「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:イラン( 56 )

イラン旅の旅程♪ イメージと違うイランあれこれ♪お勧めの国ですよ~♪

2014.10.22-11.6


イランは不思議な国
イランのイメージは何となく恐いとか思う人がいるけど
びっくりするよ、実際行ってみると!
ホントにみな優しいから。
b0287088_20092068.jpg



イランってイメージとずいぶん違う国。

例えば 鼻の整形手術が盛ん
団子鼻の私からみたら、なんで整形?と思うけれど
イラン人から見ると大きな鼻はコンプレックスらしい。
低くて鼻筋が通り先端がつんととがった鼻がお好み。

街中を歩くと鼻の上に白いテープを貼った女性に出会う。
時々男性もね。
真偽は定かでないが伊達テープの人もいるらしい?
一種のステータスみたいなもの?


街中で見かけるこれは?
b0287088_20251074.jpg

貧しい人のために寄付をするんですよ。


かと思うと理解しがたい男女不平等や刑罰も。
レイプ犯から身を守ろうとして レイプ犯を殺害した女性が死刑にとか、
未成年時に犯した犯罪で死刑執行されたというニュースもある。

旅友はタクシーの助手席に座っていたら 運転手の股間に手を持っていかれたし、
ヤズドの沈黙の塔で夕方山を下りようとしていたらズボンを下ろして男が待っていたらしい。
走って駆け下りて難を逃れたらしいけど、
男は恥ずかしそうにバイバイと手を振ってバイクで去って行ったんだって。
私でさえも?
おばあさんにセクハラ?and アッシュラーのお恵みで弁当もらった♪
女性の場合、にっこり笑ってると気があると思われるので気を付けて旅しましょう!


さて私の旅程だけど
出発前に大体のラフな旅程を家族に残して行きます。
上は出発前、下は旅を終えての実際。
b0287088_20464495.jpg

b0287088_21225528.jpg

今回宿の予約は全くしていない
というのもクレジットカードが使えないので 一般的な予約サイトがないから。
イランは広いので長距離バスで移動すると真っ暗な夜に到着することも多いので
とても困った。
おまけにイランの地球の歩き方の情報が前年度版よりごっそり減っていた!!
地球の歩き方イラン最新版は情報が前の版より100P以上減ってる!
前年度版では掲載されていた街や宿情報が無くなっていた。
それがわかったのは帰国後のこと!


おまけにアッシュラーでモスクも観光地も店も全部閉まるという事も知らなかった!
そんな大事なことはガイドブックに書いといてよ!!!

イランはガソリンが安いので、なにしろ車が多い、なので横断は命がけ!
右折の車までは注意が届かなかったので私は救急車に乗る羽目に。。


イランのアライバルビザ情報も見てね。
イランのアライバルビザ、簡単に取れました!

エスファハーンのチャイハネ
イランで一番の思い出♪♪エスファハーンのチャイハネ
b0287088_21073162.jpg

エスファハーンの子供たち♪

b0287088_21082930.jpg
マスジェデ・ナスィーロル・モルク 

b0287088_21093542.jpg

絶景と言われる朝日に照らされたステンドグラスのピンク・モスク♪in イラン


いろいろあったけど イランいいとこですよ♪
お勧め~(^^♪


シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加しています。クリックしてもらえると嬉しいな!
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも参加してみました!ポチしてくれたら嬉しいです
b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2015-11-27 21:45 | イラン | Comments(0)

乗り損なわずシーラーズ空港より帰国♪イラン旅楽しかったよ~♪

2014.11.5-6


シーラーズのバーザーレ・ヴァキールのチャイハネ
b0287088_19291981.jpg



お土産買いにバザールをうろうろ歩く。
アンティークを探してるんだけど 値段が高かったり、
やっぱり揃ってるのはエスファハーンだったと後悔。
ちょっとしたタイルのお土産はヤズドだったしね。

ヤズドの時から欲しかった銅製のミニチュア鍋がつながってるこれ、
b0287088_19365573.jpg

ようやく1軒だけ見つけたけど安くならず。。。
でもずっとウロウロ迷って歩いてたらまた同じ店の前を通りおじさんと目が合って、しかたないな、また来たからって感じで思った値段にしてくれた。
300,000IRRもしたんだけど9$くらいかな?
他にもレーズンは買ったけど
イランの名物ピスタッチオを買おうと思ったけど なかなか無くて。
教えてもらった違うバザールではないところで値段を聞いたらびっくり、高い!
仕方ないので少しだけ買った。


チャイハネでお茶。
こんな所を入っていくと
b0287088_19412290.jpg

こんなお兄さんたちが水タバコを吸っていて。。。
b0287088_19421733.jpg

チャイが50,000IRR。160円くらい。
b0287088_19510241.jpg


エスファハーンのチャイハネが恋しい。
ステキなインテリア、アンティークを眺めながら
美味しいお菓子もついて同じ値段だったよなあ!
イランで一番の思い出♪エスファハーンのチャイハネ


結局宿の近くのきれいなお店でデーツやピスタッチオを買いました。
でも日本で買うものの方がずっと美味しかったし 安くないし、
デーツに至ってはしょっぱいじゃないの?
甘~いデーツが大好物なのにぃ~。未だに冷蔵庫に入ってるけど処分しなきゃ。

夜は残ったお金でパン10,000IRR(45円くらい)。コーヒーはホテルでもらって。
b0287088_20005425.jpg

所でホテルの清算、午前1時まで滞在なのでしっかり1泊分取られました。


帰りの飛行機がシーラーズ発0435。
つまり夜中というか早朝というのかめんどくさい時間で
夜中の1時にタクシーを頼んでいたんだけど、
することもないし、イランのテレビはかったるいドラマか説教しかやってないので
ベッドの上に寝転んで見てると眠くなっちゃうんだよね。
うと、うと、はっ、いけない、いけない!という感じでとっても困りました。
何しろ飛行機に乗り損ねたことがあるので、トラウマです。
旅人生最大のミス!!飛行機乗り遅れたあ!
ベトナムに行ったときは家族が一緒だったので全く心配しなかったけれど
一人はエクアドルの旅以来なので。


ホテルで頼んだタクシーでシーラーズ空港到着。やれやれ。。。
チェックインの前にセキュリティを通り
そこで何がひっかかったか荷物を全部出さなくてはならず(ホントしっかり調べられましたよ)
待合室で待つことしばし。
b0287088_20132486.jpg

ようやくチェックイン。
b0287088_20175591.jpg

シーラーズ空港のトイレもトイレットペーパーありませんよ。
b0287088_20195166.jpg

b0287088_20212284.jpg

余ったお金で買えたのは
b0287088_20164728.jpg

キャビアはどう?と言われたけどねえ。。
手荷物のセキュリティもまたあって ここでもぴっちり詰めていた中身を全部出されて
また詰めるのに手こずった。多分ホッカイロが引っかかったと推測?
どのAIRだったかホッカイロは手荷物に持ち込めなかったことがあったなあ。
b0287088_20231917.jpg



カタール航空結構良かったです。
b0287088_20340637.jpg

今回のフライトはQR477 SRD 0435 DOH0525 乗り換えQR810 DOH0720 HND2245
飛行機に乗ったら、すぐスカーフはうっとうしいのではずします
お尻まで隠れるコートも必要ありません。

ドーハでの乗り換えは2時間無かったけれどとにかく早足で長~い通路を歩きました。
ようやく11月6日深夜自宅に到着♪


イランで車にはねられたりしたけれど イラン人は優しくてまた行きたい国になりました!
でもあの道路の横断はトラウマかも?


お土産編&気を付けることに続きますので また読んでくださいね。


シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも参加してみました!ポチしてくれたら嬉しいです
b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2015-07-22 20:44 | イラン | Comments(0)

キャリーム・ハーン城塞とマスジェデ・ヴァキール♪イラン最後の観光

2014.11.15 (15日目)

シーラーズの街の中心に建つのはキャリーム・ハーン城塞だ。
入場料150,000IRRと聞いて え~、高いなあと思って入るのをどうするか
ためらってしまう。日本円にすると500円くらいなんだけどね。
b0287088_19393208.jpg


誰かに聞いたり誰かのブログで大したことないよと言われても
本当にその人の主観なので そこはやはり自分の好奇心と相談したほうがいいのかな?
ザンド朝時代、キャリーム・ハーンの居城として使われていた城塞。
プールの奥の建物にバードキール(風採り塔)が見える。
b0287088_19495855.jpg

窓の彫刻も繊細だ。
b0287088_19504442.jpg

中に入ると窓はステンドグラスとなり美しい。
b0287088_19542949.jpg

蝋人形で接見の様子が再現されている。天井部分もきれい!
b0287088_19551524.jpg

いくつか部屋を見ていく。この部屋もこの天井の下では執務してるスタッフがいるんだけど
椅子がおいてあるので のんびり天井を仰ぎみる。
b0287088_19573989.jpg

美しいハンマーム。当時はどんな様子だったのか、座りながら思い描く。
b0287088_19593491.jpg

王様はやっぱり違うね、ハンマームがいくつもある。
b0287088_20023963.jpg

通路がなんか面白い、光と次に来る期待と。
b0287088_20051946.jpg

b0287088_20074335.jpg

このおじさんは蝋人形ではないですよ。
思わず見とれます♪
b0287088_20081625.jpg

庭でペルセポリスのツアーで一緒だったドイツ人カップルにあった。
どうして途中で車を降りたの?というので
アリー・エブネ・ハムゼ聖廟の鏡モザイクのモスクを写真に撮りたかったから。
シャー・チェラーグ廟だと写真を撮れないもんねと言い合って
お勧めだよと伝えた。
鏡モザイクの美しいモスクで ごちそうになっちゃった!


次はマスジェデ・ヴァキール
やっぱり入場料値上がりしていますよ。50,000IRR。
b0287088_20181652.jpg

b0287088_20192264.jpg

彩色タイルが美しい。
b0287088_20195896.jpg

らせんの溝の入った48本の列柱の立ち並ぶ礼拝堂。
誰もいないのでゆっくり、のんびり。
b0287088_20202744.jpg

b0287088_20205983.jpg

b0287088_20215191.jpg

b0287088_20221229.jpg

b0287088_20224471.jpg



これでイランのモスクともお別れだ。
明日はもうカタールに飛んで帰国。
お土産を全く買わないで来てしまった。
荷物になるから最後に買えばいいと思ったんだけど

これからバーザーレ・ヴァキールの市場をうろうろしよう♪
何か見つかるかな?


シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも参加してみました!ポチしてくれたら嬉しいです
b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2015-07-17 20:40 | イラン | Comments(2)

鏡モザイクの美しいモスクで ごちそうになっちゃった♪シーラーズ in イラン

2014.11.5 (15日目)


モスクの壁にもたれて天井を仰ぎ見る!きれいだあ♪
b0287088_20190575.jpg



ペルセポリスのツアーでは帰りはホテルに送ってもらえることになっていたが
私はアリー・エブネ・ハムゼ聖廟の近くで降ろしてもらった。
モスクはいっぱいあるし、鏡モザイクのきれいなモスク シャー・チェラーク廟の美しさは
想像以上だったが、写真撮影不可のため、その美しさを思い出に残したかった。
同じく鏡モザイクのアリー・エブネ・ハムゼ聖廟は撮影可となっていたんだよね。


こじんまりとした小さなモスクだけど ゆったりとした感じ。
b0287088_20281864.jpg

入り口で無料のチャードルを借りて変身。
入場も無料ですよ。
b0287088_20300666.jpg

モスクの中は入り口から男女別になっている。
燦然と輝くってこういう時に使う言葉だなあ。
キラキラにため息が出る。
他に人もいないので のんびり天井を眺める。
b0287088_20322944.jpg

b0287088_20561641.jpg

                             
b0287088_20523204.jpg

b0287088_20511655.jpg

シャー・チェラーク廟はこのモスクの数倍の豪華さだが 人も多い。
シャー・チェラーク廟では尼さん?が外国人を案内してくれるのだが
絶えず人生相談する人もいて丁寧に応対してるので その分待たされる。
ここは静かにモスクを楽しめます。
b0287088_20370729.jpg

出口の所で女性たちが家族毎に集まって食事してる場所があった。
私もお腹が空いたので 朝ホテルでもらったナンを食べようとしていたら
ランチをもらっちゃいましたよ~♪
b0287088_20472093.jpg

美味しかったです!
皆と写真を撮りあって
b0287088_21260676.jpg


イランって本当に優しい人たちが多いですね。
b0287088_20591178.jpg

途中のイランの幼稚園。
b0287088_21014808.jpg



ここからまたキャリーム・ハーン城塞に歩いていきました。


シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも参加してみました!ポチしてくれたら嬉しいです
b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2015-07-15 21:10 | イラン | Comments(0)

ペルシャ人の都ペルセポリス♪ 遺跡好きにはたまらないイランの世界遺産

2014.11.5 (15日目)


ようやくペルセポリスに来られた。一昨日はアッシュラーのお休みで遺跡はクローズされていた。
イランに来てペルセポリスを見ないで帰国することになりそうだった。

b0287088_20083558.jpg

つまりどうしてそうなったかは、
フェンスの下を這いくぐりぺルセポリスの壁の崖を這いつくばり。。。ツアーなのに!


夜中にはイランとはお別れとなるので 何が何でも30$も払ったペルセポリスのツアーに参加させてもらわないと!
朝8時過ぎにパールスツーリストの前で待つ。
10分過ぎにスタッフが現れ 「お金を払ったけど遺跡がクローズで見られなかった。
ツアーに今日参加させてもらうか 30$返金してほしい!」とお願いする。
ここで待っていてと座らされる。スタッフは 掃除を始めるが 返金するとも参加させるとも電話するでもなく待たされる。
ちょっといらいら。


また他のスタッフが来たので同じことを話したら ツアーに参加できた。
マイクロバスにヨーロッパの人たち7名と私。
昨日と同じようにまた約1時間車に乗り ようやく遺跡入り口に到着。

b0287088_20321248.jpg

クセルクセス門。万国の門とも言われる。
写真の下の方を見てもらうとわかるが強化ガラスで保護してある。
誰が落書きしたのか 大事な遺跡に落書きもある!
b0287088_20324704.jpg

b0287088_20380705.jpg

b0287088_20400982.jpg

b0287088_20403340.jpg

b0287088_20412949.jpg

双頭鷲像。イラン航空のマークとなっています。
b0287088_20415769.jpg
アパダーナの北向き階段脇にはメディア人とペルシア人の高官が並び、
南向きの階段脇には王に贈り物を献上する異国の使者が描かれている。
当時のペルシャがいかに強大な国であったか。

b0287088_20515690.jpg

b0287088_20521735.jpg

遺跡の保護のため仕方ありませんが こうしたレリーフの上には大きな屋根があります。
b0287088_20534071.jpg

b0287088_20542296.jpg

b0287088_20544426.jpg

b0287088_20550077.jpg

博物館は入れなかった。この近くにカフェや土産物売り場がありました。

b0287088_20554210.jpg

b0287088_20561255.jpg

フェンスがあるので入れない。
きちんと管理されているけれど もっと近くで見たいものですねえ。
シリアのパルミラはこうした防護ガラスが無くて もっとのんびり見られたけど。

b0287088_20564307.jpg

b0287088_20583024.jpg

b0287088_20585201.jpg

b0287088_20592391.jpg

b0287088_20595441.jpg

b0287088_21003902.jpg

遺跡から見た道路。
b0287088_21013302.jpg

次に先日遠くのフェンスからのぞいたアケメネス朝時代の大王の眠る墓ナグシェ・ロスタム
を訪ねます。
やはり近くで見ると迫力が違う!

b0287088_21570176.jpg


b0287088_21585095.jpg

b0287088_21581259.jpg

ダレイオス2世の墓の前にあるのは ゾロアスター教の神殿として聖火を祀っていたと言われる建物。

b0287088_21593850.jpg

b0287088_22022689.jpg
断崖に描かれたサンサーンス朝のレリーフ。

b0287088_22045122.jpg


b0287088_22082517.jpg


b0287088_22090620.jpg

結構この遺跡の方が好きだった。
ツアーに参加できて良かった。あきらめずに言ってみるもんだ。

ツアーは英語ツアー。私のリスニング力では理解度いまいち。
自由時間もあり。
アッシュラーがなければ個人でバス、タクシーを乗り継いで行かれたけれど。

それにしても戦場になる世界遺産もある。
ISが最近シリアのパルミラの円形劇場でアサド政権軍兵士を処刑した。
今やシリアのパルミラやアニメ天空の城ラピュタのモデルと言われた世界遺産クラック・デ・シュパリエも砲撃で崩れているという。
私はヨルダンのペトラ遺跡シリアのパルミラ遺跡イランのペルセポリスと なんとか中東の3P遺跡に行くことができた。
でも今や世界はあちこちで戦闘が行われている。

イランでもチンチョンチャンとからかわれることもあったけど
ジャパンだよというと いつもジャパンGood!という答えが返ってきた。
チンチョンチャンとは「イラン人 このフシギな人々」遠藤健太郎著によると
おそらく中国語の響きがイラン人の耳にそのように聞こえるために
中国人、韓国人、日本人など東アジア系の人間を茶化して使われる言葉らしい。
イランだけでなく他の国でも日本人だというとWelcome!の笑顔をもらったが
いつまでもそうとは限らなくなってきたようだ。


シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも参加してみました!ポチしてくれたら嬉しいです
b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2015-07-12 22:30 | イラン | Comments(4)

イラン人ってホントやさしいなあ!!シーラーズでのカームラン一家との出会い🎵

2014.11.3-4


夕方 ショハダー広場をブラブラしていてカームラン一家と出会った。
シーラーズも11月始めになると夕方は冷える。
カームランは一人娘のヘレナに自分の上着をかけてやっている。
b0287088_15543901.jpg

この後、家に招かれてお茶や果物、お菓子をごちそうになり、
みんなの名前を漢字で書いたりして
b0287088_16105102.jpg

b0287088_16052621.jpg

夜はアッシュラーの行列を一緒に見ながらシャー・チェラーグ廟に連れて行ってもらい
帰りはまたホテルまで送ってもらったのだ。
アッシュラーの行列 カームラン一家と共に

翌日夕方また暇なので遊びに行ってみようと昨日の通りを歩いてみた。
b0287088_16070927.jpg

確かここから右に曲がり奥まったところにある2階だったが
途中出会った人に書いてもらった住所と名前を見せるけど
この住所はすごく遠い遠いところにあるという。

その人はご丁寧にカームランに電話をかけてくれた。
カームランはタクシーに私を乗せてこの住所に連れて行ってくれるように頼んだようで
通りかかった車に頼んでくれたが 遠すぎて行かれないと断わられた。
私も明日帰国なので 遠いところに行くのは心配なのでありがとうと礼をいい
ホテルに戻った。
なんだあそこはカームラン一家の家じゃなかったんだ。


ホテルのスタッフにこの住所は?と聞いたらどうやら40km以上離れた町らしい。
昨日訪ねた家はカームランの親戚の家だったようだ。
部屋にいたら電話があり カームランがタクシーで来てほしいとのこと。
タクシー代は出すからとホテルに頼んでくれたみたいだ。


もう夜なのに、タクシーで小一時間、タクシーの運転手は3回くらい電話して
場所を確認してようやく着いてカームランが支払してくれた。

集合住宅のようでエレベーターで上に上がり部屋でヘレナとご対面。
b0287088_16312419.jpg

ヘレナはすごく喜んでくれ、まとわりついている。
ペットのアヒルを見せてくれた。ぬいぐるみじゃありません。おとなしいです。
b0287088_16322839.jpg

一人娘なのでなんでもそろってるねえ。
b0287088_16374970.jpg

なんとそろばんの授業もあるようで 私がパチパチと問題を解いてみる。ほら、合ってるね!
b0287088_16391834.jpg

イランの教科書も面白い。書かれている風俗はイラン人だねえ、チャドル着てるし。
b0287088_16351499.jpg

b0287088_16353869.jpg

b0287088_16393437.jpg

ヘレナはお絵かきが大好きだ。私もお絵かきしてみたり。
b0287088_16390722.jpg



ママのレイラは元看護婦さんらしいが 今は絨毯つくりを習ってるらしい。
b0287088_16492007.jpg

こうやるんだって。気の遠くなる作業だなあ。
b0287088_16494080.jpg

食事を用意してくれた。昨日お会いした親戚の人たちも集まってる。
ママのレイラは忙しそうだ。

布の上にサランラップの大型版のようなビニールを広げてごちそうの始まり。
最後はこのビニールの上に食事の残り物など全部クルクルまとめて捨てるのが面白い。分別はない。
お皿に盛られたご飯は上がおこげになっていて美味しい。
b0287088_16510152.jpg

b0287088_16564661.jpg

b0287088_16582845.jpg

シーラーズサラダもさっぱりして美味しいし、煮込み料理もおいしかった。
やっぱりイランでは家庭料理が一番おいしいんだね♪
b0287088_17013019.jpg

ヘレナのおじいちゃんも元気そうで大事にされて一族仲良くというのがイランなんだろうなあ。
カームラン夫婦の結婚式の写真を見せてもらったり 言葉は通じないけど
イランの最良の夜となりました!

ありったけのお土産を渡して 呼んでくれた車に乗って夜10時半に帰宅。
カームランに行きの車代を渡そうとしたけど受け取らなかったうえに
なんとお土産までいただいてしまった。

イランではホントに親切にしてもらった。
ヘレナはまるで孫のようにかわいかったし、
ママのレイラのお化粧していないやさしい顔立ち、やさしいカームランのまなざし!
イランは忘れられない国になりました。



シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも参加してみました!ポチしてくれたら嬉しいです
b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2015-06-28 17:22 | イラン | Comments(2)

お腹すいた~! レストランはお休みだけどアッシュラーのお恵みもらった♪♪

2014.11.4 (14日目)


なんてかわいいの!!
アッシュラーのいでたちで。ちょっとお口の周りが汚れてるけどね。
b0287088_20300768.jpg

イランの子供たちってホントにかわいいなあ!


Galatのプライベートツアーから戻りホテルに送ってもらった。
ホテルの前はアッシュラーの行列参加者の男性でいっぱいだ。
b0287088_20350484.jpg

b0287088_20352746.jpg

なにやら おまじない?行列をスタートする前の清めの儀式?
b0287088_20374556.jpg

b0287088_20385656.jpg

この男の子だって、
b0287088_20394173.jpg

行列がスタートすると「うん、かっこいい!」
b0287088_20405611.jpg

b0287088_20530492.jpg

b0287088_20535496.jpg

他のホテルの前ではカップケーキとコーヒー牛乳を配ってます。
驚いたことに2Lのペットボトルにコーヒー牛乳を入れてもらってる人も、
カップケーキを袋にいっぱい入れてもらってる人もいます。
え~、いいの?
アッシュラーのお恵みだからって?
でも非難することも無く(特に知り合いでもなさそう)ホイホイと配ってます。
b0287088_20544838.jpg

先ほどの坊やのママ、美人ですねえ!
b0287088_20591570.jpg

カップケーキとコーヒー牛乳をもらったけど、お腹いっぱいにならない!
何しろお店やレストランがお休みときてる、どうしようかな?と思ってたら
日本に行ってたというお兄さんが現れて 私のために弁当をもらってきてくれた!
部屋に戻って食べてみた。見た目は悪いけど 意外と美味しい。
b0287088_21042830.jpg

このお弁当はフセインの功徳にあやかり人々に無料でふるまわれるんです。
「イラン人によるとナズリーの料理はフセインの功徳によって、どんなレストランの
料理より美味しくなるという。」「今か今かとナズリーの食事を待っていた人々が我先にと
手を伸ばして殺到する。その猛然たる勢いたるや、ほとんど恐怖感すら覚えるほどであった。」と
イラン人 このフシギな人々(遠藤健太郎著)に書かれている。
イランの旅の情報収集


暇なのでショハダー広場に行ってみる。
途中ペルセポリスツアーに参加したけど閉まっていて入れなかったので
明日参加させてもらおうと思っているパールス・ツーリストはやっぱり閉まっていた。
b0287088_21371139.jpg

いよいよ明日の夜は帰国。。
明朝は押しかけてペルセポリスに連れて行ってもらわなくちゃ。

シーラーズの若者たち。英語は全くしゃべれないけどフレンドリー。
b0287088_21273881.jpg

バック転や宙返りやら芝生の上でやってみせてくれる。
b0287088_21293472.jpg

面白いことにイランにも顔はめがあった~。
b0287088_21311140.jpg

b0287088_21313562.jpg

シーラーズのアイスは美味しい♪
ちょっと涼しすぎるけどね。
b0287088_21324869.jpg




シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも参加してみました!ポチしてくれたら嬉しいです
b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2015-06-21 21:42 | イラン | Comments(0)

Galatの廃墟の教会♪ イランはシーラーズ郊外の小さな村

2014.11.4
Galatの村の続きです。
教会の廃墟が山道に残っていた。
b0287088_19011159.jpg



プライベートツアーのガイドとその奥さんと一緒に小雨が降りだした山道を歩く。
b0287088_20353931.jpg

ロバがまたおならしながら 坂道を上って行く。
b0287088_19065899.jpg

b0287088_19085435.jpg

廃墟の教会が見えてきた。
b0287088_19095601.jpg

b0287088_19103475.jpg

b0287088_19110182.jpg

b0287088_19112776.jpg

どうして廃墟になったのか、肝腎のことを聞いていない。
b0287088_19114180.jpg

山道をロバが降りてくる。坂道なのでほとんど突進状態。重い荷物だしねえ。
b0287088_19134369.jpg

どうやらこの先が目指していた滝のようだ。
b0287088_19162746.jpg

b0287088_19173159.jpg

滝は意外と小さいが秋の風情を楽しめるハイキングだった。
b0287088_19213372.jpg


村はなかなか面白い。
こんな小さな味わいのある村がいっぱいあるのだろうが
残念ながら情報がない。検索方法もわからない。

b0287088_19222906.jpg

b0287088_19244559.jpg

b0287088_19251385.jpg

b0287088_19255922.jpg

b0287088_19332797.jpg

b0287088_20144932.jpg



b0287088_19345784.jpg

b0287088_19381179.jpg

b0287088_19402002.jpg

b0287088_19415160.jpg

b0287088_19423422.jpg

b0287088_19431637.jpg

b0287088_19440215.jpg

b0287088_19444119.jpg

b0287088_19473910.jpg

b0287088_19482238.jpg

朝は人気のなかった墓地。
b0287088_19492339.jpg

家族が先祖の墓を囲みお茶を飲んでいます。
b0287088_19504393.jpg

私もお菓子やお茶をごちそうになりました。
イランのカップケーキって日本のより美味しい気がする。
ただでもらってるせいかな?
b0287088_19524044.jpg

いろんなお菓子が並べられていて 家族や親せきとお墓で談笑して
イランはテロの国と思ってる人も多いかもしれないけど
私の旅したイランはのどかで、見どころも多く、親切で見返りを求めなくて、
今まで旅した国のどの国よりも優しい国でしたよ。


Galatの村でもアッシュラーの行列に遭遇。
b0287088_20052508.jpg

b0287088_20055487.jpg



ガイドの奥さんと乗用車の後部座席でおしゃべり、
英語はあまり話せないが スマホの写真を見せてくれた。
かわいい一人息子と立派な家と誕生会やらetc。
私も家族写真を持ち歩いてるので見てもらった。


Galatは多分シーラーズからバスも出ているのだろうと思うので
訪ねてほしい村です。
英語があまり通じないのでシーラーズのインフォーメーションで聞いてみてください。
ただ金曜日やこうした追悼行事のせいでインフォメーションや両替店もお休みになるので
気をつけてね。



シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも参加してみました!ポチしてくれたら嬉しいです
b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2015-06-14 20:15 | イラン | Comments(2)

小さな村Galatへ行ってみた♪ イランはシーラーズ郊外!

2014.11.4


Galatのような山道のある小さな村ではロバが大活躍!
いつも思うんだけど なんでこんなに控え目で悲しげなの?♪
b0287088_19295096.jpg



今日はアッシュラーという追悼行事のせいでイラン中の観光地やお店やモスクが
閉まってしまうという事を知り
旅行代理店(Pars Tourist Agency)で私、どうしたらいいでしょう?相談したんですね。


シーラーズから行かれる所で 歩いて回れる小さな村ってありますか?
いろんなツアーが用意されていて その中から予算で決めたのが
廃墟になった小さな教会と滝もあるという小さな村Galat。
プライベートツアーで35$。
仕方ないですねえ。アッシュラーの時はバスも運行がわからないらしいし。


Sadra Hotelの朝食を食べて(困った時のためにナンとゆで卵などもらっておきました)
b0287088_19421093.jpg


朝8:30ホテルに迎えに来てくれたのは二日前に旅行会社で相談していた男性でした。
なんと彼は奥さん同伴。
別ににぎやかだからいいでしょう!
一人息子をおばあちゃんちに預けてきたらしいけど 息子が泣いて困ったとか。
連れてくれば良かったのにね。
まあ、私がなんというかわからないしね。


途中虹が!イランの虹です♪
b0287088_19515747.jpg

1時間ちょっと乗ったかな?Galatの村に着きました。

車を止めて歩いていきます。途中犬が吠えていました。
イランで初めて見た犬です。
最近は防犯用に飼う家もあるんですって。
b0287088_19542834.jpg

b0287088_19572522.jpg

b0287088_19575334.jpg

う~ん、いい感じの村です~!
ガイドさんの美人の奥さま。
b0287088_19590943.jpg

面白かったのはイラン人の夫婦って
結構奥さんが強いし 写真をご主人にいっぱい撮らせてる。
しかもこっちからこの角度でと指示が細かいけど ご主人もハイハイと嬉しそう。

イラン人って結婚してから恋愛するような形になるから仲がいいのかしら?
b0287088_20042132.jpg


b0287088_20052986.jpg

b0287088_20060265.jpg

廃屋と緑の感じがいいなあ。
b0287088_20105482.jpg

時々雨も降ってきました。山道なので滑りそうです。
b0287088_20130270.jpg

b0287088_20164268.jpg

b0287088_20480186.jpg

山道をロバが重そうな荷物を運んで下って来るのですが
坂道なので突進してきます。
山道を上るロバはおならをしながら。。
b0287088_20282303.jpg

b0287088_20293699.jpg

こんな山道にコーヒースタンドがあって エスプレッソがすご~く美味しかった。パンか何か食べたかったけど何も無くて
アイスクリームはあるようだったけど寒いしね。
b0287088_20461119.jpg

こんなお店があるってことは観光地なんですね。イランの情報が無いので
分らないけど。
b0287088_20371144.jpg


イランにこの時期に行かれる方は傘も必要ですし上着も無いと寒い時もあります。
もちろん女性は腰まで隠れる上着とスカーフが必要ですが
イランは広いので 暑かったり寒かったり、バスが冷えたりすることもあるので
用心してくださいね。


Galatの記事は明日に続きます



シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも参加してみました!ポチしてくれたら嬉しいです
b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2015-06-13 20:53 | イラン | Comments(0)

アッシュラーの行列 カームラン一家と共に シーラーズ in イラン

2014.11.3 (13日目)


今日と明日はイラン最大の行事でアッシュラーという追悼行事。
少年が持っているのはザンディという鎖。
男たちは黒の衣服で街を練り歩きながらザンディで背中を叩く。
見物人たちもフセインと言いながら胸を軽く打っている。
b0287088_16174121.jpg



実は昼間はちょっとした出会いがあり、カームラン一家と知り合いになった。
そのことはまた後で書くことにして、
カームラン夫妻と一人娘のヘレナがアッシュラーの行事に連れて行ってくれるという。


夕方6時半ごろ、彼らの親戚の家から行列の通りへ歩く。
b0287088_16314083.jpg

b0287088_16323026.jpg

b0287088_16325655.jpg


時々こういった飲物を無料でふるまう屋台があり、カームランがもらってくれる。
紅茶や牛乳など場所により飲物の種類は違う。
b0287088_16362208.jpg



彼らの一人娘のヘレナは私と手をつないで歩いてる。
まるでイランに孫娘が出来たように。
b0287088_16393269.jpg



日本の祭りに比べると寂しいが、これは第3代エマーム・ホセインの追悼行事なのだ。
なんでも預言者ムハンマドの孫ホセインはイラクの砂漠で水を絶たれた激しい戦いの後
殉教した。シーア派教徒にとってこの日は正義が悪に敗れた悲しむべき日らしい。

シーア派については蔵前仁一さんの「よく晴れた日にイランへ」にわかりやすく書いてある。
b0287088_16574601.jpg

b0287088_16402126.jpg

b0287088_16404053.jpg

b0287088_16405830.jpg

b0287088_16511312.jpg

b0287088_16520159.jpg

ヘレナと私はあちこちで写真を撮りながら歩いていく。
我が家の家族Gなどはもはや私とは手もつないでくれないので とっても嬉しい。


ようやくシャー・チェラーグ廟に到着。

ヘレナのママのレイラは私のために無料貸し出しのチャードルをまるでバーゲン会場の
引っ張り合いのように取り出してくれた。
花柄のチャードルは布なのでまとった後の動きが面倒。
屋内は写真が撮れないので屋外だけちょっと撮ろうとするが
チャードルはつかんでないとばらけるのでヘレナが時々助けてくれる。
b0287088_17094594.jpg

b0287088_17100762.jpg

b0287088_17103812.jpg

b0287088_17110746.jpg

ここは内壁と天井がすべて鏡のモザイク張りになっていて まるで万華鏡の中にいるようにまばゆいのだ。
ただ写真が撮れないので残念!
入り口は男女別。
b0287088_17135595.jpg


b0287088_17114605.jpg

b0287088_17151060.jpg

建物内に入れるのはイスラム教徒だけだと思っていたがレイラと一緒だったので入れてもらえた。
ガラスのモザイク張りの美しさに圧倒されたけど
女性たちはホセインの廟では手を触れて厚く祈り
また祈る。
普段宗教について考えることのない私、海外では問題が無いように仏教徒と
称してるのだが、やはりこのような祈りの場面に立ち会うと厳粛な気分にある。


カムラインの親戚の家に戻り果物などごちそうになり
車でホテルまで送ってもらった。
ちょっと待っててもらい 日本から持って来ていたお土産を渡した。
楽しい出会いだった。


それにしてもホテルでは また鍵を開けるのに一苦労。
夜は施錠せずゴミ箱などを扉の前に置いた。


三日前に車にはねられて救急車で搬送されて
腕と手の甲に痛い注射(何の注射かわからない)をされたのだが
こんなになってしまった!
血管が細いので点滴も手の甲からされたが 手の甲もひどい青あざ!
b0287088_17282900.jpg




シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも参加してみました!ポチしてくれたら嬉しいです
b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2015-06-05 17:36 | イラン | Comments(2)


     体力ゼロ         好奇心いっぱいの一人旅      イエメン大好き


by カフカフカ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
イエメン
ウズベキスタン
エクアドル1
エクアドル2
コロンビア1
コロンビア2
カンボジア
キューバ
クロアチア
コソボ
シリア
シンガポール&マレーシア
バングラデシュ
台湾
ブルガリア
ボスニアヘルツェゴビナ
マケドニア
ヨルダン
ベトナム
イラン
旅のお土産
旅あれこれ
旅の病気
国内
散歩
オカやどかり
タイ
ミャンマー
未分類

最新の記事

近場の小さな旅♪ ゲストハウ..
at 2017-02-21 20:58
ねこ、ネコ、招き猫だらけ♪豪..
at 2017-02-16 21:24
横浜野毛山レトロ散歩♪ 動物..
at 2017-02-12 17:51
川崎大師はいつ行ってもGOO..
at 2017-02-09 19:14
レトロモダンの茶房を探して♪..
at 2017-02-05 21:04

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月

最新のコメント

chieさん ホン..
by slow33jp at 19:40
猫の数の多さにはびっくり..
by chie2317 at 06:57
> きこさん きこさん..
by slow33jp at 22:49
我が家はワンコ派ですが、..
by きこ at 20:51
> sahne-mizさ..
by slow33jp at 15:50
梅の季節ですね〜。もうす..
by sahne-miz at 21:40
sahne-mizさん ..
by slow33jp at 16:31
喫茶店、すごいこだわりよ..
by sahne-miz at 00:04
> 元気ばばさん 青春..
by slow33jp at 06:22
コメントありがとうござい..
by 元気ばば at 22:57

外部リンク

お気に入りブログ

検索

ファン

記事ランキング

画像一覧