カテゴリ:国内( 113 )

いろんな地獄があるよ! 不気味な静けさの宇曽利湖!恐山はすごい♪

2016.9.26

b0287088_1704596.jpg

恐山にある本山栄一という歌人の石碑。

明治40年大湊町出身、大湊の製材所で働きながら歌人となった人の歌だ。
地獄を巡りながら、私も石を積む。

恐山の地図。
b0287088_17324133.jpg


さあ、地獄は怖いけど避けて通れぬ。
帰りのバスまで3時間もあるのでゆっくり回ろう。
b0287088_17342339.jpg


すてきな似顔絵の描いてある石もある。
う~ん、油性ペン持ってくれば良かった!!
b0287088_1734385.jpg


b0287088_1735276.jpg

ガスが噴き出しています。
b0287088_17353488.jpg


b0287088_1736774.jpg


恐山には塩屋地獄、重罪地獄、金堀地獄、どうや地獄、賭博地獄、血の池地獄など
たくさんの地獄があるんだけど無間地獄とは分らないだけに怖い!

b0287088_17362496.jpg

こんな立札も!そういえば熊に注意!という立札もあったような?
b0287088_17363681.jpg


b0287088_19175951.jpg


b0287088_19182954.jpg


b0287088_19184514.jpg


宇曽利湖が見えてきた。
b0287088_19191574.jpg


b0287088_19203418.jpg


b0287088_1920546.jpg


b0287088_19211878.jpg


硫黄が流れてる!
b0287088_19215287.jpg


あちこちからガスが噴きだしてます。
b0287088_19231478.jpg

風もないのに 時々カラカラと風車が回りだす。
はっと後ろを振り返る。
死者が風を送ってるのだろうか?
b0287088_19235778.jpg

八角堂
b0287088_19242210.jpg

この八角円堂は死者が降りてくる場所といわれてるんだって。

死んだ人がお盆に帰ってきて下界で困らないようにって
裏手の木々に手ぬぐいが結びつけられてる。

 
この光景は怖すぎます!!!
あの世の近いばあちゃんにもここが一番怖かった!
b0287088_19252211.jpg


b0287088_19261869.jpg

お地蔵さまにも手拭いがかけられてるんだけど
なんか、怖いんだよねえ。。
b0287088_19264454.jpg

血の池地獄は周りの石が赤いだけ。。
b0287088_19273110.jpg

宇曽利湖
b0287088_19503942.jpg


極楽浜

b0287088_19511932.jpg


死んだ子どもが、両親の供養のために石を積んで塔を作るんだけど
鬼に壊されてしまう。
そして、地蔵菩薩に救われて、また石を積む…と云われてるそうですよ。
b0287088_19531270.jpg


b0287088_19542782.jpg


極楽浜に座って静かな湖面を眺め、静かな波の音を聞いていると心地よい。
リフレッシュというか、なんかパワーをもらえる気がする。

でも、極楽浜は普通の浜辺とはちょっと違う。

b0287088_19584640.jpg


ほーら、こんな水の色!
湖底から硫化水素が湧き出してるために水質が弱酸性。

でもこんな酸性の強い湖でも魚がいるらしい。
ウグイという魚らしいけど、
世界中の魚類の中でもっとも酸性度の強い湖に住む魚類とされる。

b0287088_19594875.jpg


b0287088_2092996.jpg


b0287088_2095413.jpg


b0287088_20105445.jpg


b0287088_20111995.jpg

ようやく戻ってきました。
b0287088_20122094.jpg


地蔵殿への回廊
b0287088_20124147.jpg


時間があるし、温泉に入る気満々♪
もちろんタオル持参♪

次は混浴風呂のご紹介です!
なにしろ温泉は無料だから入らないと損だよ~♪



シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-11-11 20:27 | 国内 | Comments(2)

さいはての勘違い!!私が恐山に行ったわけ♪

2016.9.26

お金がもったいないので図書館を利用している。

図書館の資料検索で旅と検索するとずらずらっと旅本が並ぶ。

その中にさいはて紀行 金原みわ というのがあり
b0287088_16564294.jpg


なぜかさいはてという言葉にぐっと来てしまった。

さいはて=下北半島と脳内地図が瞬く間に出来上がった!

下北半島といえば恐山だろう!
下北半島といえば大間だろう!
大間といえばマグロだろう!

しかしちょっと調べただけでもわかったけど、恐山はすご~く遠い。
恐山から大間~フェリーで函館もいいなと思ったけど
恐山から大間へはかなりの時間がかかり泊まらないと無理。
函館は北海道新幹線開通で混んでるので、やっぱ却下。

あえなく、私のさいはては恐山になった次第!

旅に出る前に予約したさいはて紀行は届かず
私は旅立った。

旅から戻り1か月後、図書館から「さいはて紀行」を借りてきたんだけど
なんと日野市からの借用本だった。

目次をひらいてぶっ飛んだ!!
b0287088_16572655.jpg

なんと金原みわさんのさいはては別物のさいはてだったんです!

作者の30歳の若さの好奇心は危なっかしくも ペーソスに満ちて
あっという間に1時間で読破。

なかでも宗教のさいはてが面白かった。

主イエスを信ぜよと言ったキリスト看板を作っている団体に突撃取材。
今は使われていない「死後さばきにあう」といったフレーズの看板を
数本もらってきて所在なげにクローゼットに入れてるという作者が
なぜか好きになった。

で、私のさいはて恐山だけど 結構遠かった!

泊まっていたウィークリー翔ホテルチトセのフロント横にあるキーBOXに
ルームキーを投げ入れてチェックアウト完了!

青森駅の青い森鉄道自販機で下北までの切符は買えず
窓口で買って下さいとのこと。
青森~下北2180円

さて青森駅から恐山へのアクセスだが
青森駅7:09 野辺地7:37 青い森鉄道
野辺地8:02 下北8:58 JR大湊線
バス恐山線行き 下北9:05  恐山9:48
     帰り 恐山13:00 下北 13:40

このバス便が一日3便なので不便だ。
恐山で滞在時間が3時間もあることに恐れる!

b0287088_17193572.jpg
b0287088_17195237.jpg

青い森鉄道からJR大湊線に乗り換える野辺地駅
b0287088_17212672.jpg

野辺地~下北は2両編成(トイレ付)
b0287088_17225912.jpg

進行方向右側に海が時々見える。
b0287088_1723499.jpg


到着した下北駅
バスの出発時間はすぐ。
コインロッカーにリュックを入れる。
なんと100円のコインロッカー 嬉しいな♪

恐山までのバスは途中から観光案内を聞きながら。
くねくねといろは坂のように曲がりくねる道をバスは登って行く。
レンタカーで行く人は気を付けないと!
バス代 片道800円。

途中湖が見えたあたりで急に硫黄の匂い!が、したと思ったら
終点の恐山だった。
b0287088_17301687.jpg

b0287088_17303613.jpg


恐山の入山料500円。

総門の横に六大地蔵
b0287088_17363044.jpg

総門を入ると
b0287088_17365346.jpg

山門が見えてくる。
b0287088_17371970.jpg

b0287088_17374789.jpg
b0287088_1738049.jpg

b0287088_17383198.jpg
b0287088_17385023.jpg
b0287088_17391491.jpg

側溝にも温泉が流れている。
b0287088_17393136.jpg
b0287088_19204961.jpg

地蔵殿から歩いて来た道を見てみる。
b0287088_19211387.jpg

硫黄の匂いがすごい火山灰に覆われた地獄を通って
b0287088_19225764.jpg


b0287088_19293230.jpg
b0287088_1930951.jpg

あのタオルは何ですか?とお寺の人に聞いたら
「あれは死者のための捧げものです」!
b0287088_19313569.jpg


さあ、これからあの世をうろうろさまよってこよう!

それにしても不気味感たっぷりの一人歩き。。。
お迎えも恐れない年ではあるけど。。




シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-11-06 19:39 | 国内 | Comments(6)

喫茶マロンでまったり♪青森ウオーターフロント散歩♪

2016.9.25

青森に行ったら ぜひ行ってほしいカフェ♪

地元の人にも愛されるカフェ マロン
こんなカフェが東京にあったらなあ♪

b0287088_16144662.jpg


弘前から電車で青森へ戻ってきました。

お腹空いた!

目指すはカフェマロン
スマホのマップのマイクに向かって カフェマロンと呼びかけます。

今回の一人旅はスマホをゲットしたのでとっても便利です。
まだまだ使いこなしてないけど。
特にスマホの道案内はどっち向いていくのか分らなかったり
ぐるぐると無駄な歩行をすることも多いんだけど
カフェマロンは青森駅からまっすぐ歩いて県庁通り沿いにあるので
すぐ分ります。徒歩10分かな?

その前にスマホでドラッグストアを検索。
マツキヨでサロンパス購入。
腰が悲鳴を上げてます!
あ~、10%OFF券忘れた~、ポイントカード忘れた~。。。
貧乏性が旅先までプッシュしてくる~!

カフェ マロン見つけ~!
あ~、いいねえ!この感じ。
b0287088_16252435.jpg

行くぜー、東北 青森の美食

店内混んでる~。
有名な地元民ラブのこのお店、席が一つ空いてて良かった!
腰が痛くて立っては待てないよ~。

b0287088_16354379.jpg

皆が食べてるのがとっても美味しそう!パフェとかね!
b0287088_16291263.jpg
b0287088_16293740.jpg
b0287088_16295371.jpg

ここで有名なのはジャマイカンカレーとナポリタン♪

残念ながらジャマイカンカレーは売り切れ!!
で、ナポリタン。
b0287088_16585639.jpg

う~ん、味がしっかり絡みついて私好み100%のナポリタンです!
とっても美味しい♪
小さなスティックサラダも嬉しい!
b0287088_1705227.jpg

次はコーヒー。
深入りでブラックでも本当に美味しい。
b0287088_172489.jpg

今こうして名前入りのカップを使ってる喫茶店って少なくなりましたよね。
形もいいなあ!
b0287088_1721937.jpg

いやあ、お腹も心もホントに満たされたあ!
とっくにランチタイムは過ぎてたんだけど、セットで880円。

さてぶらぶら街歩き。
それにしてもこのオブジェ、な~に?
日本一おいしい水のモニュメントというのは分ったけど
青森の方、何を表してるのか 教えてください。

b0287088_17232065.jpg


途中すてきなパン屋さん発見!
ドイツのパンを作ってるらしい。Montd'Orという店名。
b0287088_17235756.jpg

翌朝パン食べましたよ。ドイツって味でした!270円。
b0287088_17282092.jpg


突当りにドーンとそびえる三角形の建物が!
b0287088_17302149.jpg

歩いてる人にあれはなんですか?と聞いたら
青森県の観光物産館アスパムというんですって。
青森県観光物産館アスパム

とりあえず行って見る。
お土産やねぶたが飾ってあったり眺めのいい展望室も。
b0287088_17324344.jpg

b0287088_17325962.jpg
b0287088_17331164.jpg
b0287088_17332372.jpg

ここからはウオーターフロントの散歩が楽しめるようです。
どうやらこの辺りが青い海公園
b0287088_17355659.jpg

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸と青い海公園を結ぶ遊歩道 青森ラブリッジ を渡って 
b0287088_17361252.jpg

おしゃれな外観のA-FACTORY
A-FACTORY

b0287088_17434366.jpg

青森県産品やお土産などがステキに売られてるので
おもわず買ってしまいました。
b0287088_19132593.jpg

b0287088_19134240.jpg

リンゴのマカロンや大間のとろろ昆布などあまりかさ張らないものに限定。

2Fはシードル工房というのになってました。
なんとなく映画「サイダーハウス・ルール」のトビー・マグアイアの
感情を抑えた表情を、主人公の育った孤児院の環境などを
リンゴがらみで思い出した。いい映画だったあ!

A-FACTORYの前にはねぶたの家「ワラッセ」があります。
b0287088_1925635.jpg

建物のデザインがいいです。
b0287088_1926128.jpg

入らずに中をちょろっと見ただけ。
b0287088_19264013.jpg

b0287088_1927356.jpg


ここから泊まっているウイークリー翔チトセはホントにすぐ!

今日は日曜日。
日曜日に閉まってるホテルのフロント、日曜日にチェックインできないホテル!!
面白いですねえ、こんなホテルもあっていい。
土曜1900円から日曜1000円の宿♪ 青森行ったら泊まらないと損♪


夕飯は弘前の中央市場で買ってきたお惣菜300円とおにぎり123円。
デザートが大学芋150円。
b0287088_1931912.jpg

この大学芋は普通の甘いたれのかかったのではないんです!
食べてみてとしか言えない、ホントに美味しい。
ちょっと食べすぎた夜。。

旅先ではシャワーで済ますんだけど、腰痛のため、
風呂にお湯を張って温めました。
小でぶのばあちゃんにはまあ入れるスモールサイズの風呂でしたが。

明日は恐山行くぞ~?
恐山の後は どうする?
それが問題だ!!




シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-11-01 19:49 | 国内 | Comments(6)

弘前にはレトロ建築も回り切れないくらいあるよ~♪

2016.9.25

急に旅にでたので弘前のガイドッブクを持っていなかったけれど、
まさに私にぴったりの情報マップを観光案内所でゲット!!
b0287088_17431183.jpg

弘前では
歴史的な街並みの雰囲気がある、
時代の生活文化が感じられる、由緒由来がある、
建築文化を物語る特徴的なもの、地域のシンボルとして親しまれているなどの
選考基準をクリアした建築後50年を経過した建物をこのガイドブックに収めています。

なのでこの冊子を持って、
お城のある弘前公園を中心として駅に向かってグルグル歩いただけ。

洋館も教会もいっぱいあって

弘前は洋館巡りが楽しい♪ アップルパイも美味しい♪

弘前の3教会巡り♪ 昔の人たちは教会に異国やロマンを感じたのかな?

レトロな趣のある建物もいっぱい!

★翠明荘
 青森銀行元頭取の別邸。昭和8年築。
b0287088_17583341.jpg

b0287088_17585942.jpg


★石場旅館
 明治12年築
b0287088_1804096.jpg


★弘前市立観光館
 弘前ねぶたや屋台など展示されてますよ。
 旧弘前市立図書館に隣接。
b0287088_17475731.jpg

b0287088_1752516.jpg


★三上ビル
 昭和2年築。
 アールデコのデザインですが メンテナンス状態が悪くてもったいない。
b0287088_1855855.jpg

b0287088_1862195.jpg


★青森銀行記念館
 入館券200円
 建築:明治37年
 設計は旧弘前市立図書館などを設計した堀江佐吉。
b0287088_18155523.jpg

b0287088_18162084.jpg

 手入れの行き届いた長いカウンターが続いています。
b0287088_18165086.jpg

b0287088_18204621.jpg

 曲がり階段。洋館の楽しみは階段♪
b0287088_182163.jpg

b0287088_18255615.jpg
b0287088_18261885.jpg
b0287088_1826425.jpg

 窓は防犯防火のために土戸で塞ぐように工夫されてるんだとか。
b0287088_18271619.jpg

 圧巻はこの部屋だろうか!
 何と柱がないのにこの広さ!
 天井の壁紙は聞いてみたら昔のままらしい。
 金唐皮紙(きんからかわかみ)というもう今では見られないもの。
b0287088_1829616.jpg

 天井が濃い色の壁紙なので圧迫感があるけどこの広さです。
 今なら柱のない建築も容易だけどね。

 この階段は展望台を兼ねた装飾塔に上がるためのもの。
b0287088_18375079.jpg

b0287088_1840291.jpg
b0287088_18401866.jpg
b0287088_18404393.jpg


街を歩いていても古い建物が目につきますね。
b0287088_18454014.jpg


伝統工芸品店もすっきりと
b0287088_18534333.jpg

b0287088_18544673.jpg


土手町の方に歩いてきました。
アーケードがあるので雪の日は歩きやすそう。
b0287088_18555492.jpg

b0287088_1857473.jpg


ここ見たかったんです♪
★一戸時計店
 明治32年築。
 赤いとんがり屋根の時計やさんですよ~。
b0287088_18574828.jpg


★開雲堂
 昭和3年築。銅板の外壁のお菓子やさん。
b0287088_18593976.jpg


すぐ隣接しているのが
★弘前中央食品市場
b0287088_1904391.jpg

b0287088_1912869.jpg

b0287088_1923280.jpg

ここでおかずを2種類300円買いました。
お願いして少量売ってもらいましたよ。
これにおにぎり買えば今夜の夕飯!
b0287088_1925072.jpg

途中で気になっちゃったのが、この大学芋屋さん♪
b0287088_197868.jpg

思わず買っちゃった!!

b0287088_1992046.jpg

b0287088_1993688.jpg


あれ~、火の見櫓見つけ!!
b0287088_19103782.jpg


遠くに見つけた赤レンガの倉庫?
b0287088_19112563.jpg

b0287088_19114564.jpg

どうも入り口がこのシャッターしかありません。
音楽が聞こえています。
中見たいなあと思ってたら若者が自転車でやってきました。
弘前大学の軽音楽部で使ってる建物らしいです。
シャッター開けて中を見せてもらいました。
b0287088_2011198.jpg


名曲喫茶ひまわりを探して歩いてたんだけど見つからず、ギブアップ。

駅までバスに乗ろうか、タクシーに乗ろうか、と考えながら
歩いてしまいました。
弘前駅からまた青森駅へ戻ります。
b0287088_2015882.jpg


ガイドブックも無かったけど観光案内所に行けば
詳しい街歩きの情報が無料で手に入るので
行き当たりばったり旅にはうれしいですね!

ほら、こちらは趣のある風景バージョンですよ。
b0287088_20193445.jpg

どちらがあなたの好みかな?
弘前に行ったら観光案内所に行ってみて♪



シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-10-29 20:37 | 国内 | Comments(2)

弘前の3教会巡り♪ 昔の人たちは教会に異国やロマンを感じたのかな?

2016.9.25

弘前の教会は 美しく、アットホームな雰囲気。
ちょっと和洋折衷だっり、東北ならではの工夫が見られたり。
アケビ細工の献金かごも♪
年月に耐えて教会を守るのは大変そうだ。
b0287088_1933554.jpg


訪れたのがあいにく日曜日!

礼拝があるし、礼拝の後はいろんな会合も開かれるし、
中を見せていただくのは無理かなと思ってたけど
12時過ぎだったので内部を見せていただくことが出来ました♪

★弘前カトリック教会
 
b0287088_19434275.jpg

 ロマネスク様式の木造モルタル建築。1910年建築。

b0287088_1947076.jpg

 内部はすっきりとしていて 今まで見てきたカトリック教会とは少し雰囲気が違う。
 
b0287088_19494050.jpg

 この祭壇は1866年のゴシック様式でオランダから譲り受けたものらしい。
 
b0287088_1953435.jpg

b0287088_19542222.jpg

 岩木山や津軽三味線、リンゴなど弘前名物が描かれているのは面白い。

b0287088_19565049.jpg

 椅子の下は絨毯ではなく畳!

b0287088_19581349.jpg

 祭壇側から見た会堂の後ろ部分。

b0287088_19593511.jpg


★日本キリスト教団 弘前教会
 
b0287088_202553.jpg

 創立1875年(明治 8年)という東北最古のプロテスタント教会。
 建物からして圧倒されますねえ。
 二つの塔を持つゴシック風木造建築。

b0287088_2054189.jpg

b0287088_2063289.jpg

 弘前の伝統工芸のアケビ細工の献金かごにはびっくり♪

b0287088_208413.jpg

 背面はふすまで仕切られています。 
 会堂には後ろに2 階部分。
 上がらせていただきました。

b0287088_20105847.jpg

b0287088_2011361.jpg

 30畳もある和室!
 窓と畳と照明部にはモールディングもある和洋折衷。

b0287088_2016274.jpg

b0287088_20131338.jpg

b0287088_20172352.jpg


 2階からみた会堂

 日本キリスト教団は全国各地にありますがここは比較的大きな教会ですね。
 
★弘前昇天教会
b0287088_2030283.jpg

b0287088_20302964.jpg


 建築:1921年(大正10年)
 青森県重要文化財
 設計者:アメリカ人のジェイムス.M.ガーディナー
 どこかで見たと思ったら山手イタリア山庭園の外交官の家もこの人の設計だった。
 ↓写真は外交官の家
b0287088_17121097.jpg

ついでに横浜山手の洋館も見てくださいね。2015年のハロウィンです。
ハロウィンの魔女探し♪ 横浜山手洋館のハロウィン装飾巡り!
 

さて弘前昇天教会の玄関入ると
b0287088_20393867.jpg

この入り口部分は明治学院のチャペルの入り口と似ていますね。

b0287088_2041262.jpg
b0287088_20413262.jpg
b0287088_2042189.jpg
b0287088_20421950.jpg
b0287088_20424983.jpg
b0287088_20432327.jpg

聖堂の後ろはふすまで仕切られる。

b0287088_20442828.jpg

このひもが建物の最上部の聖なる鐘を鳴らすんですね。
毎日朝夕の礼拝の時に鳴らされるようだけどどんな音がするんだろう?

ちょうど牧師先生?にお話しお伺いすることが出来ました。
弘前は空襲が無かったことが幸いしたとのこと。
それにしてもこの聖堂のレンガの時を経た美しさ。
メンテナンスも大変なことでしょうね。
b0287088_2175846.jpg


当時の人々は讃美歌の響くハイカラな教会の建物に外国を感じたんだろうな?
弘前の街が東北の中でも抜きんでて新しい文化を取り込もうと
意欲に満ちていたんでしょうね♪

3つの教会はいずれも弘前の洋館やレトロ建築巡りの中で
歩いて見付られますよ。

それにしてもロマンあふれる弘前、
次のレトロ建築巡りも見てくださいな♪




シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-10-27 21:27 | 国内 | Comments(0)

弘前は洋館巡りが楽しい♪ アップルパイも美味しい♪

2016.9.25

前にいつ来たか思い出せない弘前の町。
弘前城は覚えているけど、ここは見たのか見なかったのか?

b0287088_20212797.jpg


洋館やレトロ建築に興味を持ったのは
建築探偵という藤森昭信氏の本と出会ったから。

それまでは都内の名画座巡り。
洋画3本建てを見て、頭ふらふらで映画館から出て来て
ここはどこ?私は誰?状態♪

そんな私が一気に外へ。
もちろん昔から一人旅は好きだったけど。
ま、昔話は後にして。

ウィークリー翔ホテルチトセでポットでお茶を沸かしておにぎりで朝食。
土曜1900円から日曜1000円の宿♪ 青森行ったら泊まらないと損♪
ホテルから青森駅へは徒歩5分なので助かる。

青森~弘前670円片道 所要50分くらい。

電車内からはこんな景色のプレゼント!
b0287088_20273085.jpg
b0287088_20274669.jpg
b0287088_2028052.jpg

刈り入れ前の黄金色に感動!

電車内では隣のおじさんとも話せて楽しかった!
近辺に田んぼアートもあるんだって。
一人旅って寂しくないよ♪ 東北旅で出会った人々♪



弘前駅では土手町循環100円バスがまだ出なかったので普通のバス200円で市役所前下車。
車内で「暴力団にお困りの方は〇〇警察にお電話を。
電話番号は〇〇〇〇やくざゼロ」とアナウンス。
弘前の町も困ってる?

市役所前で降りると目の前には
b0287088_2033139.jpg

スターバックス弘前公園前店
大正6年に建設された旧第8師団長官舎で、国の有形文化財として登録されている建物。
b0287088_20344579.jpg

b0287088_203567.jpg

中もステキみたいだしお茶したかったけど。

ここから歩いて5分の大正浪漫喫茶室(藤田記念庭園内)
弘前出身の実業家 藤田謙一が、大正年間に別荘として造らせたもので、面積は、2.18ヘクタールあり、高台部には登録有形文化財の洋館、和館、考古館などのほかに、岩木山を望む庭園が広がり、低地部には茶屋もあり、四季折々に自然を楽しむことができるみたい。

b0287088_20491966.jpg

庭園も見事らしいが今回は洋館が目的なので こちらへ直行。
b0287088_2050562.jpg

b0287088_20514121.jpg
b0287088_20521676.jpg
b0287088_20525025.jpg

この暖炉前のスペースいいですねえ。
b0287088_20531045.jpg

b0287088_20542977.jpg
b0287088_20551477.jpg
b0287088_20555884.jpg
b0287088_20562042.jpg

喫茶室以外は無料で入れますよ。

楽しみにしていたのは喫茶室。
b0287088_20573165.jpg

b0287088_20583913.jpg

b0287088_20594480.jpg
b0287088_2101462.jpg
b0287088_210434.jpg
b0287088_211352.jpg

アップルパイセット720円。
オークレールという土日限定のアップルパイ、とっても美味しい♪
リンゴの触感がサクサクと残っています。
珈琲の街ひろさきといわれるだけあって、コーヒーもまろやか。
b0287088_2114496.jpg


実は弘前は庶民として日本では初めてコーヒーを飲んだと言われてる。
昔は和装に白エプロンの女給がコーヒーなどを運ぶカフェーが流行していたんだって。
ハイカラな街だったんですねえ。

b0287088_2115177.jpg

パッチワーク風のレンガの玄関から次に向かうのは
旧弘前市立図書館
建築:明治39年(1906)
b0287088_21174237.jpg

b0287088_2119915.jpg
b0287088_21192689.jpg

婦人閲覧室
八角形の双塔部分にあたる部屋の形が何ともかわいいですね。
b0287088_21203026.jpg

このドアの形、いいですねえ♪
b0287088_21214268.jpg

b0287088_21231540.jpg

天井の色が変わっているので当時もこの色のペイントだったか聞いてみたけど
分らないとのこと。
普通は天井に明るい色を持ってくるのだがちょっと面白い色合いだ。
b0287088_21234373.jpg

b0287088_21262526.jpg
b0287088_21265089.jpg
b0287088_2128172.jpg

この建物の裏手には明治・大正時代の弘前市内の建物を1/10のサイズで
再現したミニチュアが建ち並んでいます。
b0287088_213645.jpg

b0287088_2136262.jpg


すぐ近くに旧東奥義塾外人教師館
東奥義塾は、明治5年に県内で最初に開校した私学校。
この外人宣教師館は、同校の外人宣教師のためのもの。
現在、1階はカフェ。
2Fは無料で室内を見ることができます。
b0287088_21444396.jpg
b0287088_21451249.jpg


b0287088_2146016.jpg
b0287088_21465048.jpg
b0287088_21472239.jpg
b0287088_21475382.jpg
b0287088_21484451.jpg

b0287088_21494615.jpg


b0287088_2150193.jpg


宣教師館は今までにいくつか見たが
ここは結構室内がアットホームで設備も充実している気がする。

次にもう見なくていいかなと思っていた弘前城。
b0287088_2154161.jpg

すぎの大橋のたもとには昔懐かしアイスクリン。
b0287088_21544182.jpg

現在移築中の弘前城をちょろっと見て
b0287088_21561279.jpg

まだまだレトロ街歩き続きますよ。
見てくださいな。



シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-10-24 22:03 | 国内 | Comments(8)

土曜1900円から日曜1000円の宿♪ 青森行ったら泊まらないと損♪

2016.9.24

日曜日の宿代1000円って?
こんな安い宿は国内にあるのかなあ?

チェックインの時間が午後8時半まで。
なので青森駅にバスが定刻18:35に着いて ほっ!
なんでチェックインの時間を気にしていたかを説明しますね。

目指すホテルは青森駅から歩いて5分。
すぐ見つかりました!

気になるホテルの外観は
b0287088_1637577.jpg

朝見たら
b0287088_16374417.jpg

やけに細長いホテルの外観だけど
通りから次の通りまで突き抜けているようにウナギの寝床のような造りです。

私は6Fに泊まりましたが廊下がこんな感じ。
b0287088_1640438.jpg

6F廊下のエレベーターホールから見た風景
b0287088_16414880.jpg

そうなんです、ウオーターフロントのすぐ近く!

さてさてチェックイン済ませましょう。
チェックインの時間も16:00~ 20:30。
ちょっとでも遅れてきたら?
そう、宿無し!!
現金払いです。
b0287088_16424485.jpg

このフロント、日曜日は
b0287088_16443673.jpg

閉ってます!
日曜日はチェクインできません!!!
フロントは月曜日から土曜日まで決まったこの時間帯
 16:00~ 20:30しか開いていないのです!

チェックアウトの時はフロント横にあるキーBOXに投げ入れて返却!

気になるお部屋?
私は前日夕方に電話で予約したので1900円の部屋も2500円の部屋も満室。
冷蔵庫付の2800円の部屋しか取れませんでした。
でも土曜日2800円、日曜日1000円の2泊合計3800円は安いよね!
支払いはバスマット50円をプラスして3850円を現金で支払い。
フェイスタオルは持参しています。

全く普通のビジネスホテル仕様。
テレビ、電気ポット、ドライヤーなど付いています。
b0287088_16541574.jpg

ソファ付!

b0287088_16562112.jpg

左下に小さい冷蔵庫。部屋履きスリッパあり。
b0287088_16564762.jpg

翌朝は持参のお茶のティーバッグとおにぎり。
b0287088_1765219.jpg

普通の浴室。
b0287088_1658824.jpg

ただ、このホテルは浴衣やタオルなどはオプションで借りることになっています。
私は寝間着は持参していたのでバスタオルのみレンタル50円。
持ってくのが嫌な人はレンタルしても安い。
b0287088_170366.jpg


ホテルの名前はウィークリー翔ホテルチトセ
ウィークリー翔ホテルチトセ

ホテルの裏通りの裏口から1F入り口付近
b0287088_1742424.jpg

ホテルの前の通り
b0287088_1745479.jpg

ホテル前の通りを2分くらい歩くとねぶたの家ワラッセ

b0287088_17453927.jpg



歩いて4分くらい?
ウオーターフロントのラブリッジを通ると
b0287088_1750655.jpg

遠くに見える黄色い船は青函連絡船メモリアルシップ 八甲田丸。

A-FACTORYでは飲食やお土産を買えます。
b0287088_17552166.jpg


青森駅前からまっすぐ伸びるしんまち商店街もすぐ近くなので
レストランや居酒屋の利用も便利。

ウイークリー翔はどうして安いのか?
ウィークリー翔なぜ安いの?

合理化が徹底しています。

例えばオートロックの部屋の鍵を室内に置き忘れて出た場合、

鍵を開けてもらうのに出張してもらうので5000円かかりますよ~!
鍵を忘れたら 手痛い5000円の出費となるともう普通のビジネスホテルと
同じ料金。

それでも泊まってみたいあなたにご利用案内。
b0287088_19182465.jpg

b0287088_19184665.jpg
b0287088_191929.jpg
b0287088_19193721.jpg
b0287088_19195447.jpg
b0287088_19201198.jpg


泊まった二日間は9月としては、すごく暑い日でした。
エアコンが効きません!

でも部屋は広いし、荷物の置き場所もあるので使いやすいです。

実はウィークリー翔に泊まるのは初めてではありません。
青春18きっぷの旅 1900円の宿はチェックインは4時間半の間、ゴミ出しは自分でね♪
こちらは焼津のウィークリー翔です。

このホテルの値段はゲストハウスよりも安価な設定です。
ゲストハウスでのふれあいは楽しいんだけど
そういうのはちょっと苦手だけど安く旅したい人にも♪

秋の旅、計画もまた楽し♪ですよ~。
でもねえ、私はこの東北旅以来の腰痛が未だ治らず。。。
整骨院通いの日々。。

羽根をもがれてます。。。

そうそう、大事なことを書き忘れてました。
例えば 土曜日チェックイン 火曜日チェックアウトの3泊の場合、
1900円の部屋を予約したとしますよね。
その場合は1900円x3泊となるんです。
もし日曜宿泊1000円希望の場合は月曜朝10時までにチェックアウトして
また電話予約できる時間に電話して月曜夜1泊の分を予約し直さないといけないんです。

荷物をコインロッカーに預けて 予約が取れるかどうかは??

でも とにかく安いホテルです。
全国展開してるので 私もウイークリー翔行脚したいくらい(^^♪



シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-10-20 19:43 | 国内 | Comments(4)

小坂から青森まであすなろ号♪ 高速バスは安い!

2016.9.24

行き当たりばったりでも、良く調べないと時間や費用のロスが多い!

小坂から大館駅へ出て青森までJRと思っていたが
なんと小坂から大館へバスで小一時間かかって戻ると
接続する電車は弘前止まり!

ホテルのチェックイン20:30に間に合わない!

大館駅観光案内所のスタッフに教えてもらった盛岡発青森行きのあすなろ号♪

ちょっと時間を持て余したが1時間10分くらいで青森まで行けることがわかり
本当に助かった。

小坂の町からは小坂高校までは登り坂で25分くらい。
そこをタクシーでやってきた。
このバス停小坂高校前は
b0287088_1524515.jpg

土曜日の夕方なので誰も通らず。
b0287088_1557538.jpg

日暮れて定刻を遅れてようやくライトをつけたバスがやってきて ホッとした~。

小坂高校前17:20 青森着 18:34 1,680円

バスの乗車率は30%くらい、4列シート。
トイレは付いてなかったかな?

外の景色も暗くて分らない。

このあすなろ号は盛岡~青森を走る高速バス。
盛岡 ⇔ 青森(あすなろ号)

新幹線には速さでかなわないけど、2時間半で3300円。
在来線に比較しても安いよね。
人数がいれば回数券の利用もできるのかも?
調べてみたら花輪SAでトイレ休憩があるような。


バスに乗ってしばらく経って
リン、リンと音が聞こえるようになった。
もうしばらく経つと リンリンリンリンとけたたましく鳴る。

誰かのスマホかな?
困った人だなあと思っていたら なんと気を付けると自分の荷物付近!!
スマホを耳に付けても音はしてないし。
何気にバックパックを開けてみたら、
音の原因は私の目覚まし時計だった!!!

あ~、ごめんなさい!!

昨夜バックパックを出して今朝あわててパッキングしたんだけど
その時に押されてセットされたみたい!
まいったなあ!

青森駅にようやく到着。

ホテルは駅から5分。
すぐ見つかりました。

チェックインして
青森の駅前の繁華街をウロウロ。
b0287088_16123345.jpg

お酒飲めない私は居酒屋はねえ、行かれないんだよね。

1往復して結局
b0287088_1615243.jpg

ホタテでもと思って
b0287088_16164192.jpg

ホタテねぎみそ定食?だったかな?1030円。
ご飯が柔らかすぎて、おかずも う~ん。。。
寿司高すぎたから。。。

でも相席になった女性と大盛り上がりで
楽しい夕食になりました。
一人旅って寂しくないよ♪ 東北旅で出会った人々♪


ケチ過ぎて後悔したこと!

★小坂の康楽館で時間はあったから大衆演劇も見れば面白かったかも?
 時間と入場料を調べておけばよかった。

★時間を見て 小坂鉄道レールパークでレールバイクに乗れば良かった。
 入場料500円 レールバイク500円 と実質レールバイクしか興味が無いので
 ちょっと乗るだけに1000円は高いなあと思ったこと

★寿司も迷ったけど2800円だったかな?

もう二度と行かないかもしれない旅先なのに
ケチすぎて損してるのかなあ?

青森に行ったら 泊まらないと損な宿の紹介は次のブログでね!♪




シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-10-18 16:53 | 国内 | Comments(6)

秋田県の小坂の町♪ 昔はどんな町だったんだろう?

2016.9.24

バルコニーの美しい下り藤の意匠の美しいこと♪

小坂鉱山事務所は、かつて鉱産額で全国一位となった小坂鉱山の
全盛時代の生きた文化遺産。
 
b0287088_1975322.jpg


小坂鉱山事務所は明治38年(1905)に建設。
平成9年(1997)まで現役事務所として利用されていたらしい。

ホントにがっかりしたのは現在大規模修繕中!!
という事で小坂の町のHPからお借りした建物の全景。
b0287088_19324183.jpg


b0287088_19344939.jpg



b0287088_19351739.jpg
b0287088_19353660.jpg


玄関を入るといきなり 優美ならせん階段に圧倒される!
b0287088_19355595.jpg

b0287088_19374049.jpg
b0287088_193839.jpg
b0287088_19382819.jpg

バルコニー
b0287088_19425148.jpg

下り藤の藤と田のデザインで創業者の藤田を表している。
ワシントンホテルなどで有名な藤田観光も藤田財閥。
b0287088_1941843.jpg

b0287088_19455772.jpg

館内ガイドさんの人間カセットテープのような説明が面白い♪
小坂にまつわる華麗な人脈の説明やら記憶力やらにびっくりする。
確か ガイドさん、この町に教会が昔は3つもあったと言ったような?
すごいなあ!

b0287088_19465276.jpg
b0287088_19472461.jpg


b0287088_1948837.jpg

かつては かなりたくさんの近代建築があったらしいけど。
b0287088_19495251.jpg
b0287088_195017100.jpg
b0287088_19505160.jpg


b0287088_19545328.jpg


隣を流れる川沿いを歩いてみた。
b0287088_19561113.jpg

b0287088_19563818.jpg

ちょっと殺風景。

b0287088_19581820.jpg

お腹も空いたけど パン1個のお昼。
b0287088_19593743.jpg

この明治100年通りには教会も。
天使館
b0287088_2004357.jpg

b0287088_201406.jpg

b0287088_2024673.jpg

b0287088_2033057.jpg
b0287088_2035219.jpg
b0287088_205789.jpg


明治になり新しい時代が近代化と共に訪れ
人々はどんな気持ちで暮らしていたんだろう?

鉄道好きには面白いテーマパークも!
小坂鉄道レールパーク♪ 
入場料500円

b0287088_2062144.jpg

b0287088_207259.jpg

私がやりたかったのはレールバイク500円だったけど
行ったのが午後4時だったのですでに終了していた!
b0287088_2072582.jpg

b0287088_2075075.jpg

実はここで「ブルートレインあけぼの」に宿泊できる。
宿泊がA寝台個室の一人使用が4320円とちょっと高いので断念した。
b0287088_2082911.jpg

ちょうどゲストたちがあけぼのに行くところだった。
b0287088_2085714.jpg

鉄ちゃん達はブルートレインの寝台に横になってどんな夢をみるんだろう?

小坂の散歩マップ
b0287088_2028046.jpg

この100年通りは6月のアカシアの花の
咲く頃がきれいらしいけど。
b0287088_20283845.jpg


隣の小学校の立派なこと!
b0287088_20292322.jpg


さて次に目指すのは青森行きの高速バスのバス停。

時間を持て余しコンビニへ。
おにぎりとお茶を買ってイートインプレイスで時間つぶしさせてもらう。

高速バスの出る小坂高校前まではかなりの上り坂。
歩けますか?と道行く人に3人くらい聞いたけど車でないと!って。
仕方ないのでタクシーで670円。

山の夕暮れの中 5時20分発のバスを待つ。。。1人。。
だんだん暗くなる。。
b0287088_20365671.jpg

バスはきちんと来るのかな?



シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-10-16 21:00 | 国内 | Comments(2)

明治の芝居小屋は今も現役♪小坂は金銀で栄えた町♪

2016.9.24

明治100年通りに建つ康楽館は今も毎日お芝居などが
上演されている。
この康楽館があるのは秋田県鹿角郡小坂町という町。
b0287088_2137149.jpg

東京からずいぶん時間がかかったけど たどり着いたこの町は
その昔、金銀採掘の鉱山で栄えたらしい。

この和洋折衷の芝居小屋を見れば当時のにぎわいがわかりますよね。

羽田~大館能代空港からバス50分で大館へ。
大館から路線バスで50分。

途中の樹海ドーム
b0287088_21445131.jpg


小坂に着いてすぐ気になった建物。
b0287088_2153178.jpg

b0287088_21541423.jpg


明治100年通りは康楽館ののぼりでにぎやか。
b0287088_2156081.jpg


b0287088_21572513.jpg

b0287088_2158888.jpg
b0287088_21582683.jpg

b0287088_2159174.jpg


これが康楽館
建築年/明治43年8月13日(1910年) 国の重要文化財です。
上げ下げ式窓って洋風ですよね。
鋸の歯のような形の軒飾り♪
b0287088_16211260.jpg

b0287088_16222955.jpg


康楽館と鉱山事務所の共通入場券890円。
黒子のガイドさんが館内を案内してくれます。
600人も収容できるそうですよ。

そうそう、桟敷席の真ん中に細長い平均台のようなのが見えますが
ここは食べ物の売り子さんが通る道なんですって♪ 細っ!
b0287088_16263118.jpg

天井の中央にはチューリップ型電灯と八角形の枠組み。
b0287088_1627565.jpg


b0287088_16325636.jpg

b0287088_16331189.jpg
b0287088_16341365.jpg
b0287088_16345478.jpg

b0287088_16352217.jpg

b0287088_16354987.jpg


ここでは回り舞台のろくろ仕掛けを人力で回しているそうです。
b0287088_16385687.jpg

奈落の底というけれど 当時の寒さの中、地下で働く人たちは大変だったと思う。
b0287088_1644107.jpg
b0287088_16445191.jpg


b0287088_1646465.jpg

b0287088_16465396.jpg


楽屋
b0287088_16472872.jpg

ここには明治の頃からの貴重な落書きが。
玉三郎のもありましたよ。

b0287088_16502720.jpg
b0287088_16505836.jpg
b0287088_1652918.jpg

b0287088_16581611.jpg

b0287088_16524113.jpg

なんかのんびりしていい感じですね。
b0287088_16594894.jpg

当時はこのように娯楽の中にも監視社会!
b0287088_1771034.jpg


b0287088_1783541.jpg


b0287088_179104.jpg

b0287088_17122636.jpg

b0287088_1793713.jpg

康楽館は外観は洋風だけど 内部の桟敷席など和風の折衷建築。
b0287088_17101299.jpg


移築や復元もせず今もフルに活用されているってすごいなあ♪

そういえば11年前に愛媛の内子にある内子座を訪ねました。
こちらは和風の芝居小屋。
b0287088_17204532.jpg

b0287088_1721387.jpg
b0287088_17212188.jpg
b0287088_17215432.jpg
b0287088_1722936.jpg

内子座は、木蝋や生糸などの生産で栄えた大正5(1916)の建築。
木造2階建て瓦葺き入母屋作りで、回り舞台や花道、枡席がありました。
内子もいい町だったなあ♪




シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-10-14 17:35 | 国内 | Comments(0)


     体力ゼロ         好奇心いっぱいの一人旅      イエメン大好き


by カフカフカ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
イエメン
ウズベキスタン
エクアドル1
エクアドル2
コロンビア1
コロンビア2
カンボジア
キューバ
クロアチア
コソボ
シリア
シンガポール&マレーシア
バングラデシュ
台湾
ブルガリア
ボスニアヘルツェゴビナ
マケドニア
ヨルダン
ベトナム
イラン
旅のお土産
旅あれこれ
旅の病気
国内
散歩
オカやどかり
タイ
ミャンマー
アルメニア
ジョージア(グルジア)
未分類

最新の記事

早くて安い成田シャトルで成田..
at 2017-04-28 20:47
マルシュールトカ(乗合いミニ..
at 2017-04-24 23:30
おもしろ銅像?♪アルメニア一..
at 2017-04-21 07:29
アルメニアは物価が安くて申し..
at 2017-04-20 13:08
ホッカイロ持参で来てみたらア..
at 2017-04-17 22:21

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月

最新のコメント

chie2317さん ..
by slow33jp at 21:42
座り心地の良さそうな座席..
by chie2317 at 21:04
> sahne-mizさ..
by slow33jp at 09:20
> sahne-mizさ..
by slow33jp at 09:10
> sahne-mizさ..
by slow33jp at 09:03
コーカサスのダンスってか..
by sahne-miz at 22:38
わ!!ブログが更新されて..
by sahne-miz at 22:36
成田シャトル便利ですよね..
by sahne-miz at 22:34
タケチャンさん 後..
by slow33jp at 17:00
大変だけど楽しそうですね..
by タケチャン at 12:26

外部リンク

フォロー中のブログ

検索

ファン

記事ランキング

画像一覧