カテゴリ:国内( 121 )

青春18きっぷの旅♪ 美しい尖塔のある教会を見に行く♪

2016.12.15

甘楽の小幡地区からう~んと歩いて
1時間に1本の高崎行きに間に合った。

せっかくの青春18きっぷなので前橋まで行ってみよう。

目的は

b0287088_16374417.jpg


美しい尖塔のある
前橋カトリック教会

高崎の洞窟観音の経緯もあるので↓

青春18きっぷの旅♪ こんな失敗あるある?

青春18きっぷの旅♪ 甘楽の養蚕農家の町並み♪

念のために カトリック教会に聖堂を観覧できるか電話しておいた。
少し利口になった?

高崎駅での乗り換えは間に合わないと思ったが滑り込みセーフ。

高崎~前橋の乗車時間は14分

一応2時半過ぎにお伺いすると伝えていたので
ここはタクシーを奮発。歩くと17分。

b0287088_16501781.jpg

b0287088_16505288.jpg


昭和7年(1932年)竣工。
鉄筋コンクリート3階建て。
正面階段下から尖塔までの高さは25m。

正面のドアが開いてなかったので ちょうど横の建物から出てきた男性に
「お電話しておいたものですが」と話したら
「いつもドアは開けっぱなしにしてるんですが ドアを誰かが閉めたようですね。」
と、話されて気軽に入れていただけた。
どうやら鉄製のドアなので重くて閉まっていると思ってしまったようだ。

後でHPでチェックしたらその男性は司祭様だったことが判明!

b0287088_1656129.jpg

入り口横には「泣き部屋」なる小部屋があったらしい。
子連れの信徒がこの部屋の前面ガラス窓からミサに参加したという。

また告解室も横にあったらしいけど気がつかなくて残念だった。

b0287088_16562127.jpg


聖堂内の灯り、祭壇やステンドグラスも竣工当時のもの。
ここは国の有形文化財に指定されている。
b0287088_16563955.jpg
b0287088_16565645.jpg
b0287088_16572581.jpg
b0287088_16573910.jpg

b0287088_17222746.jpg

b0287088_16575514.jpg

海外の教会に比べて簡素な感じが私は好きだ。
椅子に座って静けさを感じる。
b0287088_1702735.jpg

2階席。
b0287088_173182.jpg

教会の鐘の音を聞いてみたい!
b0287088_16595616.jpg

b0287088_1705538.jpg


b0287088_17193059.jpg
b0287088_17194821.jpg
b0287088_17201156.jpg


戦後、教会は若者に溢れていたようだ。

ここからは高崎駅まで歩こう。

途中で見た大谷石の倉。
b0287088_17235950.jpg

b0287088_17242247.jpg


高崎駅のショップを見て回る。
b0287088_17252448.jpg

みそパンだったかな?翌朝食べたけどしょっぱくて私好みではないなあ!
b0287088_17261110.jpg

湘南新宿ラインのボックス席ゲット。
b0287088_17273128.jpg

日暮れてきて 景色がシルエットになって冬の夕方もいい♪

b0287088_1028745.jpg


さて帰宅は夕方6時半。

(1944円+ 195円)×2=4278円
青春18きっぷは1回あたり2370円なのでもとは取れている。

青春18きっぷは元が取れるかどうかというより
旅に出ようというモチベーションになる。


路線図を見て まだ知らない街を想う そんな時間が楽しい♪

そうそう大失敗だったのはね、
あ~、もうホントに困った顛末があってね、

帰りの電車の中、急にネットにつながらなくなって
スマホを再起動したんだよね。

それからは元に戻ったんだけど帰宅して家のWiFiに自動的に切り替わってなくて
1か月の容量を使いきってしまったこと!!

そうなの、私専用のPCとタブレットを持ってるんだけど
ついついスマホが手軽だから家でも使ってたんだよねぇ。

というわけで次の青春18きっぷの旅の最中にネットチェックできなくなっちゃった!

ばあちゃんには確認事項が増えたのよ!

1)目的地が開いてるか?
2)スマホは自宅のWiFiにつながってるか?

やれやれ。。。




シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-12-22 19:09 | 国内 | Comments(0)

青春18きっぷの旅♪ 甘楽の養蚕農家の町並み♪

2016.12.15

話しはこうである。↓

青春18きっぷの旅♪ こんな失敗あるある?


高崎の洞窟観音見学への「そこをなんとか。。。」のお願いも虚しく

上州電鉄へ乗り込む。
10時5分高崎駅到着で下仁田行き10時16分発。

気持ちの切り替えは青春18きっぷを満喫できるかどうかだ!

結果的に甘楽(かんら)の小幡地区の養蚕農家の通りは以前見た通りで
のんびり一人を楽しんだ♪

b0287088_14352871.jpg

上信電鉄がら空き。
世界遺産登録されてもフィーバーが終わると平日はこんな感じ。

目指す甘楽の最寄り駅 上州福島は上州富岡の2つ手前。

乗車時間は32分。
b0287088_1439840.jpg

b0287088_14421066.jpg

到着。
b0287088_14425418.jpg

b0287088_14435429.jpg

以前に行った時は駅を出ると乗合タクシーのライトバンが待っていたけれど
今はその制度はもう無い。
代わりに無料のレンタサイクルが駅舎に用意されている。
b0287088_14442230.jpg


b0287088_14463769.jpg

かわいい駅舎である。
b0287088_1447476.jpg

電車の中からタクシーをお願いしておいたら駅舎の前でもう待機していた。
今、腰痛と少し膝も痛むので、自転車あきらめタクシー利用。

駅舎の中にあったマップをいただいて とりあえず楽山園へ。1270円。
入場料300円はちょっと高い気がする。

入り口で無料でもらえるムクロジの実。
昔は石鹸として用いられたり、羽根つきの玉になったり
数珠にも使われたそう。

b0287088_163371.jpg


b0287088_14513084.jpg


楽山園は、江戸時代初期に織田氏により造られた小幡藩邸の庭園。
b0287088_14515327.jpg

b0287088_1453012.jpg


梅の茶屋で日向ぼっこしながら地図を見る。
ここはとても眺めがいい。

b0287088_14532566.jpg

この広い園内に客は私一人。
b0287088_14534251.jpg

霜柱を何年ぶりに見たかしら?
サクッとした感触を思い出した。
b0287088_1455956.jpg


b0287088_1458364.jpg

隣にあるのは長岡今朝吉記念ギャラリー。有料なのでパス。
b0287088_14571896.jpg

ここからはせせらぎの道を歩く。
以前来たときは初夏の頃で新緑がきれいだったけど今は冬枯れ。
b0287088_1584962.jpg

b0287088_1591316.jpg

b0287088_1594714.jpg

道の駅甘楽(かんら)
b0287088_15104941.jpg

b0287088_15121769.jpg

ピザもあったけど、ここまで来てピザはねえ。
という事で 頼んだおでん320円はこんにゃくのみそ田楽だった。
おみそが美味しい!
おにぎりなどのメニューが無かったから、我ながら小食。
b0287088_15152780.jpg


ちょっとお尋ねした道の駅の理事長さん、

2度も来て下さって嬉しいとお土産のティッシュをいただいた。
b0287088_1518636.jpg

次回お見えになった時はぜひ声をかけてくださいと名刺までいただく。

甘楽は古い家もたくさん残ってる。
b0287088_15202636.jpg

b0287088_15212873.jpg

歴史民俗資料館(有料)
b0287088_15223877.jpg

小さく見える銅像は上州名物のかかあ天下の像。
かかあ天下とは尻に敷かれているという意味ではなく、良く働く女たちを
「おらがかかあは天下」と夫は尊敬していたそうな。

b0287088_15293087.jpg

b0287088_1530793.jpg


b0287088_15322540.jpg
b0287088_15324458.jpg

カフェで休憩。
b0287088_1533026.jpg

b0287088_15335482.jpg
b0287088_1534741.jpg

150年くらいの建物らしい。
以前は呉服屋さんだった建物が町に寄贈されたのをカフェとして利用してるとのこと。

ジンジャーミルクティ350円。
もう少し濃いほうが美味しいと思う。
b0287088_15362991.jpg

このカフェから上州福島駅までは4kmあるんだって。
次の電車までに歩けるかな?
b0287088_15382761.jpg
b0287088_15384130.jpg

この町並みがいいのはやはり人が生活しているという事だ♪
b0287088_15405162.jpg
b0287088_1541782.jpg
b0287088_15412338.jpg

春にはこの小川の横の桜並木がいっせいに咲いて この小幡が
一番輝く時だ。
b0287088_15414196.jpg
b0287088_154223.jpg


桜の季節、無料のレンタサイクルでマイペースで回るのもお勧め。
この養蚕農家の通りは微妙に坂だけどね。
駅に地図が置いてありますよ。
富岡製糸場とセットだと一日コース♪
b0287088_1559415.jpg


向うに見えるのは市民農園だとタクシーの運転手さんが言っていた。
b0287088_15464142.jpg


駅までひたすら歩く。。

途中道を聞いた軽自動車のおばさんが途中まで乗せてくれた。
乗せてもらったから15分前に着くことができた!
そうでなかったら焦ることになったよね。

帰りの高崎行きは13時36分。
b0287088_15514936.jpg


電車が好き、ローカル線が好き♪
b0287088_15521561.jpg


高崎に着いたら前橋に行って見よう!
2度目の前橋、行きたいとこがあるんだよね。

次も見てくださいな、ばあちゃんの行き当たりばったり旅♪




シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-12-20 16:07 | 国内 | Comments(2)

青春18きっぷの旅♪ こんな失敗あるある?

2016.12.15

青春18きっぷを買った。

早起きして電車に乗り込んだ!

途中でボックスシートの窓際ゲット!

b0287088_16263294.jpg


青春18きっぷは
全国のJR線の普通列車が1回あたり2,370円で1日乗り放題です。
1人で5回分または5人までのグループ利用ができます。
」という切符です。

車窓を眺めながら一人旅気分♪

本日の旅は高崎まで。

湘南新宿ラインの高崎行きに乗り小一時間経過。

おもむろにスマホで今日の目的地の高崎の洞窟観音のHPを開いてみた。

どうして洞窟観音かというと

この本を読んでしまったから!
b0287088_16363220.jpg


もうすでに、ばあちゃんである私に出口の無い洞窟がおいでおいでしてる今日この頃、
何を好き好んで洞窟かと思われるかもしれないけど
なんでか好きになっちゃった。

これは前回の館山の赤山壕の話。↓

縞模様の地層の洞窟を巡ろう♪ 館山の赤山壕

で、今日の洞窟観音

「洞窟内の坑道は、長さ400メートルをこえ、幾多の巨石銘石を配した
洞窟内の大小空間は翁の構想により、彼岸の楽土をイメージし、深山幽谷を写し、
大瀑布、渓流になぞらえ、それぞれを背景に石彫の名工、楽山が生涯かけて彫刻し
た御影石の観音像39体が他の石彫群と共に安置され
神秘的な法悦の世界を繰りひろげております。」とHPにあるんですよ。

天下の霊場 洞窟観音

で高崎に日帰りで行けば2370円の元も取れるというもの。

ここからが顔が引きつりスマホをぐぐる指が硬直。

なんと薄い文字で(休園日は毎年12月第3週平日となります)とあった!!!

何という事だ!
カレンダーを見るとまさに今日は12月第3週平日!

電車の隅で洞窟観音に電話してみる。

「今電車に乗っていて、あと1時間で着くんですが
照明無しでいいので見せてもらえませんか?」

洞窟観音のおばさん「え~、今日は年に一度の大掃除で無理ですね。」

「そこを何とか、こちらを見たくて遠くから来てるんですが、ちょっとでもいいですから」

洞窟観音のおばさん「今誰もいないので聞いてみます。」

10分経過して再度電話。

「先ほどお電話したものですが どうなりましたか?」

洞窟観音のおばさん「まだ誰もこないんです。」

「じゃ後30分くらいしてかけてみます。」

30分経過。

「先ほどのものですが。ぺらぺら」電話は苦手だが粘る。
洞窟観音のおばさん「やっぱり無理ですね、誰も出てこないし、
隣に百衣観音というお寺は見られますから そちらを見られたらどうですか?」

ガ~ン!!

まいった!

私は大きな観音様にさして興味が無いのです。

確かに鎌倉の大仏様も何度拝んだか分らないし、
b0287088_1657141.jpg

牛久の大仏様や大船の観音様だって拝んでる。

ミャンマーのこんなBigなお方だって
b0287088_1659611.jpg

足元まで行くのが大変だったけどね。

私はチビなので大きなものには劣等感を感じるのである。

だから洞窟観音の代わりに大きな百衣観音様を拝んだらという
おばさんの提案に「はい、そうですか」とは言えないのである。
b0287088_17333312.jpg

              高崎市観光HPから借用

それにしても昨夜家族Aが何回も
「ちゃんと開いてるか確認した?」
私「うん、開いてるよ~」テキトーに答えていた。

はい、これからは言われることをしっかり肝に銘じます!

はぁ~、でも洞窟観音がだめだったら高崎くんだりまで行ってどうするの?

スイカなら簡単に行き先変えられるが青春18きっぷは2370円の元が取れるところまで
行かないといけないからね~。

頭の中を思いつく限りの高崎の観光案内が消去法で。

榛名山 雪があったら歩けない!
達磨寺 あまり興味無し
安中のキリスト教会 HP見たけど事前申し込みが必要

あ~あ、
しょうがない、上信電鉄で前に行ったところに行って見よう。
地名はなんだったっけ?
認知症気味の引き出しからようやく見つけ出してネットでググったら

そうだ、上州福島から行った甘楽の小幡地区だった♪

あわてて上信電鉄の時間を見ると接続はいい。

上信電鉄では富岡製糸場が世界遺産になるずっと前に行ってるし
小幡も20年くらい前に行った。

上州福島駅から乗合タクシーのバンに乗って小幡まで行った記憶があるが
調べたらもう乗り合いタクシーは無かった。

仕方ないなあ。。。。

失意の旅は次回で。

あなたもお出かけの際はくれぐれも行き先の確認怠らないようにね!




シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-12-16 19:08 | 国内 | Comments(4)

盛岡に行ったら賢治の光原社に行って見て♪ ③盛岡の街歩きは楽しい♪

2016.9.27

岩手山を仰ぐ東北の空気感というか、
そんなものが感じられる盛岡の街。

そんな自然の中で宮沢賢治の物語が生まれ、出版された街。

光原社に行くと、こんなすてきな空間が待っていてくれる♪

b0287088_17581419.jpg


循環バスでんでんむしで下車したのは啄木新婚の家口。
下車したのが道路の反対側だったせいか、どっちにいけばいいのか分らない。
3回聞いてようやくたどり着く。
反対側のバス停からは1分だったのだが。

この家は啄木が結婚後3週間暮らした家。
b0287088_1942474.jpg


b0287088_1952745.jpg

結婚式はここで行われたようだが 
当日は啄木が現れず婿殿のいない結婚式だったようだ。
b0287088_1954960.jpg


b0287088_1961355.jpg

啄木は20歳、両親、妹との同居で生活は困窮をきわめたらしい。
b0287088_1964165.jpg

啄木の書斎
b0287088_1971026.jpg


啄木新婚の家からいーはとーぶアベニュー材木町はすぐ。

b0287088_19151896.jpg
b0287088_19153315.jpg


光原社はすてきなクラフトや美味しいクルミクッキーも販売。
クルミクッキー買って帰れば良かったと後悔したけど。
大正13年に「注文の多い料理店」を発行。
b0287088_19154570.jpg


b0287088_19185318.jpg


b0287088_19191464.jpg


b0287088_19193435.jpg

こちらのコーヒーも美味しそうだが今飲んで来たばかりだし。
クルミクッキーも美味しいんだとか。
b0287088_1919557.jpg


b0287088_1920178.jpg


b0287088_19203416.jpg


b0287088_1921289.jpg


b0287088_19212866.jpg


b0287088_1921483.jpg


b0287088_19222496.jpg
b0287088_19224373.jpg
b0287088_1923385.jpg
b0287088_19232139.jpg
b0287088_19233729.jpg
b0287088_1923554.jpg
b0287088_19241598.jpg

片隅にもかわいいもの発見!
なにか置いてあるもの、全部いいなあ。
b0287088_19245194.jpg
b0287088_19252123.jpg

2Fのショップでマクラメのメガネストラップを買った。
b0287088_19254496.jpg


とってもすてきな空間だった。

ここからは駅までぶらぶら散歩。

新幹線の切符を買って帰らなくちゃ。

盛岡街歩きは↓

中津川沿いの土塀の小道・歴史的な建物♪ ①盛岡の街歩きは楽しい♪

居心地のいいカフェ車門とレトロ写真館♪②盛岡の街歩きは楽しい♪

盛岡駅の観光案内所には こんな情報誌がありますよ。

b0287088_224857.jpg


b0287088_2243617.jpg


b0287088_2245227.jpg


b0287088_2252552.jpg


盛岡は見どころが多くて一日ではとても回り切れないくらい。

新幹線で東京から約2時間くらいだし JR東日本の得だ値など利用すれば
新幹線も安くなりますよ。



シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-12-14 20:07 | 国内 | Comments(0)

居心地のいいカフェ車門とレトロ写真館♪②盛岡の街歩きは楽しい♪

2016.9.27

これだけのレリーフを作った写真館はすごいよ!
盛岡ってすごいよ!

見よ、このアートをって感じ♪
b0287088_15345341.jpg


小原写真館

もう営業はしてないんだけど

b0287088_15431578.jpg

写真館ってハイカラな場所だったんだろうね。
皆がハレの日に行く所だからねえ!
b0287088_15433160.jpg


もう1軒は唐たけし冩場
b0287088_15464775.jpg

こちらはもりおか啄木・賢治青春館の前にあるのでわかりやすい。


お腹も空いて来たのと腰痛もひどくなってきて
身体が休憩を要求。。

盛岡名物じゃじゃ麺かカフェかと悩みに悩んで行ったのは茶廊 車門

茶廊車門 (さろうしゃもん)

b0287088_15512777.jpg


b0287088_1554568.jpg

車門のご主人にお聞きしたところ、
建物は120年、営業して60年もの歴史があるそうです。
b0287088_15571872.jpg


b0287088_15574012.jpg

2階もありますよ。
写真を撮らせてもらいました。
b0287088_15584770.jpg


b0287088_15595142.jpg


b0287088_1601771.jpg


b0287088_1604622.jpg

ハヤシライスをお願いしました!
サラダ付き770円
b0287088_1613768.jpg

とっても美味しいです♪
丁寧に作られた感じが味で伝わってきます。

ドリンクはメニューを見て面白そうだなと思った黒みつミルク
480円ですがランチとセットだと100円安くなります。

b0287088_165569.jpg


まあ、これがなんともほっこりとする甘さ♪
量も多くて嬉しい♪

ご主人に話をお聞きしたら
黒蜜を作っているので これを利用して何か新作が出来ないかと
あれこれチャレンジされたそうでミルクが一番相性が良かったそうなんです。

暑い夏だったらあずきミルクというのもありだったけど。
これはアイス&ミルク&煮小豆らしい!

窓辺の明るい落ち着いた空間で盛岡のランチを楽しみました!
b0287088_1675345.jpg


東京にもこんなカフェがあったらな!
でも値段がうんと高くなっちゃうよね。。

あ~、いいカフェだったなあ!

ガイドブックも持ってない行き当たりばったりの旅だけど
こんなお店に出会えるのはいろんな方がブログで盛岡の紹介を
してくださってるから。感謝!

つぎに向かったのは岩手県公会堂

b0287088_16213684.jpg


建築:1927年(昭和2年)
昭和天皇のご成婚を記念して建てられたもの。

b0287088_16261136.jpg

スクラッチタイルの建築物は少なくなってきて補修されたところが
だんだん目立ってくるんですが ここはまだきれいですね。
b0287088_16272331.jpg

圧巻はこの階段かな。
b0287088_16291794.jpg

左右対称に作られてます。
b0287088_16301534.jpg


b0287088_16311497.jpg


b0287088_16314090.jpg


b0287088_1633827.jpg

ちょうどお昼時で会社員の人たちが商店街に。
b0287088_16334759.jpg


つぎはでんでんむし(100円バス)に乗って啄木新婚の家に向かいます。

車窓にもレトロな街並みが
b0287088_16415083.jpg

b0287088_16421123.jpg


途中でライト写真館が遠くに見えた!!
あ~、残念。見たかったなあ!

盛岡と言えば啄木と賢治でしょうか。
次はその二人にちなんだ建物探訪です。



シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-12-01 19:14 | 国内 | Comments(2)

中津川沿いの土塀の小道・歴史的な建物♪ ①盛岡の街歩きは楽しい♪

2016.9.27

鮭も遡上するというきれいな中津川♪

盛岡の街歩き。
繁華街の近くなのに、こんな小道を歩けるなんて嬉しい♪
b0287088_16401112.jpg


泊まっていたR&Bホテル盛岡駅前は駅のすぐそば。

東口駅前のバス乗り場。

乗るのは盛岡都心循環バス(でんでんむし)の左回り!
大人100円でぐるっと回れるのでとても便利。
一日フリー乗車券300円。
b0287088_16483645.jpg

でんでんむしも通勤客の足なのか乗客が多い。

盛岡バスセンター13番のりば ななっくで下車。

盛岡バスセンターは1960年の開業です。
b0287088_16534527.jpg

閉鎖は9月末!あと数日で見納め!
レトロ楽しい店が並ぶ所を見たかったが一部の店しか開いていない。残念!
b0287088_16543211.jpg

昭和レトロの雰囲気を楽しみたかったが。
b0287088_16545525.jpg

b0287088_16552384.jpg

b0287088_16554635.jpg


岩手銀行(旧盛岡銀行)旧本店本館
1911年(明治44年)建築
b0287088_1722776.jpg

赤煉瓦造りに緑のドームとルネッサンス風の輪郭は東京駅を思わせる。
設計は東京駅と同じ辰野金吾。
b0287088_1794266.jpg

ついてないなあ!
今日はクローズ!!
b0287088_17103171.jpg

b0287088_17105421.jpg
b0287088_17111654.jpg

中津川沿い
b0287088_1755425.jpg

川沿いにあるこのビルも雰囲気がいい。
b0287088_1757794.jpg

川べりの土塀は竹製品などの老舗ござ九の建物。
b0287088_17574871.jpg

b0287088_17584280.jpg
b0287088_17593525.jpg

紺屋町番屋
1913年(大正2年)建築
盛岡消防団分団の番屋として使用されていた。
b0287088_181367.jpg

大正時代の木造洋風建築の典型と言われてる。
b0287088_183356.jpg
b0287088_1834627.jpg


先ほど歩いた風情のある小道のたたずまいの家の表は
b0287088_19202836.jpg

ござ九
1816年(文化13年)創業の商家。
江戸末期から明治末期の建物。
b0287088_19255585.jpg

b0287088_19261717.jpg
b0287088_19263584.jpg
b0287088_19265634.jpg

土間も年代を感じる美しさ!
b0287088_1927129.jpg

b0287088_19282642.jpg


ござ九無くして盛岡の景観は無いだろうと思うほど
すばらしいです。

南部鉄器のお店 釜定
b0287088_1930453.jpg


盛岡信用金庫本店
1927年(昭和2年)建築
こちらは昭和モダンの建築。
太い円柱が美しい。
b0287088_19312236.jpg

b0287088_19332733.jpg
b0287088_19334613.jpg


わんこそばの店
「はい、それもう一杯」「はい、じゃんじゃん」の
掛け声でそばをいれていくという遊び心いっぱいのわんこそば♪
1人で食べてもねえ!
b0287088_1934164.jpg


もりおか啄木・賢治青春館(旧第九十銀行)
1910年(明治43年)建築
レンガ造りのロマネスク風建築。
b0287088_195345100.jpg


b0287088_1954697.jpg


b0287088_19573794.jpg



b0287088_1957136.jpg
b0287088_1958332.jpg

巨大な金庫の中は光と音の体験室!
b0287088_19582350.jpg


b0287088_2011930.jpg
b0287088_2014021.jpg


壁に埋め込みになっている金庫

b0287088_202332.jpg


繊細な細工♪

b0287088_2022632.jpg


旅の初日から腰痛になった私に痛みの緊急指令!
盛岡のビデオを見ながらしばし休憩。。あ~あ。

それにしても戦災を免れた盛岡の町は
レトロな建物やら中津川やら
ゆったりとした優しさがあふれてる♪

まだまだステキな町巡り続きますよ~!



シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-11-24 20:15 | 国内 | Comments(0)

恐山から盛岡?それとも青森?

2016.9.26

恐山に向かう山道には

町の方から恐山入り口まで124基の丁塚石があるんですよ。

b0287088_20413555.jpg


昔の人は歩いて恐山に向かって
丁塚石を頼りに、数が減るごとに「もう少しで恐山」と
元気を振り絞ったんだろうなあ!


ちなみに1丁は109mと言われてるみたいだけど はっきりわかりません。


さて、ちょっぴり怖い恐山、硫黄の匂いに満ちた恐山からの帰り道。

混浴風呂にも入って手にぬれタオルで帰りのバスに乗り込んだ。
バスはどうしたことか混んでいて座れない人もいた。
40分以上のくねくね道のバス旅なので早めに席を取りましょう。

ここからが問題だあ。

まだこの後どうするか?どこへ向かうか決めてない!

2泊3日の予定で家を出てきたんだけど
やっぱりもう一日延ばしたくて昨夜家族Aに電話。
「ねえ、もう一日のばしていい?」

旅好き奥さんを持つとあきらめも早いのか、すんなりOK♪
b0287088_22271132.jpg

選択肢その①オレンジ色のルート

恐山からむつ市のバスターミナルへ出てバスで脇野沢。
脇野沢から津軽半島の蟹田へむつ湾フェリーを利用。
その後、津軽線で青森へ。
青森のウイークリー翔ホテルチトセで1泊。
翌日太宰治の斜陽館など見に金木へ。
帰りは青森空港から羽田。

選択肢その②グリーンルート

恐山~下北~野辺地(JR)
野辺地~八戸(青い森鉄道)
八戸~盛岡(新幹線)
盛岡1泊 翌日盛岡市観光後 新幹線で帰京。

どっちにしようかと思い悩んだけど
答は簡単だった!

むつ湾フェリーとバスの連絡が悪い、電車の本数が少ない、よって却下。

結局下北駅で盛岡までの切符を購入5770円。
八戸~盛岡間の東北新幹線は自由席というのがなく立ち席のチケット。
空いていれば座っていいんだって。

ついでに下北駅で盛岡のビジネスホテルに電話で今夜の宿泊予約を入れた。
シルバー割引の部屋で4020円(朝食付き)
R&Bホテル盛岡駅前。
ここが最安だった。
ウイークリー翔の2泊分3850円より高い1泊分。
盛岡にはゲストハウスも無い!

結局 以下のルートで盛岡へ
 下北14:09~野辺地~八戸15:53
〈この時間はJRから青い森鉄道に乗り入れてたので乗り換えなし)

八戸16:16~盛岡16:46

b0287088_21525693.jpg


盛岡駅の観光案内所でパンフレットをゲット。
ついでにホテルまでの行き方を教えてもらう。

なんとR&Bホテル盛岡駅前は通りに面していなくてこの看板があった。
b0287088_21562014.jpg

え~、こんな奥を入っていくの~?
b0287088_21565880.jpg

b0287088_21571344.jpg

こんな奥まったところにホテルがあった!
b0287088_21582491.jpg

フロントでクレジット払いして
セルフで部屋着を自分で取って、
b0287088_21592676.jpg


部屋に入ったが狭い!
荷物を広げる場所がない!

b0287088_2201194.jpg

b0287088_2202578.jpg
b0287088_2203955.jpg


ただ狭いけれど清潔。

フロントでどこかお寿司を買えるところがないか教えてもらい
盛岡駅地下のお魚やさんへ。
途中地下のテナントのショップの方にお寿司を買えるお店のことを聞いたら
丁寧におしえてもらい「あそこのお寿司、美味しいですよ~。」って。
なんかそんな一言が旅をしていると嬉しい♪
地方の人は優しいなって。

部屋に戻りお寿司の夕食。
フロントで電気ポットを借りてお茶をいれて。
このホテルは部屋にポットは無いけどフロントには貸し出し用があるらしい。
b0287088_2283296.jpg

980円のお寿司は美味しかったあ!
b0287088_229311.jpg

翌日の朝食コーナーはフロントの前。
b0287088_22101358.jpg

b0287088_2211756.jpg

b0287088_22112753.jpg

パンの味は普通。コーヒーはまずい。
b0287088_22115089.jpg

でもまあ、こんなもんでしょ

このホテル、R&Dホテル盛岡駅前は狭いけれど照明も工夫されて
清潔なベッドや寝具も気持ちも良かった。
チェックアウトして荷物も預かってもらえた。
駅から5分と便利。

盛岡のビジネスホテルはいくら検索しても安いところが見つからず。

今回の旅、青森のウイークリー翔ホテルチトセ
部屋の広さやくつろげる感じがすごく良かったなあ。
3850円と4020円合計3泊分7870円。





シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-11-22 22:28 | 国内 | Comments(0)

恐山の混浴風呂に入ってきた♪温泉マニアにはお勧めだよ~!

2016.9.26

漫画家のつげ義春も入った恐山の温泉!
b0287088_16424025.jpg


彼が恐山に行ったのは1969年。

なんと47年前なんだけど
見て!見て!
ほとんど変わりがないんだよね!

近くに卒塔婆が建っていて木造の小屋!

b0287088_16545295.jpg


つげ義春の本は数冊持っているけど、この本の中に上の恐山温泉の絵もあった。
b0287088_16571562.jpg


彼は温泉が好きなので「つげ義春の温泉」という本も出している。
こちらはまだ読んでないが、つげ義春が旅した温泉を巡る旅も面白そうだ!

さて本題!

女湯は二つ。
古滝の湯と冷抜の湯
b0287088_1761863.jpg


b0287088_1771398.jpg


b0287088_1775314.jpg


b0287088_178139.jpg


この温泉、見た目からステキでしょ!

ただ窓を開けて入らないといけないことや
風呂に入るんじゃなくて
どんなもんじゃろか?と突然のぞきに来る人がいると
どこにも隠れ場所がないし、
脱衣所も入り口ドアからついたてなど無いので丸見え状態!

というわけで
狙い目は混浴風呂

というのは混浴風呂は宿坊「吉祥閣」を通り越したその先の遠い所にあるんですよね。
宿坊で働いているおばちゃんに会ったので、
混浴風呂入れますか?と聞いたら入れるよ~だって。

混浴風呂は荒れ地の中にポツンとある感じ。

源泉が出ています!
すごいです、ぼこぼこと音がして周りも硫黄の匂いがきつい。
b0287088_1724137.jpg


混浴風呂「花染の湯」
b0287088_1725457.jpg


ドアや窓は開けっぱなし!
脱衣所と湯船の間に壁はありません。
ドアを開けて着替えると丸見え状態なんだけど。
b0287088_17254396.jpg


硫黄臭がひどいので窓など開けていないといけないのですが
あまりに無防備なのでドアを閉めておきました。

b0287088_17301876.jpg

誰も入った形跡がありません。

入ってみると なんだかまろやかなお湯です。
聞いていたような熱くて入れないような湯温でなく

ちょうどいいお湯♪
いい湯だな♪と歌の一つでも歌いたいところですが
誰かきたら!!という緊張感もあって。。

奥の方が気持ち熱いかな?

この恐山温泉は10分以上入ってはいけないんです!
硫黄が強いため入浴は3~10分程度で長湯しないで下さいという注意書き。
b0287088_17381643.jpg

入ってるとこでも撮りたいとこだけど
自分が入った後は湯気が強くなり、
カメラが心配であまり中は撮れなかった。
前のカメラにシミが出てきたので、カメラを買い替えたばっかりだから。

着替えもそこそこに出てきました。

温泉と言えば
霧島にある旅行人の蔵前仁一さんの実家の旅行人山荘の温泉も良かったなあ。
自然の山の中に露天風呂があるんだけど、
私のインドネシアで買った10$のシルバー色の指輪が真っ黒に変わったんだよね。
旅行人山荘のお風呂はすごいよ!
霧島温泉・旅行人山荘

恐山の宿坊はとっても豪華そう。
泊まれば温泉入り放題だけど 夜にこの三つのお風呂に入りに来るには
かなり勇気がいるなあ!
夜9時までOKとのことだけど、真っ暗だろうし、怖いよ~。
おまけに湯にのぼせてあの世行きに~。
ただ宿坊の内湯は広いらしい。

あの世と言えば有名な恐山のイタコの口寄せ♪
すご~く並ぶので(11時間並んだ人もいた!)
宿坊に泊まって開場になる前に並ぶのが裏ワザとか。

お腹も空いたので恐山総門横の食事処で
ざるそば 700円。
b0287088_1920818.jpg


お味は普通。
他にラーメン、山菜そば、カレーもあったかな?
ここで荷物も預かってくれたみたいですよ。

まだ大事な用が残っています。

三途の川を渡らないと!!

三途の川はバスで通り過ぎた所にあるので少し歩きます。
b0287088_19265448.jpg

b0287088_19272324.jpg



b0287088_19254618.jpg


「日本大百科全書」によれば、
三途の川(さんずのかわ)は

「死後7日目に冥土(めいど)の閻魔(えんま)庁へ行く途中で渡るとされる川。
この川には三つの渡しがあり、生前の行いによって渡るところが異なることから、
三途の川といわれる。
川岸には衣領(えりよう)樹という大木があり、
脱衣婆(だつえば)がいて亡者の着衣をはぎ、それを懸衣翁(けんえおう)が大木にかける。
生前の罪の軽重によって枝の垂れ方が違うので、
それを見て、緩急三つの瀬に分けて亡者を渡らせるという。」らしい。

う~ん、自分はどの川を渡ることになるんだろう?

b0287088_19281847.jpg

結構上りづらい。
b0287088_1929790.jpg

b0287088_19301033.jpg

b0287088_1932324.jpg


そばにはこんな方が待ち構えておいでです。

亡者の着衣をはぐ脱衣婆(だつえば)とそれを大木に掛ける懸衣翁(けんえおう)。
三途の川の渡し賃の六文銭はあいにく持ってないけど。
b0287088_19311958.jpg


さあて、そろそろバス停に戻らねば。
b0287088_1933537.jpg

この休憩所にトイレもありますよ。
b0287088_19475882.jpg

行きに乗車していた人より帰りのバスは乗客が多くなっていたので
早目に座っていた方がいいですよ。

今までいろんな寺や神社など回ってきたけど
恐山はうまく説明できないけど、
なんか違うんだよね。
それがホント来て良かったことかな♪
b0287088_19563495.jpg


賽の河原に石も積んで、
三途の川も渡ったらもう怖いもの無しよ!

忘れてならないのはタ・オ・ル

残念ながら恐山行きのバスは11月からありません!
来春になったらあなたも死者の集まる恐山に行ってみたら♪



シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-11-13 20:11 | 国内 | Comments(4)

いろんな地獄があるよ! 不気味な静けさの宇曽利湖!恐山はすごい♪

2016.9.26

b0287088_1704596.jpg

恐山にある本山栄一という歌人の石碑。

明治40年大湊町出身、大湊の製材所で働きながら歌人となった人の歌だ。
地獄を巡りながら、私も石を積む。

恐山の地図。
b0287088_17324133.jpg


さあ、地獄は怖いけど避けて通れぬ。
帰りのバスまで3時間もあるのでゆっくり回ろう。
b0287088_17342339.jpg


すてきな似顔絵の描いてある石もある。
う~ん、油性ペン持ってくれば良かった!!
b0287088_1734385.jpg


b0287088_1735276.jpg

ガスが噴き出しています。
b0287088_17353488.jpg


b0287088_1736774.jpg


恐山には塩屋地獄、重罪地獄、金堀地獄、どうや地獄、賭博地獄、血の池地獄など
たくさんの地獄があるんだけど無間地獄とは分らないだけに怖い!

b0287088_17362496.jpg

こんな立札も!そういえば熊に注意!という立札もあったような?
b0287088_17363681.jpg


b0287088_19175951.jpg


b0287088_19182954.jpg


b0287088_19184514.jpg


宇曽利湖が見えてきた。
b0287088_19191574.jpg


b0287088_19203418.jpg


b0287088_1920546.jpg


b0287088_19211878.jpg


硫黄が流れてる!
b0287088_19215287.jpg


あちこちからガスが噴きだしてます。
b0287088_19231478.jpg

風もないのに 時々カラカラと風車が回りだす。
はっと後ろを振り返る。
死者が風を送ってるのだろうか?
b0287088_19235778.jpg

八角堂
b0287088_19242210.jpg

この八角円堂は死者が降りてくる場所といわれてるんだって。

死んだ人がお盆に帰ってきて下界で困らないようにって
裏手の木々に手ぬぐいが結びつけられてる。

 
この光景は怖すぎます!!!
あの世の近いばあちゃんにもここが一番怖かった!
b0287088_19252211.jpg


b0287088_19261869.jpg

お地蔵さまにも手拭いがかけられてるんだけど
なんか、怖いんだよねえ。。
b0287088_19264454.jpg

血の池地獄は周りの石が赤いだけ。。
b0287088_19273110.jpg

宇曽利湖
b0287088_19503942.jpg


極楽浜

b0287088_19511932.jpg


死んだ子どもが、両親の供養のために石を積んで塔を作るんだけど
鬼に壊されてしまう。
そして、地蔵菩薩に救われて、また石を積む…と云われてるそうですよ。
b0287088_19531270.jpg


b0287088_19542782.jpg


極楽浜に座って静かな湖面を眺め、静かな波の音を聞いていると心地よい。
リフレッシュというか、なんかパワーをもらえる気がする。

でも、極楽浜は普通の浜辺とはちょっと違う。

b0287088_19584640.jpg


ほーら、こんな水の色!
湖底から硫化水素が湧き出してるために水質が弱酸性。

でもこんな酸性の強い湖でも魚がいるらしい。
ウグイという魚らしいけど、
世界中の魚類の中でもっとも酸性度の強い湖に住む魚類とされる。

b0287088_19594875.jpg


b0287088_2092996.jpg


b0287088_2095413.jpg


b0287088_20105445.jpg


b0287088_20111995.jpg

ようやく戻ってきました。
b0287088_20122094.jpg


地蔵殿への回廊
b0287088_20124147.jpg


時間があるし、温泉に入る気満々♪
もちろんタオル持参♪

次は混浴風呂のご紹介です!
なにしろ温泉は無料だから入らないと損だよ~♪



シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-11-11 20:27 | 国内 | Comments(2)

さいはての勘違い!!私が恐山に行ったわけ♪

2016.9.26

お金がもったいないので図書館を利用している。

図書館の資料検索で旅と検索するとずらずらっと旅本が並ぶ。

その中にさいはて紀行 金原みわ というのがあり
b0287088_16564294.jpg


なぜかさいはてという言葉にぐっと来てしまった。

さいはて=下北半島と脳内地図が瞬く間に出来上がった!

下北半島といえば恐山だろう!
下北半島といえば大間だろう!
大間といえばマグロだろう!

しかしちょっと調べただけでもわかったけど、恐山はすご~く遠い。
恐山から大間~フェリーで函館もいいなと思ったけど
恐山から大間へはかなりの時間がかかり泊まらないと無理。
函館は北海道新幹線開通で混んでるので、やっぱ却下。

あえなく、私のさいはては恐山になった次第!

旅に出る前に予約したさいはて紀行は届かず
私は旅立った。

旅から戻り1か月後、図書館から「さいはて紀行」を借りてきたんだけど
なんと日野市からの借用本だった。

目次をひらいてぶっ飛んだ!!
b0287088_16572655.jpg

なんと金原みわさんのさいはては別物のさいはてだったんです!

作者の30歳の若さの好奇心は危なっかしくも ペーソスに満ちて
あっという間に1時間で読破。

なかでも宗教のさいはてが面白かった。

主イエスを信ぜよと言ったキリスト看板を作っている団体に突撃取材。
今は使われていない「死後さばきにあう」といったフレーズの看板を
数本もらってきて所在なげにクローゼットに入れてるという作者が
なぜか好きになった。

で、私のさいはて恐山だけど 結構遠かった!

泊まっていたウィークリー翔ホテルチトセのフロント横にあるキーBOXに
ルームキーを投げ入れてチェックアウト完了!

青森駅の青い森鉄道自販機で下北までの切符は買えず
窓口で買って下さいとのこと。
青森~下北2180円

さて青森駅から恐山へのアクセスだが
青森駅7:09 野辺地7:37 青い森鉄道
野辺地8:02 下北8:58 JR大湊線
バス恐山線行き 下北9:05  恐山9:48
     帰り 恐山13:00 下北 13:40

このバス便が一日3便なので不便だ。
恐山で滞在時間が3時間もあることに恐れる!

b0287088_17193572.jpg
b0287088_17195237.jpg

青い森鉄道からJR大湊線に乗り換える野辺地駅
b0287088_17212672.jpg

野辺地~下北は2両編成(トイレ付)
b0287088_17225912.jpg

進行方向右側に海が時々見える。
b0287088_1723499.jpg


到着した下北駅
バスの出発時間はすぐ。
コインロッカーにリュックを入れる。
なんと100円のコインロッカー 嬉しいな♪

恐山までのバスは途中から観光案内を聞きながら。
くねくねといろは坂のように曲がりくねる道をバスは登って行く。
レンタカーで行く人は気を付けないと!
バス代 片道800円。

途中湖が見えたあたりで急に硫黄の匂い!が、したと思ったら
終点の恐山だった。
b0287088_17301687.jpg

b0287088_17303613.jpg


恐山の入山料500円。

総門の横に六大地蔵
b0287088_17363044.jpg

総門を入ると
b0287088_17365346.jpg

山門が見えてくる。
b0287088_17371970.jpg

b0287088_17374789.jpg
b0287088_1738049.jpg

b0287088_17383198.jpg
b0287088_17385023.jpg
b0287088_17391491.jpg

側溝にも温泉が流れている。
b0287088_17393136.jpg
b0287088_19204961.jpg

地蔵殿から歩いて来た道を見てみる。
b0287088_19211387.jpg

硫黄の匂いがすごい火山灰に覆われた地獄を通って
b0287088_19225764.jpg


b0287088_19293230.jpg
b0287088_1930951.jpg

あのタオルは何ですか?とお寺の人に聞いたら
「あれは死者のための捧げものです」!
b0287088_19313569.jpg


さあ、これからあの世をうろうろさまよってこよう!

それにしても不気味感たっぷりの一人歩き。。。
お迎えも恐れない年ではあるけど。。




シニア一人旅&バックパッカー&女一人旅3つのランキングに参加中

↓ クリックしてもらえたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ





こちらにも参加してみました!ポチしてもらえたら嬉しいです

b0287088_1432468.png

by slow33jp | 2016-11-06 19:39 | 国内 | Comments(6)


     体力ゼロ         好奇心いっぱいの一人旅      イエメン大好き


by カフカフカ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
イエメン
ウズベキスタン
エクアドル1
エクアドル2
コロンビア1
コロンビア2
カンボジア
キューバ
クロアチア
コソボ
シリア
シンガポール&マレーシア
バングラデシュ
台湾
ブルガリア
ボスニアヘルツェゴビナ
マケドニア
ヨルダン
ベトナム
イラン
旅のお土産
旅あれこれ
旅の病気
国内
散歩
オカやどかり
タイ
ミャンマー
アルメニア
ジョージア(グルジア)
未分類

最新の記事

古本の街の餃子とカフェ♪ 神..
at 2017-06-26 21:41
宿無しだったので日本人カップ..
at 2017-06-23 22:11
昔の本のアルメニアと私の旅し..
at 2017-06-20 20:22
怒鳴りっぱなしのおばちゃん乗..
at 2017-06-17 22:39
初かき氷♪ 弘明寺から伊勢佐..
at 2017-06-15 21:19

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月

最新のコメント

sahne-mizさん ..
by slow33jp at 22:29
こんなにアルメニアのこと..
by sahne-miz at 21:47
chie2317さん ..
by slow33jp at 22:11
昭和な感じの商店街ですね..
by chie2317 at 22:04
chie2317さん ..
by slow33jp at 14:59
具合が悪いまま出かけて、..
by chie2317 at 21:23
chie2317さん ..
by slow33jp at 21:44
菖蒲がきれい!見頃ですね..
by chie2317 at 20:58
sahne-mizさん ..
by slow33jp at 08:38
わぁ!素敵!!海も綺麗だ..
by sahne-miz at 22:24

外部リンク

フォロー中のブログ

検索

ファン

記事ランキング

画像一覧