15415024.jpg
b0287088_15431512.jpg

b0287088_18034390.jpg
整骨院もりっぱ。

ベンガラ色の壁と連子格子がすてき。
b0287088_18041394.jpg
善通寺でもみかけましたが お遍路さんのお休みどころなのか憩いのベンチがありますね。

お遍路さんにも出会いますが 毎日良くそんなに歩けるね~と羨ましい。

b0287088_19004583.jpg

b0287088_19011111.jpg
なにしろノープランで来てるので 志度にこんな街並みが残っていてびっくり。
b0287088_19015608.jpg
志度寺の手前、こちらに源内先生のお墓があります。
b0287088_19031555.jpg
源内先生に合掌。

b0287088_19034119.jpg


b0287088_19105261.jpg
暑くてやっとたどり着いた志度寺

巨大わらじと仁王様がお出迎え。

門の向こうの新緑の美しいこと♪

b0287088_19042566.jpg

b0287088_19053256.jpg
五重塔は1957年に完成。

b0287088_19055947.jpg
境内はとても広く あちこちに花が咲いている。

b0287088_19062622.jpg



b0287088_19065320.jpg
第86番札所 志度寺本堂

山門ともに国の重要文化財

b0287088_19072455.jpg

b0287088_19074535.jpg
太子堂
b0287088_19081618.jpg
えんま堂

柱のスイッチを押すとえんま堂の内部照明が点灯します。


b0287088_19084196.jpg
でも格子の隙間からのぞいてるので...

今まで見たえんま様の中で一番りっぱかも?

b0287088_19090539.jpg
この先に曲水式庭園があったけど、水も無いので良さがわからず...

多分この先に無染庭(むぜんてい)という枯山水の庭があったようだ。

きちんと調べてないので 時々あ~っとスルーしたことに気づきます。

b0287088_16283824.jpg


b0287088_19093510.jpg
志度寺からの帰り道

またいつものように路地に入り込み(路地好き)

道を聞いたおばあさんに志度駅まで案内していただきました。

「遠くなってすみませんね」というと讃岐弁で「運動になるから、いいのよ」と。

やさしい讃岐弁はあちこちで聞いたものの、すぐメモしないので忘れてしまう。

旅をしてその土地の方言に出会うのがうれしい。

鬼ヶ島行のフェリーで会った香港人のリョウちゃんは

現在高松に住んでるけど 讃岐弁と標準語の違いに苦労するようだ。




なんともかわいい琴電志度駅
b0287088_15494732.jpg
次は仏生山を目指します♪

まだお昼にありつけない...


by slow33jp | 2018-06-23 16:19 | 国内 | Comments(0)

琴電志度線で見えた海♪ 源平合戦の屋島の見える路線だよ♪ 香川ノープラン旅

2018.5.11 (3日目)

高松でどこを見ようかなと思ってた時に

目に留まった雑誌に琴電で唯一海の見える路線とあったので

迷わず志度線に乗ることにした。

海は見えた♪

ほんのちょっとだけ!

ほんのちょっとだけ電車の窓枠からまぶしく見える海だった♪


b0287088_17513576.jpg
三日間香川でフェリーに乗った♪

海は穏やかでのんびりした島めぐりの旅だった。↓

★ 鬼ヶ島の400mの大洞窟は海賊の館? 香川ノープラン旅♪

女木島(鬼ヶ島)からのフェリーで着いた高松港。


b0287088_17533469.jpg
高松築港駅のホームは高松城のお堀に面して眺めがいい。

b0287088_17540139.jpg
初琴電♪

b0287088_17543369.jpg
善通寺の偕行社(かいこうしゃ)カフェで見ていた「せとうちスタイル」に

掲載されていた琴電志度線。

海が見えると書いてある!

b0287088_17561076.jpg
琴電志度線は瓦町と琴電志度を結ぶ12.5kmの路線。

瓦町で乗り換えたのだが 途中歩く歩道もあったりして、かなり長い連絡通路。

実は私 都電のような1両のチンチン電車を想像してたんだよね。

だから途中の乗り換えは切符を見せるのかなと思ってたけど、

なあんだ、普通の私鉄みたいに連絡通路で乗り換えるんだった。


志度線は20分おき?
b0287088_17550581.jpg
駅員さんに海が見える部分を聞いてみた。

塩屋駅を抜けると海が見えてくるようだ。
b0287088_17555089.jpg

b0287088_17564672.jpg
海が見えるのは ちょっとごほうびだよ~というくらいの短い間なんだけど

この感じが好き♪

b0287088_17572018.jpg
志度駅

志度駅からは平賀源内の旧宅や志度寺など散策(こちらは次回)

b0287088_17575258.jpg
志度寺を見たらまた志度駅に戻り

もう出発するとこだったので電車の中で切符を駅員さんから買いました。
b0287088_19175448.jpg
海っていいよね♪
b0287088_19181833.jpg
琴電志度線の駅員さんが

昔はこの川の部分から海だったと説明してくれました。

調べてみたらこの川の名前は相引川、源平合戦の頃は屋島はホントの島だったようです。

そして次第に変わる屋島の山の形も面白いと。
b0287088_19185252.jpg
b0287088_19192470.jpg
琴電屋島駅
b0287088_19195209.jpg
b0287088_19204451.jpg
屋根の形ですね!
b0287088_19210588.jpg
b0287088_19213805.jpg
行きも帰りも途中から貸し切り車両のように乗客私1人。

申し訳ないくらい満喫したけど...
b0287088_19220245.jpg
b0287088_19222181.jpg
すれ違うのも楽しい。
b0287088_19225155.jpg
b0287088_19230830.jpg
琴電志度線が実は高松で一番古い路線のようです。

志度駅では善通寺の雑誌でみたカフェを探してギブアップしたり

お遍路さんも歩いていた志度寺に行きました。

次回 平賀源内さんやら志度寺やら♪


シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中
↓ クリックしてもらえたら嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです
b0287088_1432468.png










by slow33jp | 2018-06-21 20:58 | 国内 | Comments(2)

鬼ヶ島の400mの大洞窟は海賊の館? 香川ノープラン旅♪

2018.5.11 (3日目)

高松港からわずか20分の島、女木島は鬼ヶ島と言われる♪

鬼ヶ島にある大洞窟、こんな洞窟大好き~♪

400mの大洞窟は誰が何のために掘ったのか?

b0287088_22292176.jpg
鬼ヶ島には高松からフェリーで↓


鬼ヶ島大洞窟に行くバス♪ 往復800円

きっぷはここで購入します。

船着き場の前にある建物です。(おにの館)

b0287088_17142611.jpg
え~、これに乗るの~?

一体いつ頃のバス?

実はこのバスもまだ現役らしい?


b0287088_22130595.jpg
今日私が乗ったのは右側のバスだけど

こちらも相当の古さ!

運転手さんがいろは坂のようなくねくね道を運転しながら

枝がバサッバサッとバスにぶつかる中を走り抜けて行きます。

乗客は私1人。

女木島で降りたのは私を入れて4人。
1人の観光客らしいお兄さんはアート目当てだったのかバスには乗車せず。

うち残り2名は洞窟のお土産屋さんの係の人達だった。
b0287088_22135727.jpg
広場の駐車場に到着。

乗客は私1人なのでリュックをバスの中にそのまま置かせてもらって階段を上ります。
b0287088_22142832.jpg
b0287088_22151119.jpg
b0287088_22154404.jpg
ホントに眺めがいい!

b0287088_22163189.jpg
この銅像は誰なのか、聞きそびれた。
b0287088_22165361.jpg
大洞窟は有料 大人500円 シニア 450円
b0287088_22172722.jpg

b0287088_22175078.jpg

b0287088_22181890.jpg

b0287088_22184604.jpg
人の手により掘られたというけれど

どれだけの人力と時間がかかったことか!

b0287088_22191561.jpg

b0287088_22193843.jpg

b0287088_22200328.jpg
b0287088_22203221.jpg
b0287088_22205554.jpg

女木島HPから

「紀元前100年頃に手で掘られたといわれる長さ400m、

面積4000㎡の大規模な洞窟です。


香川の桃太郎のモデルは、吉備の国の「稚武彦命(わかたけひこのみこと)」。

讃岐の国の住民が鬼(海賊)の出没で苦しんでいるのを知り、

備前の犬島(岡山県)、陶の猿王(香川・綾南町)、

雉ヶ谷(香川・鬼無町)に住む勇士を連れ鬼退治をしたと伝えられています。

そして、鬼が住んでいたとされるのがここ女木島です。」


b0287088_22212606.jpg
島の小学生が作ったらしい鬼瓦があちこちにある洞穴で納められています。

b0287088_22215850.jpg

b0287088_22222855.jpg

b0287088_22230964.jpg
b0287088_17022190.jpg
b0287088_22234433.jpg

b0287088_22241861.jpg

b0287088_22245908.jpg
鬼さえいなければ横溝正史の八墓村みたいなのに!
b0287088_22252325.jpg
鬼の隠した財宝?
b0287088_22260047.jpg
時々漫画チックな鬼に出会えます。

b0287088_22263613.jpg

b0287088_22270845.jpg

b0287088_22273602.jpg

b0287088_22280276.jpg
結構長い洞窟だ。

b0287088_22282433.jpg
昔、海賊が誘拐してきた女性たちを

ここに監禁していたとされる監禁室。

b0287088_22285077.jpg
b0287088_22295629.jpg


b0287088_22302473.jpg
b0287088_22305377.jpg
ようやく出口。
b0287088_22313382.jpg
出口の上には珍しい玄武岩の柱状節理

b0287088_22320513.jpg
先ほどの広場に戻りまたバスに乗客1人で港まで戻りました。
b0287088_22324393.jpg

*************************************************

丸亀ゲストハウスウェルかめでオーナーの中島さんに見せてもらった「離島の謎」
面白いですよ!

なんだか全部行ってみたくなります。

b0287088_22330774.jpg
この本によると鬼ヶ島は

桃太郎は犬、サル、キジをお供に連れて行ったされるんだけど

犬は備前国犬島の住民、サルはすえ村猿王の住民、キジは鬼無地区雉が谷の住民では

ないかと書いてあるんだよね~。

事の真偽は定かではないけれど島のHPと同じですね。

*****************************


洞窟おじさんの本を読んで面白そうで行ってみた洞窟の話。

こちらは戦争遺跡の洞窟↓


こちらは観音さまを祀るための洞窟 ↓


******************************

女木島には信号機も無い!

きれいな癒しのビーチがあったり

太鼓台の上の4人の少年が太鼓を打ち鳴らし、担ぎ手の男たちが「ちょーうさー、ちょうさーー」と
海中を歩く祭りもある。

高松からあっという間に島の空気に触れることが出来ますよ♪

あなたも行ってみませんか?


シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中
↓ クリックしてもらえたら嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです
b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2018-06-19 19:48 | 国内 | Comments(2)

鬼ヶ島に行ってきた♪ 香川の桃太郎は女木島に攻め込んだ? 香川ノープラン旅

2018.5.11 (3日目)

桃太郎が攻め込んだ鬼ヶ島は女木島だった?

桃太郎は二人いた!

しかも兄弟だった?

なあんて話は面白いけど、私はただ洞窟が好きなのよ!

ともかく行って見てみよう!!

高松港からフェリーで20分の鬼ヶ島♪


b0287088_16381587.jpg
2日目の夜も過ぎて↓


3日目の朝 6:28の高松行電車に乗るために丸亀駅前に。

ゲストハウスからは徒歩1分と便利!

説明が遅れたが、駅前に並ぶ大きな石ころ、

実は猪熊弦一郎現代美術館の前に並んでいます。

夜にはこれが光る石となるらしい。

b0287088_16384707.jpg
私は正直モダンアートって良くわからないのです...
b0287088_16391531.jpg
猪熊弦一郎現代美術館

丸亀駅の目の前
b0287088_16393444.jpg

駅ビルの1階にはスーパーマーケットが併設されているので

丸亀駅に行ったらお買い物ですよ!



b0287088_16400498.jpg
丸亀~高松 550円

こんな早い時間なのにどんどん混んできました。
b0287088_16403472.jpg
高松駅はスマイルマーク♪

7:13am着

b0287088_16411391.jpg
さて、これから行くのは女木島!

昨日善通寺の偕行社カフェでまったりしてた時に置かれていたガイドブックから

見つけた行き先です。

b0287088_16415545.jpg
b0287088_16432892.jpg
女木島には鬼ヶ島伝説になった洞窟があるのです!

私は洞窟大好き♪
b0287088_16435517.jpg
マップで見ていると高松駅からフェリー乗り場は近いようだけど

少し歩きます。
b0287088_16443393.jpg

b0287088_16445767.jpg
初めてのところなので、とても10分では無理だった。

時間を見ておいて良かった。

b0287088_16452485.jpg
乗り場は向こう側ではなく
b0287088_16455223.jpg

b0287088_16461244.jpg
一番外れに女木島男木島行きのチケット売り場
b0287088_16464403.jpg
女木島フェリー往復 740円
b0287088_16470824.jpg
女木島行に並んでいるのはまだ3人だけ。
b0287088_16473966.jpg

b0287088_16480492.jpg
高松 8:00  女木島 8:20
b0287088_16484030.jpg
b0287088_16490628.jpg
フェリー内はきれいです。

半円形のソファ席や

b0287088_16492994.jpg
寝転んでいけるところも。
b0287088_16495779.jpg
今日もいい天気♪
b0287088_16502746.jpg
b0287088_16505125.jpg

b0287088_16512181.jpg
あと5分で女木島というので甲板で出会ったリョウちゃん(勝手にそう呼んでる)

香港の女性です。(UPの許可得てます)

この人形をインスタグラムにUPしてる。

Facebookやインスタグラムも交換して あっという間にお別れ!

リョウちゃんは男木島に行ってから女木島というルートらしい。


その後 リョウちゃんとはFacebookでメッセージを交換したり

Facebookで通話したりした。

東京に来た時に会った話はまた後で。

b0287088_19141005.jpg
ほ~ら、海を監視してる鬼さんが見えてきた!
b0287088_16523206.jpg
b0287088_16530314.jpg

b0287088_16532951.jpg
瀬戸内の島はガザニアが花盛り。
b0287088_17564055.jpg
あれ~、この黒い影は残念なモアイ像!

b0287088_17570742.jpg
女木島もアートの島らしいんだけど
b0287088_17573480.jpg
私は現代アートにあまり興味が無いのです。
b0287088_17575862.jpg
それよりもすごいな~と思ったのは民家の暴風壁!

りっぱですねえ。

女木島は風の強い所らしい。

b0287088_17583040.jpg
「オオテ」という名前の暴風壁♪
b0287088_17585421.jpg
いろんな石が積んであっていいなあ。

b0287088_17591593.jpg
あ、島にコンビニはありませんよ!

鬼ヶ島の洞窟楽しみ♪





by slow33jp | 2018-06-16 16:20 | 国内 | Comments(4)


     体力ゼロ         好奇心いっぱいの一人旅      イエメン大好き


by カフカフカ

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
Facebook

カテゴリ

全体
イエメン
ウズベキスタン
エクアドル1
エクアドル2
コロンビア1
コロンビア2
カンボジア
キューバ
クロアチア
コソボ
シリア
シンガポール&マレーシア
バングラデシュ
台湾
ブルガリア
ボスニアヘルツェゴビナ
マケドニア
ヨルダン
ベトナム
イラン
タイ
ミャンマー
ジョージア(グルジア)
アルメニア
旅のお土産
国内
青春18きっぷ
散歩
旅あれこれ
旅の病気
オカやどかり
未分類

最新の記事

滑川温泉のお風呂あれこれ♪ ..
at 2018-09-20 16:35
湯治部デビュー?秘湯滑川温泉..
at 2018-09-17 20:12
峠駅はすごい駅だった!鉄オタ..
at 2018-09-15 20:40
中華街で食事して思ったこと♪..
at 2018-09-12 16:36
MARINE & WALK ..
at 2018-09-09 16:59

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月

最新のコメント

湯治場、いいですね〜 ..
by unburro at 00:41
こんばんは 福島屋さん..
by jan113fuzi at 22:30
> mihayashi6..
by slow33jp at 17:23
据え膳上げ膳   少し..
by mihayashi6 at 16:35
> pallet-sor..
by slow33jp at 09:27
こんばんは すごくわか..
by jan113fuzi at 23:37
福島屋さんのHP見た時、..
by pallet-sorairo at 21:33
> chie2317さん..
by slow33jp at 16:07
峠駅の売り子さんは姿かた..
by chie2317 at 15:46
> jan113fuzi..
by slow33jp at 23:19

外部リンク

フォロー中のブログ

ブロ友パソコン相談室

検索

ファン

記事ランキング

画像一覧


もっと見る
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項