カテゴリ:シリア( 18 )

ダマスカスからドバイ経由成田へ

スルタンホテルに預けていた荷物を受け取りバスターミナルまでのタクシーを頼もうとしたら
10分ちょっとで行くから歩いて行かれるよと言われたので歩いていくことにした。

途中道がわからなくなり空港行のバスターミナルへの道を尋ねたら
青年がわざわざ送ってくれた。空港バス70SP。

ダマスカス空港に着き、チェックインして待合室に入ると、
すごいですね!気品さえ感じます。あっ、男性ではなく鷹です。
b0287088_20371472.jpg
b0287088_2038233.jpg

前で見たがっていたら ヘッドカバーを外して見せてくれました。すごく賢そう!
b0287088_20384077.jpg

どうやって飛行機に乗せるのでしょう?籠のようなものも持っていないようだし?
b0287088_20385839.jpg

腕に2羽の鳥をのせて違う搭乗口に歩いて行ってしまいました。

残ったシリアポンドでは空港で物も買えず。。
シリアではATMでクレジットカードからのキャッシングをしていました。
毎回1000SP~2000SP、帰国前は500SP引出を2回。
帰国してすぐ返済するので手数料は安いです。

ダマスカスからドバイに到着。
時差を忘れていて乗り継ぎ時間を勘違い。
みな機内にいて私が最後の搭乗客、恥ずかしい!!うっかり乗り遅れるところでした。

無事帰宅したものの、3か月もダニの痒みが消えず、その度にイエメンのホディダの宿を
思い出しました。体重減2kg。帰国3日で3kg増えて結局1kg増!

こうして私の2008年10月の24日間の旅は終了。


ポチッおねがいします
シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中


by slow33jp | 2013-10-12 20:58 | シリア | Comments(2)

グッバイ  ダマスカス

スルタンホテルのリビングのライト、好きだなあ!
b0287088_944479.jpg

b0287088_9174830.jpg

ダマスカスには4泊もしたが最初からここにしておけば無駄な労力も不要だったけど。
朝食付き。
b0287088_9194246.jpg

さあ、旅も終わりだ。買い物とまだ見ていない所を歩いてこよう。

アゼム宮殿 入場料150SP
1749年にダマスカスの統治者であったアッサード・バシャの邸宅。
宮殿の中庭。壁面のモザイクがきれいです。
b0287088_9235647.jpg

お庭にいた猫ちゃん。
b0287088_9243416.jpg

b0287088_9245841.jpg

我が家の蔵書の宮崎市定のアジア遊記(1986)によれば
「外庭と内庭に分かれているが外庭は主人の社会活動の本拠で、来客を応接摂待、
時には宿泊させる所であり、内庭はその厖大な家族と共に私生活を行う所である。
外庭は惜しいことに先年の火災で焼けてしまったが、幸い内庭はほとんど損傷なく
残っている。」
とあるのでこれは内庭だったのだろうか?
分かりにくい場所にあるので、宮崎市定も訪れた時ずいぶん迷ったようだ。

宮崎市定の本の中に面白い記述がある。
アゼム宮殿から歩いていたら近代的な建物があり、この辺りには不似合いにきれいな
格好をした子供が数人遊んでいた。そのうちの一人が早合点して
あなたはミッションスクールに行くんでしょう?と、流暢な英語で話しながら
ずんずん門を入っていくので、じゃ、失敬本当に学院には用が無いんだからと
通り過ぎるとこの男の児は引き返して腕にぶら下がり
ご褒美を下さいと言ったらしい。
「思いがけない言葉に驚いて、自分は改めてこの児を見直した。
紺のジャケツに真っ白な麻の半ズボンをつけ、上等のキッドの黒靴を履いているところ、
寸分の隙もない百万長者の坊んちの身装である。
(何のために?)(私は今までお友達と遊戯していたのをやめて、貴方をここに案内しました)
(でも私は学院には何にも用が無いでしょう)ぶら下がっている両腕をするりと抜けて見返すと
男の児は血相を変えて口惜しそうに立っていた。やがて二、三歩踏み出した自分の背に
小さい石の塊らしいものがぶつかったのを感じた。」
彼はこれまで喜捨を請求されたのは乞食のような子供ばかりだったのにと書いている。

私はシリアを旅してこんな格好の子供たちを見たことはなかった。
当時はこのようなブルジョアの住む界隈が顕著にあったのだろう。
私が見たのはスークの入り口で物を売っている少年、買ってはやれないので日本のおもちゃを
あげたら喜んでいた。宮崎市定の旅した昭和12年からシリアはどのように変わったのか?
今は解決の見えない混沌の中である。

お昼に食べたもの。
b0287088_21131818.jpg

ダマスカスの本屋。
b0287088_2195376.jpg

ダマスカスの映画館。実はまだ旅先で映画館に入ったことがないんだけど。
b0287088_2112345.jpg

ダマスカスのお菓子やさんで。
b0287088_20482152.jpg

お土産にお菓子を買って帰ろう!
甘いキャンデーに木の実がのっているのが定番。
私はプラケースに入れてお土産にしたのだが。。。。帰国後、キャンデーはどうなったでしょう?
数日後木の実から虫が出てきてごみ箱直行となりました。
皆様、木の実のついたお菓子はご用心遊ばせ!

ポチッおねがいします
シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中


by slow33jp | 2013-10-11 09:40 | シリア | Comments(2)

岩山の渓谷にあるキリスト教の町 マアルーラ

宿が停電で不自由したので昨日夕方宿を変わった。
宿探しを大きな街でするのは結構大変だ。
首都なので宿も混むし、宿代も高い。800SP。1SP=2.36YEN
窓もない部屋でシャワーは共同しかないが、キャリーを持って宿探しも疲れるので
妥協して自分に言い聞かせる、「一晩だから、嫌なら変わればいい、寝るだけだから」
シリアはベッドはおおむね問題ないが、窓のない部屋がある。
b0287088_15484278.jpg

狭くてトイレのドアを閉めるのが一苦労、まあ一人なので。やっぱり宿変わろう!
b0287088_1549648.jpg


どこか郊外に行こうとなると違うバスターミナルにセルビス(乗合)を使っていくことになり
またそこで目的のバスを探すのが面倒だ。
どのバスか尋ねると、中には外国人というだけでわからないと去っていく人もいるし、
連れて行ってくれる人もいる。

今日の目的地はマアルーラ。
私の旅は2008年10月であるが朝日新聞2013/10/1によれば
キリストの古語・最古の教会に危機 反体制派アルカイダ系占拠 シリアの古都マアルーラ
とある。9月上旬から戦闘が激化、住民4500人がほとんど避難。イスラム教への改宗を強要。
本当に穏やかで美しい町だったが、どうなっていくのだろう?

ガラージュ・マアルーラからミニバスで1時間。ミニバスが着くともうこんな岩山がお出迎え。
b0287088_16135014.jpg

b0287088_16334329.jpg

山の上にホテルが1軒あるが高いので町で食べて行こう。焼き立てですご~く美味しい!
b0287088_16351382.jpg

急な坂を上り次に左に折れると、ギリシア正教の聖テクラ修道院。岩窟修道院のようだ。
b0287088_1638196.jpg
b0287088_16385746.jpg

修道院から さらに道を進むと人気の少ない山峡がある。ヨルダンのぺトラみたい。
誰か歩いていて良かった、ほっ!
b0287088_16392693.jpg

マアルーラの町にはタクシーがいないので のんびり歩こう!眺めも空気もいいねえ。
b0287088_16395570.jpg

今は山上のホテルはアルカイダ系イスラム過激派が陣取っているらしい。
イエス・キリストが使ったとされる古語アラム語の残る町が
狙撃手が配置されてる町に変わってしまった。
こうして洗濯物の干してある日常から人々がいなくなるなんて。。。
b0287088_16402492.jpg

山の上のマアルーラホテルの横の小さなギリシアカトリック聖セルジウス修道院を見て
また元のミニバス乗り場に戻り少し待ってからダマスカス市内に戻った。

スークでアイスクリーム。木の実がいっぱい。味は?う~ん。。。
b0287088_16565840.jpg


ところでまた宿探し。シリア最後の夜となるので少しきれいな部屋に泊まりたい。
空港バスターミナルにも近いスルタンホテル30$。
水回りがきれいだし英語のわかるフロントだ。
b0287088_194811.jpg
b0287088_19484266.jpg


宿も決めたし 次はヒジャーズ駅へ。
b0287088_19495855.jpg

1917年のオスマントルコ時代に作られた駅で天井や内部の装飾が美しい。
実際は列車は乗り入れておらず5km離れたカダム駅から乗ることになる。

夕食は韓国料理!
ネットで仕入れた情報でアルハラメインホテルの反対側にバッテン印が付いているドアが
あるという。どうやらそこが韓国宿で夕飯も提供してるらしいんだよね。
恐る恐るドアを開けてみたら、やっぱりここでした!
b0287088_1956116.jpg

やっぱりご飯!キムチも美味しい。350SP。あ、これ3人分。他にお魚がつきました。
そこに泊まっているという日本人カップルと一緒に食事した。
世界一周してる彼らは二年間で400万円貯めたんだって!すごいよね。
旅の話で盛り上がる。帰国してからも彼らのブログを追いかけた。

あ~、明日はシリアともお別れだあ!


ポチッおねがいします
シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中


by slow33jp | 2013-10-09 17:06 | シリア | Comments(2)

ダマスカスぶらぶら

さあ、スークに。と言って写真が入り口付近のピンボケだけ。
これではきれいなスークが紹介できませんねえ。
買い物に夢中になって写真撮るのを忘れてます。
b0287088_16524845.jpg

スークの中はすごいんです。広~い、おまけに横道もいっぱいあって迷いそうです。

ここで買い物したのは子供用ドレス300SP、 子供靴200SP、子供用髪飾り100SP
大人の靴240SP。写真がないのが残念。
イエメンのサナアでもちょうちん袖のドレスを買ったけど シリアはデザインがいいし
安い。お姫様ごっこ用ですが。

というわけで歩き回り疲れて
b0287088_1703357.jpg

すてきなレストランでお茶だけ。スークの中をシャイのカップををお盆に乗せて
配達してるのは良く目にするんだけど 道端で座って飲めるところが見つからなかった。

聖アナニア教会の地下礼拝堂。聖アナニアはダマスカスで最初のキリスト教司教で
新約聖書では、失明したサウロに洗礼を授け、彼の改宗を促したとされる。
b0287088_21434126.jpg
b0287088_21435516.jpg


旧市街の裏道。
b0287088_2115862.jpg

ヨーロッパとトルコ風がミックスされたような裏道。
b0287088_2132592.jpg

b0287088_2145669.jpg


b0287088_21483790.jpg
b0287088_21485764.jpg

b0287088_21501679.jpg


町の通り。
b0287088_21165385.jpg


夕飯は入ったレストランに偶然 日本人の大学生のお兄さんが食べていたので
同席させてもらった。220SP。
聞けば 初めての海外旅行がシリアなんだそうな!
おしゃべりしてて 夕飯の写真がないけど 料理はまあまあ、ホブス(シリアのパン)は
冷たくてまずかった。
ホブスは焼き立ては美味しいけど 冷たいと美味しくないんだよね。
貧しくてもいっぱい食べられるようにホブスの値段は安めにしてあると何かで読んだけど。

ポチッおねがいします
シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中


by slow33jp | 2013-10-08 17:04 | シリア | Comments(0)

ウマイヤド・モスク ダマスカス

1400年にわたってシリアの歴史の舞台でありシンボルである ウマイヤド・モスク
b0287088_2028856.jpg

入場料50SP。
女性は灰色のマントを借りて、 またイスラム教徒以外は違う入り口から入ります。
b0287088_2032324.jpg

東西157m、南北100m。すごく広い!
b0287088_20342147.jpg

緑の木々が生い茂り、清流が流れ処々に東屋ある情景はコーランに語られる天国であるとも、
ダマスカスを潤すバラダー川の上流の景色ともいわれる(シリアレバノンを知るための64章、明石書店)
金銀を贅沢に使ったモザイク壁画です。

b0287088_20444145.jpg

ダンスカス市民の憩いの広場ですね。
b0287088_20451112.jpg

子供たちも走り回っています。
b0287088_20464659.jpg

b0287088_20493948.jpg

私はというと、もうモスクに入る前から3人のシリア人美女に囲まれて歩いてます!
もちろんマント着用ですよ~。
b0287088_20514017.jpg

いやあ、ため息の出るような美しさでした。もちろんモスクです。あ、女性も!
化粧しなくても十分きれいだと思うけど。。
b0287088_20542290.jpg


ポチッおねがいします
シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中


by slow33jp | 2013-10-07 20:55 | シリア | Comments(2)

タルトゥースからダマスカスへ

朝 身支度を済ませ部屋を出ようとする時、このハプニング!

どうしょう?ドアが開かない!!
えっ、えっ、あれっ?
ガチャガチャ鍵を回してみるも、どうしても開かない!
ドアを叩いてみても、(誰もいない!)

窓からHELP!と叫んでみても、窓は隣の壁に面してる。
頭が白くなった。このまま、ここにいないといけないのか?
いや、宿代を払っていないから、おじさんは変に思ってくるだろうけど、
いつになるか?
ダマスカスへ着くのが遅くなるなあ、なんで鍵にはいつも悩まされるのか!

鍵をガチャガチャ、ドアを叩く、窓から叫ぶを繰り返し。。。
あれっ、電話があるじゃないの?
この宿は地球の歩き方にあったから、電話番号は。。
電話するもブルルルと返事無し。
何度も電話してみる。おっと、つながった!
「おじさん、ドアが開かないよ~!」

しばらくして、足音がしておじさんがきてくれて鍵をガチャガチャ。
すぐに開かない。おじさん、いくつも鍵を試していた。
開いた!おじさんにハグしたい気分だった。
宿を出て一緒におじさんの店に行ったら奥さんもいたのでエコバッグをあげた。
バイバ~イ!あ~あ、疲れた。

バスターミナルへ急ぐ。ダマスカスへのバスは少し待ち時間あり。
道端でコーヒーを飲む。20SP。50円くらいか?年季の入った道具だ。
b0287088_213033100.jpg

ダマスカスへのバスは所要3時間。170SP。
途中1回トイレ食事休憩。シャイ&サンド55SP。
注文の仕方がわからなくてもすぐ周りのシリア人がHELPしてくれる。
すぐ横の線路を貨物車が走っていった。
b0287088_21374439.jpg

ダマスカスのガラージュ・ハラスターへ到着。市街地へバス。
また宿探し、1軒full。2軒目でOK。フロントが2階なのがこたえる。1200SP。
b0287088_21422812.jpg
b0287088_2143341.jpg

この宿 停電で不自由したので(町全体でなくこのホテルだけ)チェックアウトの時に
値引きしてと頼んだがダメだった。。いやなので宿変わろう。。あ~、疲れる。

さあて、ウマイヤド・モスクとスークを見に行こうか。
歩いていたら日本人の兄ちゃんと会う。
チキン食べない?
美味しい店と紹介されチキンがぐるぐる回ってる。チキンハーフを2個ね。
チキンは最初は美味しいのだが 味に深みがなく飽きてくるし油っぽい。
近くのベンチで一緒に食べておしゃべりして別れる。


ポチッおねがいします
シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中


by slow33jp | 2013-10-04 21:55 | シリア | Comments(4)

アルワード島 タルトゥース

アルワード島

タルトゥースの船着き場から小型船が出ている。往復50SP。所要30分。
古くはカナン人が集落を作ったと言われ、十字軍の時代には本土の城塞が次々と陥落する中
キリスト教徒の最後の砦となった島らしい。

町を歩くと子供たちがいてキャンデーをねだるのであげたら、通りかかった大人に
怒られていた。こうして地域で大人がきちんと躾をしているっていいなあ。
ちょっと私も反省!

島は造船が盛んで、といっても木造船だが、見ているととても面白い。
30分ほど見ていた。写真がSDカードのミスでないのが残念。
ここから写真が復活?船を眺めながらお茶を飲んで。
b0287088_15343899.jpg

13世紀に十字軍が建てた要塞。
b0287088_1536324.jpg

船はこの島で作られる。
b0287088_15374473.jpg

例のアサド大統領の銅像、アサド父なのか、息子なのか?
b0287088_1538963.jpg

通りを歩いていても潮の香りがしてきます。普通の人の暮らしです。
b0287088_153907.jpg

島には自動車が一台もなく、路地を歩き回る。
b0287088_15392533.jpg

帰りの船。
b0287088_15395048.jpg


タルトゥースに着いて、宿のおじさんに教えてもらったレストランでまたスープ。
魚料理は高いので1人でもったいないと思うところがケチな旅人!
アルナビールというお店でした。250SP。昼はおしゃれな海沿いの店で500SP。
b0287088_15475533.jpg


明日はバスでダマスカスに戻って また宿探しかあ!

ポチッおねがいします
シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中


by slow33jp | 2013-10-03 15:50 | シリア | Comments(4)

写真の無いタルトゥースの思い出!

ラタキア行の電車に乗るために宿を早朝5時過ぎに出ないと。。。。そう思って
心配性の私は(もちろん、目覚まし時計は持ってるけど)なかなか眠れず、
眠れない、トイレに行きたくなる、眠れない、トイレ。。と共同トイレに行くために
部屋のドアを自動施錠して開錠してを繰り返す。あ~、おばさんはつらいわ~。

5時過ぎに宿を出ようとしたらしっかり施錠されていて出られない。
宿の人はどこ?ようやく開けてもらい 真っ暗な外へ。
タクシーもいないし、キャリーを引いて駅の方角へ。暗いからやばいな~。
途中でタクシーが来たので駅まで。50SP。

駅で切符を買おうとする時 大学生のお兄ちゃんGhassanがhelpしてくれた。
出発まで話してボールペンをあげたら喜んでいた。
シリアの体操の特別チームに入っているんだとか。日本にはサスケという番組があってね、と
話すと興味深々。後で片手で逆立ちしてる写真をメールてきた。
一体彼もどうなったんだろう?

私のSDカードの不備で(泣)ラタキアからタルトゥースが写真がないんだよね!

電車は一等75SP まあ普通の電車というかちょっとぼろいけど。
4時間経ってラタキアに到着。ガラージュまで歩きタルトゥースまでの切符を買う。65SP
バスで1.5時間。また宿探し。

バックパッカー宿のホテル・ラフォールを見つけ、商店を開いているオーナーに
今日泊まれるかと聞いたらなんとFULL。
え~、ここに泊まるためにタルトゥースに来たこと、日本人にはいい宿として有名だから。。などと
話していたら いいよとのこと。
えっ、fullじゃないんだ~。
おじさんは部屋を案内して どうだい、いい部屋だろうという。300SP 1SP=2.36YEN
確かにシンプル、トイレシャワー付きシングル。ありがと!
で、他に宿泊客がいる気配無し、夜も。え~、なんだったの?
これが翌日ひどいハプニングにつながるとは。。
おじさん、宿はめんどくさかっただけ?

で、目指す地中海は宿から歩いて行けるのだが、まるでヨーロッパのリゾートの雰囲気だった。
写真がないのが残念だが、すご~くおいしいシーフードのスープを食べた。

それからタクシーをチャーターしてサフィータへ。
30km離れた380mの尾根に広がるサフィータの町はこじんまりとしていい感じ。
タクシーのおじさんがここがサフィータだと言うのだが私が行きたいのはボルジュ・サフィータ。
おじさんを無視して歩いていくことにした。往復って言ったのに片道とか言ってくるし。
タクシー料金まだ払ってないから、おじさんを無視して歩いて行った。
大分離れているので車で連れてきてほしかった。言葉が通じていなかった。

ボルジュ・サフィータは十字軍の要塞で全く足がかりのない27Mの壁を持つ。
今はギリシャ正教の教会として使われている。
このブログに町の写真がありますよ。
優しい世界の作り方
タクシーのおじさん、やっぱり待っていた!お金払ってないから当然か。
行ってきたと言ったら連れていったのにと言う。だったら最初に連れて行かんかい!
アルワース島に行く船着き場で降ろしてもらった。
まだ文句言ってるおじさんに約束通りに400SPを払い ペンと旅館でもらう足袋をあげた。
あ~、JAPANESE!とため息をつかれた。。


ポチッおねがいします
シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中


by slow33jp | 2013-09-27 20:56 | シリア | Comments(2)

アレッポ

ハマからバスでアレッポは2時間。150SP。
バスはゴージャスで乗りご心地良し!もちろん安いバスもあるよ。
b0287088_2042122.jpg

オリーブ畑を駆け抜けてアレッポに着くとお出迎えは 皆さんご存じのあの人、アサド大統領!
b0287088_2044532.jpg

ともかくシリアでは大なり小なり彼の銅像を見ないわけにいかない。
写真もあちこちに貼ってある、バスの中にも見たし。

バスはまた郊外のガラージュに着くのでバス30SPで市内へ。
宿探しは面倒だ。歩き方のホテルを目指すが、あっちで聞き、こっちで聞き。。
こんな狭い通りとは思わなかった。
路上駐車が多く、バイクや車の修理やさんが多い通りだ。
とりあえずツーリストホテル発見。
シリアの宿探しで困るのは、フロントがほとんど2階以上なんだよね。
キャリーを持ってえっちらおっちら上がり、「部屋ありますか?」「full」と言われると
また同じように上がり降り。。
b0287088_20515879.jpg

ツーリストホテルがトイレ付がなかったので荷物を預かってもらい、近所の宿を
チェックすることに。
満室だったり、ようやく探し当てたスプリング・フラワー・ホテルはまた窓の無い中部屋で
これは却下。すごすごとツーリストホテルに戻る。
ツーリストホテル900SP。1SP=2.36YEN 清潔そうだ。
b0287088_2114815.jpg

b0287088_2122137.jpg

トイレシャワーは共同だが部屋の真ん前。
b0287088_2133757.jpg

トイレシャワーが共同だと、いちいち部屋を施錠しないといけないのだが、
私はあの旧式の鍵が苦手!不器用にもにもほどがあるが。。
ただこの宿の鍵はドアを閉めれば自動施錠だったので助かった。

アレッポのメインはアレッポ城。下の道路から見ると高さ40mの丘。
b0287088_1557875.jpg

巨大な楼門を入りましょう。入場料150SP
b0287088_15575252.jpg

籠城時には水を満たしたとされるが今は空。
b0287088_1601446.jpg

馬蹄形を一面に打ち付けた「獅子の門」
b0287088_1603833.jpg
b0287088_161730.jpg
b0287088_1615082.jpg
b0287088_1621991.jpg
b0287088_1624353.jpg
b0287088_163644.jpg

荒廃していなければどんな城だったのか?城というより要塞として幾多の戦禍にさらされ
11世紀には十字軍に打ち勝ち1260年にはモンゴル軍の来襲を受け、
1516年オスマン朝併合、その後にシリアを支配したフランスも城内に軍隊を置いたと言われる。
b0287088_1634164.jpg

b0287088_16253538.jpg


アレッポ城の前に広がるのが巨大かつ混沌としたスークだ。
Let's try!アレッポで石鹸を買ってみよう。
ただどれが本当に高いものやらわからない。店主は切り口を見せてほらこれが
本当の、、、と話始める。結局、石鹸2個400SP。重い!
東急ハンズのハンズメッセでいつも500円くらいのものを買っているが
どう違ったか?ごめん、レポートできません。

こんなもの食べて
b0287088_16492995.jpg

子供の靴を買った店の兄ちゃん。これ、日本製だよと自慢げに携帯を見せてくれた。
b0287088_16511543.jpg

俺たちも撮ってよと、ホント、フレンドリー。
b0287088_16514563.jpg

スークの中では少年がなにやら奇妙なものを売っているけど??
b0287088_16541761.jpg

シリア名物のお菓子。木の実がなんでもついている。お菓子やさんはきれい。
b0287088_16545255.jpg

b0287088_16595115.jpg

これは何?教えて下さい。
b0287088_16554626.jpg

スークの中にはモスクもあって
b0287088_164167.jpg

お肉やさんも。
b0287088_171445.jpg

あ~あ、疲れた!甘いものが一番!
b0287088_1715525.jpg


もう一日アレッポを見るか、電車でラタキアに行くか、後ろ髪惹かれるのが
Dead Cities!1500年もの間打ち捨てられたたくさんの集落、なぜ廃墟と
なったのか、シリア人にもわからないらしい。

やっぱり電車で地中海を見に行こう!早朝の電車は6時過ぎ。
早く寝なくちゃ、あ、その前に宿代払っておかなくちゃ!

ポチッおねがいします
シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中


by slow33jp | 2013-09-25 21:10 | シリア | Comments(2)

水車の街 ハマ

名物の水車は今も川から用水路に水を汲みあげる現役だ。
中部の観光に日帰りで行かれるハマの街は水車を眺めながら気持ちまでゆったりしてくる。
b0287088_2146253.jpg

歩いてきた高校生くらいの少年に近くにレストランがあるか聞いたら連れていってくれた。
ちょっと高級そうなので躊躇したが、お腹も空いているので入ってみた。
b0287088_21495658.jpg

すばらしいレストランです!
b0287088_21505473.jpg

で、オーダーしたのは、スープとサラダとじゃがいも。えっ、そんだけ?
ウエィターにあまりお腹空いてないからと、見栄トーク。
b0287088_21532071.jpg

内装も素晴らしく、お味も良かった。もちろんメインは高そうでしたよ~、て、ゆうか、私がケチ?
私の食べたのは330SP。1SP=2.36YEN
b0287088_2154111.jpg

ハマの旧市街。
b0287088_21572256.jpg
b0287088_21575899.jpg

木造の水車。日本の水車と少し違う雰囲気。
b0287088_21584665.jpg
b0287088_21592931.jpg

b0287088_2275689.jpg

裏を歩くとこんな場所もあったり。
b0287088_2202621.jpg

リアドホテルに2泊したので日本人パッカーに会えて日本語しゃべれて楽しかった。

明日はアレッポ。

ポチッおねがいします
シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中


by slow33jp | 2013-09-24 22:08 | シリア | Comments(0)


     体力ゼロ         好奇心いっぱいの一人旅      イエメン大好き


by カフカフカ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
イエメン
ウズベキスタン
エクアドル1
エクアドル2
コロンビア1
コロンビア2
カンボジア
キューバ
クロアチア
コソボ
シリア
シンガポール&マレーシア
バングラデシュ
台湾
ブルガリア
ボスニアヘルツェゴビナ
マケドニア
ヨルダン
ベトナム
イラン
旅のお土産
旅あれこれ
旅の病気
国内
散歩
オカやどかり
タイ
ミャンマー
アルメニア
未分類

最新の記事

おもしろ銅像?♪アルメニア一..
at 2017-04-21 07:29
アルメニアは物価が安くて申し..
at 2017-04-20 13:08
ホッカイロ持参で来てみたらア..
at 2017-04-17 22:21
富士山は見えなかったけど♪青..
at 2017-04-13 09:03
家康公の遺訓♪ 久能山東照宮..
at 2017-04-10 17:31

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月

最新のコメント

juju3291aさん ..
by slow33jp at 02:12
ぶらりさん アルメ..
by slow33jp at 01:54
すごい カスピ海の横で..
by juju3291a at 20:02
トビリシのハマム前にある..
by ぶらり at 17:55
 chieさん イラン..
by slow33jp at 08:36
sanaeさん ひどい..
by slow33jp at 08:33
最近ブログの更新してなく..
by chie2317 at 22:45
待ってました!!帰国後の..
by sahne-miz at 22:26
JXさん 読んでいただ..
by slow33jp at 14:16
こんにちは。 はじめま..
by JX at 10:55

外部リンク

フォロー中のブログ

検索

ファン

記事ランキング

画像一覧