「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

浜辺でお茶の間してきちゃった♪ お茶の間ゲストハウス

2016.7.2

気持ちいいなあ、浜辺でお茶の間♪♪

お茶の間ゲストハウスの前の浜辺でゲストたちと
食後のティータイム 最高!!
昨夜会ったばかりなのにまるで親子3代揃ったような
年の離れたもの同士。
夏の朝の浜辺の潮の香と美味しいコーヒー♪
b0287088_17225353.jpg


朝ご飯の前にゲストハウスの近くを散歩。
b0287088_172423.jpg

宿の看板娘のあられちゃんの散歩に遭遇。
b0287088_1725462.jpg

そうそうあられちゃんはかわいい瞳のワンちゃん。
宿に着くとお出迎えしてくれますよ。
b0287088_17271785.jpg

朝の浜辺はもやってます。
b0287088_17281577.jpg

朝ごはん 300円
b0287088_17295170.jpg

大勢で食べるのは美味しいですね。

b0287088_17311684.jpg

みんなで浜辺でお茶の間することになりました。
お茶の間セットについては料金など宿に聞いてくださいね。
人手もないので自分たちで持ち出し片づけが条件。
貸し出しセット今もやってるのか詳細不明です。

男性陣2人は一人旅同志、連泊組。
b0287088_2042326.jpg

b0287088_17332662.jpg

b0287088_17351313.jpg

私はコーヒー♪
b0287088_17355069.jpg

b0287088_17365156.jpg


b0287088_17373021.jpg


今日はどうしようかなあ?

浜金谷からの東京湾フェリーに乗ってカモメのエサやりなど
楽しそうなんだけど もっとカモメの多い時期に行くことにしよう。
電車やバスも好きなので行川アイランド駅から安房鴨川行のバスがありますよと
教えていただいた。
とりあえず行川アイランド駅までオーナーのよっさんに車で送っていただきました。

以前はにぎわった行川アイランドは今は廃墟。
wikipediaによると「入場者数と売上高の減少が続いたことなどにより、
2001年8月に閉園となった。
施設最寄り駅として行川アイランド駅が1970年(昭和45年)に開設され、
閉園後も無人駅として残されている。」とあります。
b0287088_18114023.jpg

b0287088_1812436.jpg

b0287088_18123851.jpg

この中を入ってみたいものですねえ。
b0287088_1813458.jpg

広い駐車場に車も無く。

貸切のようなバス。
途中からは乗り込む客も増えたけど。
これも南房総フリー乗車券で乗れます。
途中の海沿いの風景。
b0287088_1814503.jpg

b0287088_19263780.jpg

b0287088_19271515.jpg

安房鴨川駅着。
b0287088_1928018.jpg

観光案内所が隣にあるので近くに40分くらいで観光できるところがあるか
聞いてみました。

駅から歩いて5分の前原横渚海岸。
b0287088_19302517.jpg

b0287088_19305042.jpg

b0287088_19311249.jpg


安房鴨川駅からは千葉までボックス席。
b0287088_19321357.jpg

安房鴨川駅前のイオン鴨川店で買ってきたお寿司397円 お茶84円 塩豆大福105円。
b0287088_19323972.jpg

b0287088_19344475.jpg

b0287088_19351477.jpg

海女さんの彫像。
b0287088_19353923.jpg

b0287088_20424261.jpg

b0287088_19365174.jpg


旅の窓 (幻冬舎文庫)
「旅を続けていると、ぼんやり眼をやった風景のさらに向こうに、不意に私たちの内部の風景が見えてくることがある」。マラケシュのホテルで見た「待つ女」、ローマで旅愁を覚えた終着駅、カトマンズで胸をしめつけられた裸電球――。旅先で撮った八十一枚の写真から、人生の機微を描いた物語が立ち上がる。」

沢木耕太郎の新聞連載小説を読んでいたのでこの旅に持ってきた。
短編なので読みやすいし、結構いい写真。

赤山壕とお茶の間ゲストハウスを訪ねる1泊2日の旅
合計11,203円。

お茶の間ゲストハウスの夜は楽しい♪初めてどうしでも盛り上がる!

今年二つ目の灯台♪ 館山の野島埼灯台

縞模様の地層の洞窟を巡ろう♪ 館山の赤山壕

ゲストハウスを旅する♪ 南房総1万円ちょっとで1泊の旅してきた♪

ゲストハウスを旅するというのも面白いものだ。
一人旅を味わいながら 夕食時など語らいの時を持つ。

そういえば最近こんな本が出版されてました。
まだ読んでいないけど
ゲストハウスガイド100 - Japan Hostel & Guesthouse Guide

一人旅っていいな!
車窓の風景、夏草のそよぎに見とれて、
都会で聞かれない鳥の声に聞きほれ、
若いころの一人旅と同じように感じるけど
年を重ねてちょっと違う説明できない何かがある。

また行こう、知らない街へ知らないゲストハウスを旅してみよう♪

家族が久米島へ5日間の旅。
私の3分手作り、てるてる坊主の久米島晴れ子さん!
b0287088_19594768.jpg

天気にしてやっておくれ♪



シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-07-31 20:09 | 国内 | Comments(4)

お茶の間ゲストハウスの夜は楽しい♪初めてどうしでも盛り上がる!

2016.7.1

日本にもあっという間に各地にゲストハウスが出来てきました。
個室もあるけど 基本 相部屋、トイレ、シャワーは共同使用という
ユースホステルと似た宿です。
安くて利用しやすいです。

このお茶の間ゲストハウスに泊まるのは二度目。
いいお宿ですよ~。
お茶の間GUESTHOUSE & CAFE

初めて同志のゲストたちとオーナーご夫妻。
b0287088_19364730.jpg


野島埼灯台からバスで館山へ戻り
館山 16:06 安房鴨川 16:47
安房鴨川 16:50 上総興津 17:13

切符は南房総フリー乗車券です。

上総興津到着!
b0287088_19451325.jpg

b0287088_19453261.jpg

b0287088_19461923.jpg

b0287088_19463364.jpg

ホントかわいい駅舎です♪
b0287088_1947103.jpg


上総興津の駅からお茶の間ゲストハウスへの道は覚えています。
初めて利用される方は宿のHPにアクセスが写真入りで丁寧にのっています。

途中車の通る隧道の横に人道トンネルがあるんですが
長いトンネルです。
b0287088_1949795.jpg


お茶の間ゲストハウスの前の守谷海岸が見えてきました!
b0287088_19543051.jpg

赤い瓦の屋根がお茶の間ゲストハウス。
b0287088_1954567.jpg

b0287088_1957562.jpg


ゲストハウス到着。
あられちゃん(ワンちゃん)がお出迎えしてくれます。
b0287088_19575075.jpg

b0287088_19581083.jpg

設備などは前回のブログに書いてますので読んでくださいね。
春旅 一泊二日交通費込一万円の旅 お茶の間ゲストハウス♪


荷物を置いてさっそく浜辺へ。

b0287088_19592132.jpg

b0287088_19594235.jpg

浜辺に長い間座ってぼ~っとしてた。
b0287088_19595727.jpg

b0287088_200333.jpg

この道路を越えて踏切で線路を渡るとお茶の間ゲストハウスという
海を楽しみたい人には この上ない立地条件です。
b0287088_2005535.jpg



さあて、夜、お腹が空きました♪
b0287088_20165460.jpg

あ、そうそう前回と違うのは掘りごたつ式にテーブルがなっていたこと。
座って話せるので 膝の悪い正座のできないおばあさんにはとっても楽になりました!

ゲストも揃って 夕食。
いただきます!
b0287088_2019890.jpg

この夕飯、なんと700円です。
とても美味しいし、大勢でおしゃべりしながら食べるのもまた格別です。

このお宿はアルコールもビールから日本酒といろいろ揃ってます。
一品料理も出来ますよ。

私は飲めないので 連泊していたY君お勧めのイチゴのスムージーを
食後に頼みました。

連泊組男性は大学生のY君、50代のIさん、女性それぞれ一人旅の私をいれて3名。
ゲストハウスのおもしろさや熊本地震のボランティアの話。
茨城県でjiccaというゲストハウスを運営されている比企ファミリー3名。
クラウドファンディングで投資してもらい設立にこぎつけたという
貴重な話等々、比企ファミリーの明るい事!

皆さん、とっても楽しい人たちでした。
Y君は9月に仙台の欅というゲストハウスのヘルパーをやるみたい。

私たち女性3名はそれぞれ一人旅ですが
8畳間に仲良く3組の布団を敷いて寝ましたよ。

楽しい夜♪


シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-07-28 20:51 | 国内 | Comments(2)

今年二つ目の灯台♪ 館山の野島埼灯台

2016.7.1

灯台の入り口。
いいねえ!
この文字♪

白い字は明治己巳(つちのと み)年 明治2年12月18日点灯の意味。
b0287088_2127527.jpg

赤い字はフランス語で西暦1870年1月19日点灯の意味。
b0287088_21292476.jpg

どちらも野島埼灯台が初めて点灯した日なんだけど、当時日本は、
西洋の太陽暦ではなく、中国などで使われている旧暦(太陽太陰暦)を使用していた。
日本が太陽暦を使い始めたのは明治6年からなんだとか。
b0287088_21413421.jpg


赤山壕からバスで立山駅に戻り
名物のクジラ弁当を買ったものか思案??
b0287088_2143012.jpg

野島埼灯台で食べようかと思ったけど
ちょっとヘビーな気がしてやめちゃった。

館山駅前のロータリー。
b0287088_21445648.jpg

駅前の通りにとても良いパン屋&カフェ発見!
b0287088_21455719.jpg

1Fでパンを買って2Fのカフェへ。
b0287088_21472412.jpg

広々として明るくていい感じ。

お赤飯のおにぎりとアンパンと紅茶という変な組み合わせ。
b0287088_2148632.jpg

下でパンとお赤飯を買ってきたが 2Fにもいろいろありましたよ。
こっちが良かったかなあ?
b0287088_21511846.jpg

b0287088_21513557.jpg

いやあ、安くて美味しくて 紅茶264円 おにぎりとパン373円。
東京にもこんなカフェあったらなあ♪
館山行ったらお勧めですよ~。

さてバスで野島埼灯台を目指します。

バスの本数が1時間に1本なので注意が必要です。
館山駅 13:15 野島埼灯台口 14:51
料金は片道600円ですが 南房総フリー乗車券に含まれます。
バスの旅は緑の多い景色です。
野島埼灯台口から歩いて7,8分かな。こんな景色の所に着きました。
b0287088_20251544.jpg

b0287088_20253786.jpg

b0287088_20255524.jpg


ようやく野島埼灯台。

Wikipediaによると「野島埼灯台は、千葉県房総半島の最南端野島崎に立つ、白亜の八角形をした大型灯台で、「日本の灯台50選」に選ばれており、国の登録有形文化財にも登録されている。周辺は、南房総国定公園に指定されていて、雄大な太平洋のパノラマが展開している。」とあります。

b0287088_21144316.jpg

灯台は入場料200円。
b0287088_20283893.jpg

途中から急な階段です。
b0287088_20293934.jpg

b0287088_20302669.jpg

b0287088_964754.jpg

残念ながら少しもやっています。
b0287088_20321421.jpg

b0287088_20323680.jpg

b0287088_2032582.jpg

バス停はこの景色の水色の道のずっとずっと先です。
b0287088_20334443.jpg

b0287088_2035397.jpg

資料館も付属しています。
b0287088_20354141.jpg

b0287088_20363726.jpg


厳島神社
実はこの神社 ご神体は?
触れるご神体?写真はありません。
b0287088_2041850.jpg

遊歩道はぐるっと回って20分くらいかな?
b0287088_20422543.jpg

b0287088_2043344.jpg

b0287088_2125188.jpg

b0287088_20433143.jpg

b0287088_2051749.jpg

お賽銭は貝殻?

b0287088_20523376.jpg

座っていいのかアートなのか?
b0287088_20532264.jpg

b0287088_2126888.jpg

ようやく商店街へ
b0287088_20545454.jpg

b0287088_20551927.jpg


路地をうろうろ。
b0287088_2056646.jpg


バス停ではう~んとバス待ち。
バス停の標識の丸い敷石に座って30分以上。

鳶もウグイスもすぐそばで鳴いています。
モンシロチョウが重なり合って飛んでいて。

車はひっきりなしにびゅ~んと行き交っていくけど、バスは来ず。

ようやく来たバス。
途中からかわいいお客様たちが乗りこんできては降りて行きました。
b0287088_210222.jpg


館山駅到着。
野島埼灯台から安房白浜、バスを乗り換えて千倉に行こうかと
バスの時間を考えたけど
荷物を館山のコインロッカーに預けた方が楽かなと同じ道を戻ることに。

これから電車で館山~安房鴨川乗り換えて上総興津のお茶の間ゲストハウスへ。

そうそう今年最初の灯台は
海と船と灯台と芝桜♪ 横浜港シンボルタワーって解放感たっぷり!


シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-07-25 21:26 | 国内 | Comments(0)

縞模様の地層の洞窟を巡ろう♪ 館山の赤山壕

2016.7.1

ずっと行きたかった館山の赤山壕

b0287088_2061849.jpg

それはこの本を読んだから!
b0287088_2075972.jpg

美しすぎる地下壕とタイトルにあった。

この本によれば
「太平洋戦争のころの日本人は、かつてないほどの、地底人、洞窟民族であった。
日本人は、東京をはじめ、各地で穴を掘りに掘った。

中略
だがなんといってもこの壕は美しい!
どうしようもなく美しい。
掘り出された地層の縞模様が、とんでもなく美しいのだ。」とある。

山手線から乗り換えて東京駅地下の総武線快速を目指すが
いつでもここで迷ってしまう。
目指す行き先の番線が良く分からない。
しかも広い構内なのに駅員さんがいないので聞くに聞けない。
ようやく駅員さん発見して聞いたら館山駅は違う番線だった。
東京駅8:02発 館山駅10:10着の快速。
おっとっと5分前!
一号車のクロスシートを目指すがまさかのロングシート(泣)

途中からにぎやかな中2の男子学生たちが乗りこみ車内は混乱。
聞けば女子は隣の車両に乗り込んでると言う。
女子がいなくて寂しいでしょう?と聞いたらぜ~んぜん!だって
床に座り込む子やら元気が有り余ってる中学生は鋸山に行くようだ。

やっと見れるよ~。館山駅着いたよ~。
b0287088_20153849.jpg


ようやく館山駅に到着。コインロッカーにバックパックを入れて出発。
バスは事前購入している南房総フリー乗車券で乗れるようだ。
館山航空隊行き乗車 みやぎ下車。約10分か15分くらいで到着。

ここが赤山壕の受付。自動販売機で入場料200円。
b0287088_20375263.jpg

赤山地下壕跡の見学

b0287088_20181856.jpg

b0287088_2019873.jpg

b0287088_20192940.jpg


ヘルメットと懐中電灯をお借りします。
b0287088_2029225.jpg

b0287088_2030244.jpg

b0287088_20303138.jpg

入り口到着。
b0287088_2031152.jpg

最初から最後まで誰とも会いませんでしたよ~。
b0287088_20322130.jpg

b0287088_20324526.jpg

b0287088_2033150.jpg

b0287088_20332228.jpg

所々にどのように使われたのか説明がありました。
b0287088_21155090.jpg

b0287088_20335159.jpg

b0287088_20341153.jpg

写真の撮り方が悪いのだが きれいな地層がくっきりと分ります。
b0287088_20343565.jpg

b0287088_20434656.jpg

b0287088_2044750.jpg


b0287088_20451356.jpg

b0287088_20453135.jpg

b0287088_20461050.jpg

b0287088_2046279.jpg

b0287088_20471353.jpg

b0287088_20473051.jpg

b0287088_20481847.jpg

b0287088_20485163.jpg

戦後は忘れられた存在になっていたが温度が年中一定にしていることから
昭和30年頃よりキノコ栽培に使われていたようです。
この風呂はその時に設置されたもののようです。


b0287088_20494027.jpg

b0287088_205099.jpg

b0287088_2051288.jpg

b0287088_20514385.jpg

b0287088_20521211.jpg

b0287088_20532154.jpg

b0287088_20535812.jpg

b0287088_20524253.jpg
b0287088_20544995.jpg

b0287088_2055373.jpg

b0287088_20561256.jpg

b0287088_2056553.jpg

ようやく出口。
貸切洞窟満喫♪♪

草いきれとウグイスの鳴き声。
戦争遺跡と現代の静寂と。

ヘルメットが日干しにされてました♪
b0287088_20592922.jpg

バスの本数が少ないので受付で聞いてから
壕内を回ったほうがいいですね。
ただこの赤山壕の周りを歩くと他にも壕への入り口がいくつもつくられていたみたいです。
周ってみれば良かった!

バス停みやぎからまたバスで館山駅へ戻ります。
私の乗ったはバスJRバスではないため
みやぎ~城山入り口までの190円が別途必要。
近くに城山公園もありますよ。
b0287088_2125468.jpg

他にも近くの海上自衛隊館山航空基地の基地見学も面白そうです。

次は館山駅から野島崎灯台へ。


シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-07-22 21:33 | 国内 | Comments(2)

ゲストハウスを旅する♪ 南房総1万円ちょっとで1泊の旅してきた♪

2016.7.1~2

時々一人で電車に乗りたくなる。
そんな時、南房総の旅は安く楽しめる。

一人旅を楽しみながらも 初めてどうしで盛り上がるゲストハウスの旅

朝の浜辺でお茶の間してきた♪♪
b0287088_1813247.jpg


切符はこれ、南房総フリー乗車券 4.640円。(2日間有効)
b0287088_1824638.jpg

b0287088_1831017.jpg

b0287088_1833735.jpg


見たかった館山の赤山壕を見られたし、
b0287088_1864569.jpg


野島崎灯台も行ってきた。
b0287088_1934129.jpg


ウグイスや鳶の鳴き声もいっぱい聞いて来た♪

泊まったお茶の間ゲストハウスでは
お茶の間GUESTHOUSE & CAFE
ゲストたちの熱いゲストハウス談義♪
b0287088_2012567.jpg

写真撮影は私。

お茶の間ゲストハウスのゲストたちはあちこちゲストハウスを泊まり歩いた人が
多くて面白い話も聞くことが出来ました!

そう今やゲストハウスを旅することが目的の旅となっているのです。

ネットで地域名 ゲストハウスと検索すると
結婚式場のようなゲストハウスが検索に引っかかることも多いですが
ゲストハウスとは?
「比較的安価に泊まれるユースホステルのように1泊単位で宿泊できるバックパッカー向けの宿をゲストハウスと称している。 「リビングなどの共同場所で他の旅行者と交流が出来る」「キッチン、トイレ、シャワールームなど共同で使用」「ドミトリー(相部屋)がある」などが特徴。」と
wikipediaにあります。

ついでにいっぱい飾ってあった各地のゲストハウスのパンフをもらってきました。
南知多ゲストハウス ほどほど
b0287088_19461284.jpg

秩父市の古民家ゲストハウス 錦
b0287088_1946333.jpg

そして jicca
b0287088_19482968.jpg

茨城県石岡市の里山にある農家ステイを楽しめるゲストハウス。
このゲストハウスを運営されている比企ファミリーがちょうど同じ日に
お茶の間ゲストハウスに滞在されていて
とっても楽しいファミリーでした。
東京に近いのでいつか行って見たいなあ。
茨城県初古民家ゲストハウスjicca:あなたの実家でありたい。
泊まっていたIさんは翌日はjiccaに泊まりに行きましたよ~。

日本にもゲストハウスがあったらいいのにと思っていたら
今は日本中にあちこち個性的なゲストハウスが誕生しています。

あなたもゲストハウスを旅してみませんか?

旅の詳細は次のブログでね!


シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-07-20 20:12 | 国内 | Comments(2)

結構すごい古代ギリシャ展♪

2016.6.22

古代ギリシャ展が昨日から始まった!

いつ行けば混雑していないのか思案。。
結局なるべく午前早いうちにと思い立ち♪

結果 すご~く良かったギリシャ展!
なにしろ美術品の数がすごかった!
b0287088_10255833.jpg

b0287088_10264979.jpg

入場するのに空港のようなセキュリティを通る必要があるので
入り口は混雑しています。
b0287088_10432140.jpg

b0287088_10453118.jpg

b0287088_10461727.jpg


上野の国立博物館、ギリシャ展は平成館にて開催。
平成館に入るのは初めて。
b0287088_1028387.jpg

各時代別に設営が変わり 展示にも工夫がみられる。
レプリカが多いと思いきや、これは運搬が大変だったろうなと思うほど
たくさんの美術品が展示。
b0287088_1183811.jpg


第1室と第2室に分かれての展示。
紀元前女性の彫刻品のデフォルメとボタンなどの装飾品が
紀元前と現代との時間の違いが全く感じられないほどデザインが
洗練されている。
もうこの時代でデザインは完成されていたのではと思われるほど。

b0287088_119476.jpg

b0287088_1192749.jpg

そういえばアレキサンダー大王は古代マケドニアの人だったな?

古代マケドニアといえば、以前旅した現代マケドニアの首都スコピエの
確かこの方がアレクサンダー大王だったかしら?(巨大さに圧倒された!)
b0287088_2161854.jpg

あ、この方も?(記憶が??)
b0287088_217892.jpg

ともかく変わった印象だった。。
b0287088_2183818.jpg

どちらを向いても誰かさんが上の方に!
b0287088_2194465.jpg

b0287088_21101823.jpg


首をかしげる彫刻が山のように街にあふれてた♪
b0287088_21115679.jpg

ソフィアからスコピエ(マケドニア)へ


チケットで本館も見られるのでちょっと行って見よう。
b0287088_1048226.jpg

b0287088_10485724.jpg

b0287088_1050121.jpg

b0287088_1050414.jpg

b0287088_105135.jpg

b0287088_10512934.jpg

建物を見るのが大好き。重厚ですねえ!
b0287088_10572995.jpg

他にもいろいろ見ようと思えば見ることができたけど
疲れたしギリシャ展だけで 頭の中がアップアップ。

美術館などに行くと買わないのに楽しみなのがミュージアムショップ♪
b0287088_10524764.jpg

b0287088_10533559.jpg

上野公園の噴水広場
b0287088_1101432.jpg

b0287088_1104110.jpg

西洋美術館のこの美術展も面白そう!
b0287088_1111333.jpg

そういえば西洋美術館も世界遺産に認定されたようですね。

上野に行くとランチは焼き肉♪
いつもの陽山道
b0287088_112331.jpg

b0287088_1171511.jpg

カルビランチ♪
b0287088_1173760.jpg

美味しい♪ しあわせ♪


シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-07-18 21:24 | 散歩 | Comments(0)

変な木もある代々木ビレッジに行ってみた♪ 食べてみた♪

2016.6.21

代々木ビレッジが気になっていた!

出来てすぐは混んでるし、混雑は嫌いだし。
で、ようやく行ってみた。

緑に囲まれた空間にレストランや雑貨やさんがあります。
b0287088_19593580.jpg


代々木駅西口より徒歩2分。
b0287088_2031224.jpg

b0287088_2033412.jpg

b0287088_204148.jpg

b0287088_204231.jpg

b0287088_2044930.jpg

b0287088_2051120.jpg

b0287088_2055070.jpg

b0287088_20201327.jpg

b0287088_2062196.jpg

b0287088_2071026.jpg

b0287088_2074051.jpg

b0287088_208582.jpg

食事したのは code kurkku
中央にボトルツリーという珍しい木がありますよ。
オーストラリアから空輸されたらしい。
ここ代々木ビレッジにはプラントハンターの西畠清順 さんが集めてきた植物が
植えられています。
b0287088_2011238.jpg

b0287088_20113044.jpg

室内は天井が高く気持ちがいい。
b0287088_20115629.jpg


b0287088_20121594.jpg

本日のパスタセット 1600円
前菜
b0287088_2014654.jpg

パスタはまあ普通。
b0287088_20143546.jpg

ローズティ500円 コーヒー400円 しめて二人分4100円。
b0287088_2017773.jpg

二階へ
階段にはブドウがきれいに実っている。
う~ん、我が家のカラスの食べ残りの実がしょぼしょぼとついてるのとはわけが違う。
b0287088_20214443.jpg

b0287088_20235574.jpg

b0287088_2024238.jpg

靴を脱いで店内を見る雑貨屋さん。
靴を脱ぐのが面倒で入らず。
b0287088_20244591.jpg

b0287088_20261264.jpg

b0287088_20264662.jpg

思ったよりこじんまりとしたスペースだった。
もっと雑貨屋さんも多いと良かったなあ。

そうそうここは通り抜けできますよ~。

帰りは代々木駅のホームからNTT DOCOMOビルを眺めて帰りました。
今日は暑かったあ!
b0287088_20302081.jpg




シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-07-16 20:46 | 散歩 | Comments(4)

カラフル奇妙な梵寿鋼ワールド♪ 池袋の斐禮祈(ひらき):賢者の石

2016.6.1

エントランスの中にいると、いろんな五感ワードがでてくるような!

奇妙な、不安な、不気味な、
b0287088_16551913.jpg

でも眺めていたい──梵寿鋼の池袋のビルは斐禮祈(ひらき):賢者の石
場所は豊島区南池袋2丁目29−16。

ウィキペディアによると、
「梵 寿綱(ぼん じゅこう Von Jour Caux、本名:田中 俊郎(たなか としろう)、1934年1月27日 - )は、日本の建築家、芸術家、思想家。

東京都浅草出身。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、シカゴ美術館附属美術大学で学ぶ。

1974年6月より梵寿綱を名乗り「梵寿綱と仲間たち」を結成。以来、近代工業製品化している建築技術、様式に疑問を投げかける。「日本のガウディ」の異名を持つ。」とありますよ。


さて本題に戻ってビルのエントランス。
b0287088_17181475.jpg

うん、入り口部分の床は普通ですねえ!
ビルの入り口の鉄扉のカーブあたりから もういいですねえ!
b0287088_17372286.jpg


天井に目をやると、
b0287088_17203644.jpg

さあ、中に入ってみましょう!!
b0287088_17223860.jpg


b0287088_1724811.jpg


b0287088_17244481.jpg

なんだかタコの吸盤のような。
b0287088_17251088.jpg

そして中央にはあの奇妙な椅子が!
b0287088_17254278.jpg

見上げると高い高い天井♪
b0287088_17262812.jpg

b0287088_1728030.jpg

b0287088_17284855.jpg

ステンドグラスも梵寿鋼ワールドには欠かせません。
b0287088_17291141.jpg

エレベーターの扉にも繊細な模様が
b0287088_17301959.jpg

この垂れ下がる吸盤のような
b0287088_1731746.jpg

b0287088_17324566.jpg


b0287088_17333424.jpg

b0287088_1734890.jpg

b0287088_173574.jpg


b0287088_17361086.jpg

b0287088_17363712.jpg


クリムトのパッチワークやエジプトの紋様や色彩にも似ています。

b0287088_1733457.jpg
b0287088_17343234.jpg
b0287088_1735319.jpg


どうでしたか?

このビルからすぐ近くにもう一つの梵寿鋼作品のビルがあるんですよ。

写真はこのビルから撮ったもので、車の先に見えるのがもう一つのビル。
b0287088_17491511.jpg


この作品にはRoyal Vessel(『ヴェッセル:輝く器』ともいう)という名前が付いています。
b0287088_1833369.jpg

雑居ビルとなってます。
見た目は普通のビル。

b0287088_191427.jpg

よ~く見ると梵寿鋼のこだわりが。
b0287088_19143237.jpg

b0287088_1915473.jpg


b0287088_19152629.jpg

b0287088_19154590.jpg

b0287088_19161237.jpg

よ~く見ると やっぱりこだわってますねえ!
b0287088_19163347.jpg


東京のガウディを巡ろう その④楽しいメールボックス
梵寿鋼の代表作品のドラード和世陀とは違う外観ですが。

さて池袋の梵寿鋼のビル、いかがでしたか?
また違う梵寿鋼ワールドをお見せしますね。



シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-07-14 19:30 | 散歩 | Comments(0)

日本のガウディのビルを池袋に探しに行ってみた♪ 近くの南池袋公園もいいよ♪

2016.6.1

奇妙な椅子
!!!

椅子の中に少女が潜んでいて、
座ると椅子の中に吸い込まれて行きそうな。。。
b0287088_20160741.jpg
池袋西武の食と緑の屋上庭園で軽くランチして
生まれ変わった南池袋公園にやってきた。
以前の公園は立ち寄る気もしないような公園だったけど。

b0287088_20312781.jpg
残念ながら芝生養生中。
芝生って年中養生が必要みたいで ホント年の半分は利用できないよね。

b0287088_20322505.jpg
フクロウも見守ってますよ。

b0287088_20325603.jpg
池袋ジュンク堂近くのRACINESは並ぶこと覚悟のレストランなので
まだ行ったことがありません。
こちらはもっとカジュアルに楽しめそうな
ラシーヌ ファーム トゥー パーク (RACINES FARM TO PARK)。

b0287088_20334784.jpg

b0287088_20341412.jpg


b0287088_20345499.jpg
まったりできそうですねえ!


b0287088_20352302.jpg
b0287088_20355887.jpg
このラシーヌ ファーム トゥー パーク (RACINES FARM TO PARK)の横の出口を出るとすぐ
今日の目的の梵寿鋼設計のビルがあるんですよ。

これ、これ!
梵寿鋼の斐禮祈(ひらき):賢者の石と言われる作品です。
豊島区南池袋2丁目29−16
b0287088_20171746.jpg
この丸いガラス窓は中からはどうやって見えてるのかしら?
生き物の目のようにも見えるし。
1Fは運送会社なので大きなトラックが止まっています。

b0287088_20174886.jpg
外観も白と黒でシンプルな色合いだが下の写真のドラード和世陀のカラフルな色合いとは違いますね。
b0287088_1641755.jpg



b0287088_20183057.jpg
この大きなうねり!
ビルの長期修繕は大変そうだな。

b0287088_20200433.jpg
各階バルコニー部分の模様も面白い。
b0287088_20214195.jpg
壁面も手抜き無し。
b0287088_20232093.jpg
さあ、2Fは会社になっているようですが上がっていってみます。(事前にお断りしてます)
梵寿鋼作品には手が重要なオブジェ。
b0287088_20243143.jpg
これは早稲田のドラード和世陀のエントランス奥にあるオブジェ!
大きな手が明るいステンドグラスの光をあびて。

b0287088_171544.jpg
東京のガウディを巡ろう その③びっくりオブジェ!
梵寿綱建築ビルのドラード和世陀の過剰装飾のすごさは想定外!


また元のビルに戻って 
階段部分。
b0287088_20251376.jpg

b0287088_20254661.jpg


b0287088_20262033.jpg
階段踊り場付近から見えるオブジェは何の意味があるんでしょう?
b0287088_20282152.jpg
ドアの模様も細かい!
b0287088_20270754.jpg
ここは会社なのですが、このステンドグラス 中から見てみたかったなあ!!
b0287088_20273696.jpg
梵寿鋼のこの斐禮祈(ひらき):賢者の石の外観白と黒
ドラード和世陀(わせだ)のカラフルな外観とは違うけど 
内部は目くるめく世界が広がっていますよ。

次回は梵寿鋼のカラフル奇妙な世界へ。



シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中
↓ クリックしてもらえたら嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです
b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-07-11 19:34 | 散歩 | Comments(4)

睡蓮の庭は花が入れ替わりきれいだった♪池袋西武 食と緑の屋上庭園♪

2016.6.1

お花と緑がもっと以前よりステキになっていた!
池袋西武の屋上庭園
睡蓮の庭には蓮の花もきれいに咲いていましたよ。

夜はビアガーデンに変身するこの屋上、この暑さだと夜のビールも美味しいのでは?
ちなみに私はキューバはハバナで飲めないのにモヒートを飲んで
酔っ払ってベンチで寝ていてキューバ人に笑われたおばあさんです!
治安の良かったキューバだったから救われたものの 一人旅でそれから
アルコールは口にしないことに。

b0287088_20350108.jpg

b0287088_21021273.jpg

池袋西武の屋上が食と緑の屋上庭園に変身して
去年に続いて今年も行って見ました。
こちらは2015年5月のブログ↓
東京の屋上庭園あちこち お花を見ながらランチ♪

b0287088_21041555.jpg

b0287088_21045428.jpg


b0287088_21054036.jpg

b0287088_21061055.jpg

b0287088_21065998.jpg

b0287088_21072440.jpg

夏を感じさせる花やおしゃれな色合いの花々。
b0287088_21081166.jpg

b0287088_21093293.jpg

b0287088_21101969.jpg

b0287088_21110349.jpg


緑の中にこんな木馬が♪
b0287088_21112953.jpg

b0287088_21124804.jpg

b0287088_21133226.jpg

b0287088_21140492.jpg


b0287088_21143322.jpg

b0287088_21151038.jpg

今月のBestはやはり蓮とあじさいでしょうか?
毎月それぞれの季節に合わせてこまめに手入れされているようですよ。

庭園側から食エリアを見て見ると、
b0287088_21173228.jpg

b0287088_21193099.jpg


家族Bとこんなのを食べてみました!
A PIZZA(エーピッツア)のスクエアピザ。
もっちりとして美味しかったです♪
b0287088_21195471.jpg

ちょっとお口直しに
TAVERNのソフトクリーム400円。こちらは味は普通かな?
b0287088_21231664.jpg


夜はこの印のあるテーブルはビアテラス用になってしまうようです。
ただこれが付いてないテーブルは持ち込み可なのでデパ地下で買ってきたりしてもOKなので
リーズナブルに楽しめますよ。
ただ夜遅くなりロフト側のトイレが使えなくなると ビアテラスのトイレだけになり、
トイレの順番待ちが必要です!!
b0287088_21255226.jpg


そうそう今日の目的は池袋にもある梵寿綱の建築を探しに行くんですよ~。
東京のガウディを巡ろう その①まずは近くの大隈庭園から
東京のガウディを巡ろう その②まずはエントランスから



シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中
↓ クリックしてもらえたら嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです
b0287088_1432468.png


by slow33jp | 2016-07-08 21:45 | 散歩 | Comments(6)


     体力ゼロ         好奇心いっぱいの一人旅      イエメン大好き


by カフカフカ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
イエメン
ウズベキスタン
エクアドル1
エクアドル2
コロンビア1
コロンビア2
カンボジア
キューバ
クロアチア
コソボ
シリア
シンガポール&マレーシア
バングラデシュ
台湾
ブルガリア
ボスニアヘルツェゴビナ
マケドニア
ヨルダン
ベトナム
イラン
旅のお土産
旅あれこれ
旅の病気
国内
散歩
オカやどかり
タイ
ミャンマー
未分類

最新の記事

近場の小さな旅♪ ゲストハウ..
at 2017-02-21 20:58
ねこ、ネコ、招き猫だらけ♪豪..
at 2017-02-16 21:24
横浜野毛山レトロ散歩♪ 動物..
at 2017-02-12 17:51
川崎大師はいつ行ってもGOO..
at 2017-02-09 19:14
レトロモダンの茶房を探して♪..
at 2017-02-05 21:04

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月

最新のコメント

chieさん ホン..
by slow33jp at 19:40
猫の数の多さにはびっくり..
by chie2317 at 06:57
> きこさん きこさん..
by slow33jp at 22:49
我が家はワンコ派ですが、..
by きこ at 20:51
> sahne-mizさ..
by slow33jp at 15:50
梅の季節ですね〜。もうす..
by sahne-miz at 21:40
sahne-mizさん ..
by slow33jp at 16:31
喫茶店、すごいこだわりよ..
by sahne-miz at 00:04
> 元気ばばさん 青春..
by slow33jp at 06:22
コメントありがとうござい..
by 元気ばば at 22:57

外部リンク

お気に入りブログ

検索

ファン

記事ランキング

画像一覧